アルプスの少女ハイジ なばなの里イルミネーション

毎年楽しみにしている、なばなの里イルミネーション。今年は近鉄の割引チケットを使って行きました。

なばなの里イルミネーション2015年~2016年のテーマは「アルプスの少女ハイジ」。

子供の頃に初回放送で見ているので、とても懐かしい!(年齢バレバレですね)

この投稿では、なばなの里イルミネーションの見どころや感想を紹介します。

[スポンサーリンク]

なお、このページは、前の投稿の続きになります。

入園券と往復の切符の割引セットや、日帰り天然温泉については前のページをご覧ください。

割引チケットを使って「なばなの里」イルミネーション鑑賞へ

なばなの里イルミネーションの見どころは?

なばなの里イルミネーションと言えば、毎年テーマが変わる音楽とLEDがコラボした、映像ショーを思い浮かべる方が多いはず。

過去3年のテーマは、以下になります。

2015年-2016年は、アルプスの少女ハイジ
2014-2015年は、ナイアガラの滝
2013-2014年は、祝・世界遺産 富士

イルミネーションのメイン会場となる、アルプスの少女ハイジも素晴らしいですが、その他にも見どころいっぱい。

ハイジ以外の見どころを紹介しますね。

【なばなの里イルミネーションの動画】

※この動画は、なばなの里イルミネーションの見どころを2分少しにまとめてみました。

池のほとりのチャペルとツインツリー

なばなの里イルミネーションに近鉄電車で行ってきました

木の下には、ハートモチーフのイルミが設置された、人気の撮影スポット。

ライトアップされたチャペルとツインツリーは、正面から見ても美しいですが、側面から見ると違った美しさが発見できます。

雅美は紅葉に合わせて訪れたので、紅葉とツインツリーのイルミネーションのコラボを楽しむ事ができました。

蒼い世界が広がる光の雲海

なばなの里イルミネーションの評価

美味しい地ビールを楽しめるレストラン「長島ビール園」の前に広がる、光の雲海。

幻想的な青い光をメインとしたイルミネーションは、光の海の中にいるような錯覚にとらわれます。

ブルーの雲海の中には、ツリーをイメージしたオブジェをランダムに設置。

小さなツリーは、少しずつ色が変わるので、ずっと見ていても飽きる事がありません。

なばなの里のシンボルと言えば水上イルミネーション

なばなの里イルミネーションの割引券を使って見に行ってきました

なばなの里ウィンターイルミネーションのシンボル「水上イルミネーション~光の大河~」。

大きな池の上に、光の川が流れるように見えるイルミネーションは、音楽に合わせて色が変化します。

幅約5m・長さ約120mにも及ぶ光の川は、とてもダイナミック。

2015年からは教会の両脇から、光の川に向かって滝の水が落ちるイルミが新しく登場。

昨年までのイルミネーションよりも、更に躍動感あふれるものになりました。

淡いカラーに癒やされる光のトンネル

長島温泉なばなの里 光のトンネル

淡いオレンジ色の優しい光に包まれる、光の回廊「華回廊」。

メイン会場の「アルプスの少女ハイジ」の手前にあり、トンネルの出口が近づいてくると、ハイジのイルミネーションが見え始めます。

アルプスの少女

アルプスの少女ハイジのイルミネーション

2015~2016年のメインテーマ「アルプスの少女ハイジ」。

イルミネーションの大きさは、なばなの里史上最大で高さ約35m×横幅約120mと圧巻のスケールです。

写真だと伝わりにくいですが、白い雪化粧のイルミネーションの淵の部分と、横に広がるブルーのイルミネーションを遮るように写っている黒い影。

黒い影は、何人もの見物客の影がブルーのイルミネーションを遮って、黒く写っています。

人の影と比べると、イルミネーションの大きさが伝わるでしょうか?

約5分にわたって上映される、アルプスの少女ハイジ。

マッターホルンをメインとした、刻々と変化するアルプスの風景は必見です。

100mも続く青いトンネル

なばなの里のブルーのトンネル

アルプスの少女ハイジの会場の出口から、水上イルミネーションに戻る順路に、青いトンネルがあります。

濃いブルーのトンネルは100mも続くので、ブルーの世界にじっくりとひたる事ができますよ☆

[スポンサーリンク]

期間限定の真っ赤なモミジ

なばなの里イルミネーションで見たライトアップされたモミジ

前の投稿でも書きましたが、なばなの里イルミネーションのもう1つの楽しみは紅葉。

見頃に当たれば、イルミネーションと紅葉をダブルに楽しめるお得な期間です。

雅美は紅葉の見頃を狙って行くようにしてますが、紅葉の季節は難しいという方は1月以降もオススメです。

1月から新たなイルミネーションが加るので、12月までに見た方はもう1度行って違いを楽しむのも良いですね♪

そして、UFOみたいなデザインに富士山という奇跡のコラボ!?が実現した展望アトラクション。

なばなの里のUFO富士山アトラクション

前の投稿でも書いた通り、昼よりもライトアップされた暗い時間帯がオススメです。

高い位置からイルミネーションを下に見下ろすと、違った美しさを楽しめるので暗くなってから乗るようにして下さいね。

なばなの里へのアクセスなど詳細情報

なばなの里のアクセスと周辺ホテル情報

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

電話番号:0594-41-0787

【なばなの里オフィシャルホテル】

>>なばなの里の周辺ホテル・観光スポット一覧はこちらから

最寄り駅:
・近鉄長島駅徒歩30分弱
・近鉄桑名駅より路線バス(イルミネーション期間中は近鉄長島駅より直通バス)
・名古屋駅より直通高速バス

入園料:
・小学生以上2,100円(里内で使える1,000円のクーポン付き)
・小学生未満は無料

イルミネーション点灯時間:
17:00~19:05(営業日によって変動)