宮島別荘に1人で泊まってみた

宮島別荘に朝食・夕食の2食付きプランで宿泊しました。

宮島別荘は宮島で一番新しい大浴場付きのホテルで、錦水館の別館になります。

このページでは、宮島別荘のアメニティ・大浴場・客室について紹介します。

なお、モーニングビュッフェ・ディナービュッフェのメニューや食べた感想は、次の投稿をご覧ください。

>>宮島別荘の宿泊記-朝食ビュッフェと夕食を食べた感想

宮島別荘のアクセス

宮島別荘のブログ

宮島別荘は、宮島の玄関口となるフェリーの発着港「宮島港フェリーターミナル」の目の前にあります。

フェリーを降りて建物を出ると、左斜め前に見えるのが宮島別荘。

とても分かりやすい場所なので、方向音痴さんでも迷うことなくホテルまで移動することができそう。

宮島の島旨パン

ホテルの入口には「島旨PAN」と書かれた、シマウマ柄の嵌め看板が。

宮島の美味しいパン屋さんとして人気の「島旨パン」の看板になります。

宮島別荘のチェックイン時刻は15時からですが、早い時間に到着してもフェリーターミナルからすぐなので、スムーズに荷物を預けられて観光するのに便利でした。

コインランドリーや自販機はある?

宮島別荘のコインランドリーと自販機

宮島別荘のコインランドリーと自販機は、展望大浴場がある最上階(5階)に設置されています。

宮島別荘の自販機の種類と値段

自販機とコインランドリーは、エレベーターのすぐ近くにあり、大浴場を利用するついてに買うのにも便利。

自販機で販売しているドリンクの値段は、ビールが310円・缶コーヒーやジュースなどが130円・ペットボトル(500ml)が160円と、街中に設置されている自販機と同じような値段。

宮島にはコンビニがないので、通常の価格でドリンクを購入できる自販機があると助かります。

宮島別荘のコインランドリーは無料で使えます

コインランドリーは無料で使用できますが、洗剤は入っていません。

手持ちの洗剤がない場合は、フロントで50円で販売しています。

1人旅用のロフト付きシングルルーム

宮島別荘のルームキーは杓子をデザイン

今回は一人旅で宮島別荘に泊まったので、一人旅に便利なロフト付きのシングルルームを予約しました。

客室の鍵は、宮島の名産品「杓子(しゃくし)」をモチーフにしたデザイン。

宮島別荘の廊下

ロフト付きシングルルームは最上階の5階にあります。

客室前の廊下は木のぬくもりを感じる温かみがある空間。

宮島別荘の旅行記

ドアを空けると小さな段差があり、靴を脱いでスリッパに履き替える設計。

靴を脱いで過ごせるので、自宅のようにリラックスできます。

宮島別荘のロフト付きシングルルーム

部屋に入ってまっすぐ進むと、ロフトに向かう階段と1人用のデスク&チェアセットが目に入ってきました。

シャワーとトイレは、部屋の入口のすぐ横にあります。

宮島別荘の滞在記

ロフトへの階段は、幅が狭くてけっこう急な勾配。

足が悪い方が上り下りするのは、危ない感じがします。

楽天トラベルで予約をする際にも、階段が急であると注意書きがありました。

宮島別荘の宿泊記

階段を上がりロフトを見てみると、木で囲まれた空間にシンプルなシングルベッドが。

1人で眠るには十分な空間で、広すぎないから落ち着いて眠れそう。

宮島別荘に泊まった人のブログ

ベッドの足元には小さなサイズのテレビがあり、1F・2Fのどちらでもテレビを見ることができます。

客室のアメニティは宿泊当時のものです。詳細は宮島別荘のサイトでご確認ください。

>>宮島別荘の客室・アメニティの詳細はこちらから確認できます。

客室のアメニティ

宮島別荘のアメニティは何があるの?

