御金神社 京都に行った人のブログ

京都の世界遺産 二条城の近くにある御金神社は、ことができない金色の鳥居がシンボルです。

読み方は、御金と書いて”みかね”と読み、近年、京都の金運パワースポットとしてクチコミで人気に。

金運アップを願う、多くの旅行者が訪れます。

このページでは、御金神社のお守り・福財布・御朱印・アクセスなどを紹介します。

御金神社の御祭神

御金神社 京都の効果はある?

御金神社の御祭神は、金山毘古神(かねやまひこのかみ)。

金山毘古神(かねやまひこのかみ)は、日本作った神である伊邪那美命(いざなみのみこと)から生まれた皇子で、製鉄の守護神として知られています。

以前は、農機具や馬具などを作る金属が鉄だったことから、鉄工関係社から信仰されていました。

現在は、金属を司る神様ということが転じて、通貨に用いられる金・銀・洞も金属であることから、金運の神様として篤く信仰されるようになり、金運上昇を願う参拝者が跡を絶ちません。

御金神社の由来

金色の鳥居が印象的な京都の御金神社は金運上昇のパワースポットとして人気

御金神社が京都 二条城の近くに建立されたのは、意外にも歴史が浅い明治16年です。

神社の創建者である田中庄吉氏は、現在の金光教の布教者 初代白神新一郎氏により金光教に入信。

その後、田中庄吉氏は京都で布教を行いました。

田中庄吉氏は、500人もの信者が従う金光教の組織を公認のものとするため、神社を創建。

金光教の「金乃神」の金にちなみ、美濃の南宮大社の祭神である「金山彦命」を祀る神社として、京都府知事の認可を得ました。

宝くじを入れる福財布

御金神社の福財布は通販でも買える?

御金神社の開運グッズの中でも、人気なのが福財布(福さいふ)です。

財布の名前がついていますが、実際はオレンジ色の布で作られた、簡易的な札入れのような形状。

福財布は、お金を入れるのではなく、宝くじ入れとして利用する人がほとんどだとか。

福財布は売り切れていることも多く、お守りなどを売っている台に「福さいふ 本日はありますので連絡下さい。」と書かれた札が置いてあれば在庫があります。

京都 御金神社の福財布の効果はある?

福財布や御守を見ていると、福財布を買っている人が何人もいて、見ているうちに雅美も社務所でいただいてしまいました。

福財布の初穂料(値段)は1,000円です。

ここで注意したいのが、福財布の効果は1年という点。

お守りやお札と同じで、福財布の効果があるのは1年だけということです。

福財布をいただくときに「1年経ったらお返しください」と言われました。

京都 御金神社で福財布を買った人のブログ

御金神社で福財布をいただいたら、1年後にはかならず神社まで持っていき、感謝の気持ちと共にお返しするようにしてくださいね。

銭洗もできる手水舎

御金神社の手水舎では銭洗いもできます

手水舎は、参拝する前に手や口を清める場所ですが、御金神社の手水舎にはザルが置いてあります。

お金を清めたい方は、このザルにお金を入れて手水舎の水で洗い、種銭としてお財布に入れておきましょう。

種銭をお財布に入れておくと、お金が増えて金運アップにつながるとされています。

お守りやお札は無人の台に並んでいます

御金神社のお守りは無人の台に並んでいます

御金神社の境内には、金色のお守りや御札などが並べられた台があります。

金色だらけで、見ているだけでも金運がアップしそう。

なお、お守りやお札が並んでいる台は無人で、人がいる授与所はありません。

お守りなどをいただきたい時は、初穂料(代金)を台の上のボックスに入れるようになってます。

複数いただく場合は、初穂料(値段)を見て自分で計算する必要があるのが大変かも。

参拝する前に、お釣りがいらないよう必ず小銭を用意しておきましょう。

お守り・お札・福財布の初穂料(値段)はいくら?

御金神社のお守り・お札・福財布の値段はいくら?

