なばなの里イルミネーションを見た感想

なばなの里イルミネーション2018-2019が始まりました。

なばなの里イルミネーションは、毎年テーマが変わるLEDのみで表現した壮大なショーが人気。

2018-2019のイルミネーションも、前年までとに同様になばなの里イルミネーション史上最大のスケールで、日本の絶景美を象徴する「景観・文化・歴史・伝統」を色鮮やかに演出。

なお、開催期間は2018年10月20日(土)から2019年5月6日(祝)になります。

割引チケットは近鉄&バスがお得

なばなの里の割引クーポンと往復乗車券

なばなの里の割引チケットは名古屋や各駅から近鉄で「近鉄長島駅」で下車をして、バスに乗り換えるのがスムーズです。

名古屋駅から直通の高速バスも運行していますが、18時前後は周辺の道路が大渋滞して予定通り到着しないこともあります。

特に週末や祝日は混雑がひどいので、渋滞を避けたいなら電車とバスを利用がオススメ。

毎年、往復チケットを利用していますが、当日でも購入できて便利です。

なばなの里に直行!大阪・神戸に発着する日帰りバスツアー

なばなの里イルミネーションを見に行った人のブログ

なばなの里のイルミネーションを見るバスツアーは各旅行会社が催行していますが、見たくない場所が観光地に入っていることも多いですよね。

毎年運行されている姫路バスのツアーなら、神戸・梅田・天王寺からバスが発車して、近隣のアウトレット ジャズドリーム長島でショッピング後に、なばなの里へ直行。

もちろん入場券もついているので、チケットブースで並ぶ必要もなし。

大阪から電車を使うと、近鉄長島駅までの片道運賃が約3,900円。さらに入園料がかかり合計で1万円以上かかります。

姫路バスのツアーなら、なばなの里の入園券がついて格安でイルミネーション観光が可能に。

三宮発着なら6,500円~6,700円、大阪・難波・天王寺・新大阪・発着なら5,500~5,700円と電車で移動するよりもグーンと安くなります。

なばなの里の滞在時間は3時間あり、時間に追われるツアーじゃないのが魅力。のんびりとイルミネーションを鑑賞できるので、他の観光地に寄りたくない時にはピッタリのツアーとなっています。

直営のホテルや周辺のホテルはある?

なばなの里ウィンターイルミネーションの口コミ

なばなの里には直営のホテルが3つあります。

ところが、イルミネーションの期間になると平日でも満室の日が多く、直前の予約では空室がない場合も。

一番近い駅の近鉄長島駅は、駅前にコンビニすらない小さな駅で、もちろんホテルなんてありません。

比較的近いのは桑名駅で、ビジネスホテルが何軒かあり宿泊料金も安くなっていますが、部屋や食事はそれなりというのが正直なところ。

>>なばなの里の周辺ホテル一覧はこちらでチェック

直営のホテルが満室で、部屋や食事が良いホテルを探しているなら名古屋駅周辺が便利。

名古屋駅周辺はホテルがたくさんあり、シティホテルからビジネスホテルまで色々なタイプが揃っています。

好みや予算に応じたホテルから選ぶことができるので、なばなの里へは電車や直通バスで移動して名古屋に泊まれば、グルメや観光も楽しめますよ。

>>名古屋駅周辺のホテル一覧はこちらでチェック

LEDで巨大な景色を動かすのは全国でここだけ

なばなの里イルミネーションに神戸三宮からバスツアーで行ってきました

イルミネーションの動画といえばプロジェクションマッピングが一般的。

ところが、なばなの里のイルミネーションは全てをLEDだけで表現しています。

LEDの微妙な色の違いや明るさの調整で、風景の移り変わりを表現しているのは圧巻の一言。

雅美は何回かイルミネーション鑑賞に行きましたが、毎年行きたくなる魅力的で壮大なスケールのイルミネーションです。

2016-2017の大地では、今までにない5か所の景色を再現。

1.アメリカ大陸のモニュメント・バレー

オレンジ色の大地と奇石の壮大な風景。

2.南極大陸のThe Antarctic Continent

クジラやペンギンが泳ぐ豊かな海と氷のブルーの世界。

3.アフリカ大陸のThe African Continent

バオバブの木やキリン・ゾウ・ライオンなどの動物たちが暮らす豊かな自然。

4.ユーラシア大陸のプリトヴィツェ湖群国立公園

豊かな緑と水、いくつにも分かれて落ちる滝の繊細な水の動きを再現。

5.日本の棚田

後世に伝えたい日本の棚田に落ちる夕日の美しさは感動すること間違いなし。

【動画】なばなの里ウィンターイルミネーション2015-2016

2015-2016年は「アルプスの少女ハイジ」がテーマでしたが、今年はさらに壮大なスケールになり、ワクワクしながらイルミネーションを見ました。

【動画】なばなの里の美しい紅葉

12月上旬ころは美しい紅葉も楽しめるので、昼は里内にある温泉や紅葉に癒やされて、夜はイルミネーションとライトアップされてさらに紅く見える紅葉を楽しめます。

ただし、年内は12月上旬からクリスマスにかけてが一番混みやすい期間となっているため、週末や祝日を避けて、できるだけ平日に行くようにしてくださいね。

2018-2019のイルミネーションテーマ

なばなの里ウィンターイルミネーション2018-2019のテーマは、JAPAN~日本の情景~です。

2017-2018のテーマは、くまもとだモン!~くまモンのふるさと紀行~で公表を博しました。

2018-2019は、古(いにしえ)より受け継がれてきた、伝統・文化・歴史・富士山を代表とする風景を、イルミネーションの美しい光で表現。

日本ならではの美しさを、十分に堪能できる圧倒的なスケールのイルミネーションショーは、今年も注目の的となりそうです。

イルミネーション期間中の営業時間とアクセス

なばなの里の紅葉のライトアップ

イルミネーション開催期間
2018年10月20日(土)~2019年5月6日(月)

営業時間
・2018年10月20日~2019年2月28日の土日祝日
・2018年12月25日
・2018年12月28日
・2019年1月2日
・2019年1月3日
・2019年1月4日
・2019年3月1日~5月6日
09:00~22:00

・2018年10月20日~2019年2月28日の平日
・2019年1月1日
09:00~21:00

詳細は 公式サイトのスケジュール をご覧ください。

アクセス

・近鉄長島駅徒歩30分弱
・近鉄桑名駅より路線バス
(イルミネーション期間中は近鉄長島駅より直通バス)
・名古屋駅より直通高速バス

駐車場:あり(3,000台)
※イルミネーションの週末は大渋滞するため、公共交通機関がオススメ

料金:2,300円(園内利用券1,000円分つき)※2017-2018の料金です。

なばなの里の温泉や見どころは、昨年の投稿で紹介しています。過去の投稿は下のリンクから御覧ください。

【関連記事】

>>なばなの里イルミネーションを見た感想|2016年のアルプスの少女ハイジは懐かしさ満点

>>割引チケットを使って なばなの里ウインターイルミネーションを見に行った感想