山側の窓の前には、デスクと小さな洗面台が並んでいます。

宮島別荘のアメニティには無料スマホのハンディも置いてあります

コンパクトな木製デスクの上に並んでいる備品は、ホテルの案内・宮島の写真集・無料で利用できるスマホHandy・電話機・アラームクロック・スピーカーなど。

宮島別荘のシングルルームのアメニティ

洗面台の下の棚には、バスタオル・ハンドタオル・ドライヤーが置いてありました。

宮島別荘のシングルルームの画像

洗面台の上には、洗顔フォームとコップが置いてあり、アメニティグッズは横に置いてあるカゴに入っています。

宮島別荘のアメニティグッズの画像

カゴに入っているアメニティグッズを並べて撮影したのが上の画像。

カゴに入っていたアメニティグッズは、ヘアブラシ・カミソリ・コットン・綿棒・歯ブラシセット・基礎化粧品セットでした。

基礎化粧品セットは、ポーラ アロマエッセゴールドのリキッドクレンジング・洗顔料・化粧水・乳液の4点セット。

大浴場にも基礎化粧品が置いてあるので、アレルギーやこだわりがなければ、化粧品を忘れても困ることはなさそうです。

宮島別荘に泊まった感想

階段下スペースには、冷蔵庫・セーフティ・ポット・食器類を収納。

狭い空間を無駄なく使っています。

宮島名物のもみじ饅頭も部屋に置いてあります

引き出しの中を見てみると、マグカップ・グラス・ほうじ茶のティーバッグ・もみじ饅頭が入っていました。

部屋にはコーヒーや紅茶類はありませんが、1階のゲスト専用ラウンジに行けば、好きなだけ飲むことができます。

無料で飲めるミネラルウォーターと宮島サイダー

冷蔵庫の中に入っていたドリンクは、ミネラルウォーターと宮島サイダーが各1本ずつ。

昭和レトロなデザインの宮島サイダーは、懐かしい味でお土産としても人気の品。

宮島サイダーは購入すると250円くらいするから、無料で1本飲めると得をした気分。

宮島別荘のアメニティを紹介

ロフトのベッドの枕元には、非常用懐中電灯・ティッシュ・ランタン型ライト・リモコンが置いてあります。

枕元のスイッチは、1階とロフトの照明のスイッチ。

1階まで降りなくても、ロフトで照明のオン・オフができました。

客室にお風呂はある?

宮島別荘の客室についているシャワーブース

宮島別荘のロフト付きシングルルームには、お風呂はなくシャワーブースのみとなります。

宮島別荘のシャンプーのブランドはポーラのデタイユ・ラ・メゾン

シャワーブースに置いてあるアメニティは、シャンプー・コンディショナー・ボディソープの3点セット。

シャンプー類のブランドは、ポーラのデタイユ・ラ・メゾン(DETAILLE LA MAISON)。

宮島別荘のゲストルームのトレイは独立して使いやすかったです

トイレは部屋に入ってすぐの場所にあり、シャワーブースとはセパレートになっているので、使いやすいと思いました。

フリードリンクのラウンジ

宮島別荘のゲスト専用ラウンジ

1階の宿泊者専用ラウンジでは、ホットドリンクやコールドリンクを好きなだけ飲むことができます。

宮島別荘の無料ドリンク

ホットドリンクコーナーには、紅茶と日本茶のティーバッグ、コーヒーマシンが2台。

宮島別荘のラウンジにはフリードリンクが揃っています

コールドドリンクコーナーには、カルピス・りんごジュース・オレンジジュース・アイスコーヒー・烏龍茶などが置いてあります。

宮島別荘の宿泊者専用ラウンジ

ゆったりとしたテンポのジャズが流れるラウンジには、ソファ・テーブル・カウンター席が。

夜にラウンジに行ってみると、島に関する本を読んだり、パソコン作業をしたり、色々な過ごし方をしているゲストを見かけました。

大浴場のアメニティ

宮島別荘の展望大浴場の入口
【展望大浴場の入口】

女性用の展望大浴場には、ポーラ デタイユ・ラ・メゾンのシャンプー・コンディショナー・ボディソープの他、基礎化粧品・コットン・ヘアゴム・ヘアブラシ・ドライヤーなどのアメニティが置いてあります。

基礎化粧品は、ポーラ アロマエッセゴールドのクレンジングの他、無印良品のエイジングケア化粧水や乳液が置いてありました。

バスタオルやフェイスタオルも置いてあるので、部屋からタオルを持っていく必要はありません。

館内着のデザインは厳島神社の鳥居がポイント

宮島別荘の館内着

宮島別荘の館内着はフロントの前に並んでいて、好きなサイズを選ぶことができます。

宮島別荘の館内着はセパレートタイプ

テロンとした柔らい生地で作られた館内着は、ブラックカラーにオレンジの鳥居の刺繍がワンポイントに。

宮島のシンボル、厳島神社の鳥居をデザインした刺繍が素敵だなと思いました。

まとめ

宮島のホテルの中でも、口コミが良い宮島別荘。

実際に泊まってみると、随所に過ごしやすい工夫が見られ、無料のドリンクサービスなどが充実していて、口コミが良いのに納得できるホテルでした。

1人旅でも気軽に利用できるシングルルームの他、夫婦や家族旅行に最適なツイン・ダブル・ファミリールームもあるので、目的に応じて部屋を選べるもの良いと思います。

また、宮島港フェリーターミナルの目の前なので、アクセスが良く宮島観光に便利なホテルを探している方にもオススメです。

宮島別荘の詳細

>>ホテル宮島別荘の予約と詳細はこちらから

住所:広島県廿日市市宮島町1165

電話番号:0829-44-1180

最寄駅:宮島フェリーターミナルより徒歩1分

駐車場:あり(5~6台・無料)

チェックイン: 15:00-20:00
チェックアウト: 11:00-10:00

朝食の時間: 07:30

総客室数:42室

大浴場:あり(人工温泉)

自動販売機:あり

コインランドリー:あり

無料ドリンク:ゲスト専用ラウンジにあり