ざっと見ただけでも、金色のお守りや御札、小判などが並んでいます。

分かる範囲で紹介しますね。

・金幣神札(おふだ) 1,000円
・福さいふ 1,000円
・金運 いちょう守り 1,000円
・金運 ぎんなん守り 1,000円
・金運 愛金まもり 800円
・金運 宝づくし守り 800円
・金運守り 500円
・金運 お宝小判 500円
・八方除守 300円
・夢枕 300円
・御金みくじ 300円
・イチョウ絵馬 500円

イチョウや銀杏(ぎんなん)のお守りがあるのは、御金神社のご神木がイチョウとなっているため。

ご神木であるイチョウの落葉を拾って、大切に財布や福財布の中に入れておくと、お金が貯まるとも言われています。

なお、福財布は台の上に置いてありません

福財布の在庫があるときは、社務所に行って授けていただくため、いただきたいときは早朝や夜間を避けて参拝しましょう。

イチョウの葉を型どった絵馬

御金神社のご神木イチョウを型どった絵馬

ご神木がイチョウであることから、絵馬もイチョウの葉の形になっています。

境内の絵馬掛けには、願い事がかかれた絵馬が、ところ狭しと掛けられていました。

何年か前までは、それほど有名ではなかったのですが、テレビやSNSで「金運のパワースポット」と紹介されて、多くの人が参拝するようになったようです。

参拝できる時間は何時から何時まで?

御金神社の参拝時間と社務所の営業時間は何時から何時?

御金神社は24時間参拝することができます。

御祭神が金山毘古神(かねやまひこのかみ)のほか、天照大神(あまてらすおおみかみ)と、夜の神様である月読神(つくよみのかみ)も御祭神であることから、夜も参拝可能に。

また、ご神事は夜に行われることも多く、毎年2月2日に行われる節分会(せつぶんえ)は、多くの参拝者が訪れるご神事となっています。

御朱印のいただき方

御金神社 京都の御朱印は金運アップの効果あり?

御金神社の御朱印は、御朱印帳にいただくことはできず、台紙での授与になります。

なお、24時間参拝はできますが、早朝や夜間は社務所で受付していません。

御朱印をいただきたいときは、早朝と夜間を避けて参拝するようにしましょう。

いただいた御朱印に事務用の糊を塗って御朱印帳に貼ったら、上の画像のようにシワができてしまいました。

こういうところで、大雑把な性格なのがバレてしまいますよね。

こうなってしまうと元に戻すことができないので、次は米糊を使ってシワにならないように気をつけようと思います。

御金神社のアクセスと最寄り駅からの地図

御金神社の地図とアクセス

御金神社の最寄り駅は、地下鉄の二条城前駅になります。

バスでは、京都市営バスの「堀川御池」バス停が最寄りですが、京都市内は渋滞が多いため、バスの利用はあまりオススメできません。

地下鉄 二条城前駅の1番出口か2番出口からは、徒歩3~4分の距離。

また、地下鉄 烏丸御池駅からも約8分で、徒歩圏内となっています。

なお、御金神社は住宅街の中にあり、細い路地に面しているため、大きな目印はありません。

神社前の通りの名前「西洞院通」と、二条城・ANAクラウンプラザホテルとの位置関係を覚えていれば、迷うことはないと思います。

簡略化した地図を作ったので、よかったら参考にしてくださいね。

境内や近所に駐車場はある?

御金神社の敷地はとても狭く、境内に駐車場はありません。

また、前の道は一方通行で車1台と人が歩くくらいの道幅しかないため、路上駐車はもってのほか。

できる限り、地下鉄などの交通機関を利用して、どうしても車で行きたい時は近隣のコインパーキングを利用するようにしましょう。

まとめ

京都の御金神社の御守の値段はいくら?

金運のパワースポットとして、有名になった御金神社。

金色の鳥居や、金色づくしのお守り・グッズなどを見ていると、金運のご利益がある神社であることが分かります。

ここでよく考えたいのは、金運アップばかりお願いして、感謝の気持ちを持って参拝するのを忘れがちではないかという点。

ほかの投稿でも書いていますが、お願いばかりされてばかりでは、神様はイヤになってしまい願いも叶えていただけなくなってしまいます。

雅美は、神社は参拝させていただける感謝をして、自分と向き合う場所だと思っています。

どうしてもお願いをしたいときは、まずは、参拝させていただいた事に感謝の気持ちをお伝えし、それからお願い事をするようにしましょう。

また、金運アップをするためには、お財布やお金を大切にすることも大事です。

財布は、できるだけ綺麗な状態のものを使い、傷みを見つけたら、できるだけ早く買い換えるようにしましょう。

御金神社の住所・連絡先などの詳細

住所:京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

電話番号:075-222-2062

最寄り駅:地下鉄 二条城前駅 徒歩約5分

最寄りバス停:堀川御池 徒歩約5分

参拝可能時間:24時間

拝観料:無料