松葉温泉 滝の湯の食事

松葉温泉 滝の湯に宿泊しました。

初めて松葉温泉 滝の湯に泊まるため、お料理の量が分からないのと、一緒に泊まる高齢の母は肉が苦手。

そんなわけで今回の食事は、肉が少なく量が多くなさそうな、滝の湯の基本料理「季節懐石コース」プランで予約。

この投稿では、食事のメニューや食べた感想を紹介します。

部屋のアメニティや客室専用露天風呂については、次の投稿をご覧ください。

>>松葉温泉 滝の湯の宿泊記-専用露天風呂付きの客室とアメニティ編

お抹茶と福ふくろう饅頭のサービス

松葉温泉 滝の湯のクチコミ

チャックインをすませて部屋に通されると、お抹茶とお菓子のサービスがあります。

福ふくろう饅頭は、フクロウの形をした白あんのお饅頭。

運がよくなりそうな黄色いパッケージにも、フクロウのイラストがデザインされていて、ほっこりしながらいただきました。

個室でゆっくりといただく食事

松葉温泉 滝の湯の夕ご飯

夕食の季節会席は、部屋食かレストランの個室でいただくことができます。

私たちは、テーブルとイスでゆっくり食事ができる個室にしました。

松葉温泉 滝の湯のレストラン

お食事をした個室「桜」は、10人くらいが入れそうなお部屋で、フクロウの置物が印象的。

ゆったりとした広い空間で、大きな窓からは美しい山の緑と水が見えて癒やされます。

夕食(季節会席)のお献立

  • 食前酒
    パイナップル梅酒
  • 先付
    柿流し柚子味噌掛け・クコの実
  • 前菜
    烏賊の海老味噌和え・栗の渋皮煮・長芋兎・名月玉子・萩真丈・零余子串・魳の幽庵焼き・ススキ牛蒡
  • 吸物
    土瓶蒸し(鱧・松茸・海老・三つ葉・酢橘)
  • 造り
    沖縄産鮪・鯛・間八・車海老・オクラの花・あしらい一式
  • 小鍋
    泉州犬鳴豚のはりはり鍋(泉州犬鳴豚・大阪しろ菜・水菜・松山揚げ・生木耳・人参)
  • 焼物
    太刀魚の香味焼き・粟麸の照焼・酢取り茗荷
  • 蒸し物
    蒸し豆腐・海老・穴子・銀杏・小芋・生姜・出汁醤油餡掛け
  • 揚物
    無花果の揚げ出し・紅葉卸・青身
  • 酢物
    海老とアボカドの黄身酢和え・天盛菊
  • 止椀
    赤味噌仕立て・三つ葉・すぎ茸・玉揚げ・粉山椒
  • 御飯
    松茸の釜飯
  • 香物
    黒糖小梅・大根漬け・胡瓜の浅漬け
  • 水菓子
    葛餅・抹茶アイス

松葉温泉 滝の湯の夜ごはん

秋らしい色彩の柿流し柚子味噌掛け。

柿流しの文字を見ると椀物のようなイメージですが、運ばれてきたのは、すりおろした柿を葛で固めたような、ぷるんぷるんのお料理です。

柚子味噌の酸味と塩っ気が、自然な甘さの柿流しとよく合います。

松葉温泉 滝の湯の食事メニュー

前菜は、どれも素材の味をいかした素朴なお料理。

ひさしぶりに食べた秋の味覚、零余子(ムカゴ)の食感がおいしい♪

ムカゴとは、秋になると自然薯や山芋のツルにつく肉芽で、日本料理の食材として古くから愛されています。

季節懐石料理の土瓶蒸し

次に運ばれてきたお料理は、マツタケやハモが入った土瓶蒸し。

まずは、そのままお出汁をいただいてみたら、マツタケや海老の旨味がつまって、出汁文化の日本に生まれてよかったと思いました。

マツタケやハモが入った土瓶蒸し

次に、酢橘(スダチ)をしぼっていただきます。

スダチの爽やかな酸味で、さらにお出汁が美味しく。

具材をいただきながら、お出汁も少しずついただく、これぞ土瓶蒸しの醍醐味です。

旬の終わりのハモと、旬の始まりのマツタケが一緒にいただける、大満足のお料理でした。

お造り1人前

土瓶蒸しで温まったあとは、お造りをいただきます。

一緒に泊まった母は肉は苦手だけど、エビは大好物なので車エビは母にあげました。

雅美は白身や青魚が好きなので、母からカンパチをもらってウインウイン。

量があまり多くないので、ここまでは高齢の母も無理することなく食べることができています。

泉州犬鳴豚の鍋

次は小鍋です。

薄く色づいて透き通った出汁に、ブランド豚や野菜が入り、臭みのない豚の脂が良い感じにコクを出して箸が進む一品。

生の木耳(キクラゲ)は弾力がある触感で、普段食べることが多い乾燥キクラゲより、比べものにならないほど美味しいと思います。

豚の旨味を出した母の鍋から、お肉だけを取り出して、2人分の豚肉をいただきました。

松葉温泉 滝の湯に行って食事を食べました

焼物は、さっぱりとした白身の太刀魚(たちうお)と粟麸(あわぶ)。

粟で黄色く色づいたお麩は、甘辛い味付けで少し濃い目のお味。

太刀魚と粟麸を食べたあとに、甘めのお酢に漬けられた茗荷を食べると、お酢と茗荷の香りで口の中がサッパリします。

松葉温泉 滝の湯の懐石料理

蒸し豆腐はつるんとした食感で美味しいのですが、醤油餡の味と生姜の辛味が濃くて、ちょっと好みではなかったかも。

醤油餡が半分以下の量か、ダシをきかせた薄口の餡だったら、すごく美味しく食べられたのになぁと思いました。

松葉温泉 滝の湯の揚物

揚物は、無花果(イチジク)の揚げ出し。

イチジクって、スイーツに使ったり、そのまま食べるくらいしか思いつきませんでした。

イチジクを揚げ出しにすると、優しい甘さが引き立ち、食感も生で食べるよりしっとりとして良い感じ。

ダシがきいた掛け汁が、イチジクの甘さを引きたてて、自分では思いつかない味を知ったお料理でした。

松葉温泉 滝の湯の酢の物

酢の物は、アボカドのサラダ。

実は、雅美はアボカドが苦手。

どうしてもと言われれば食べるけど、アボカドはできれば食べたくない食材の1つです。

そういうわけで、お腹いっぱいになってきたと言っている、アボカドが大好物な母に押し付けました。

松葉温泉 滝の湯の釜で炊いたご飯

最後は、マツタケや銀杏が入った釜飯です。

赤だしのお味噌汁に入った、すぎ茸がとても気に入りました。

マツタケ釜飯

釜飯のフタをあけると、マツタケの香りがフワッとあがってきます。

松葉温泉 滝の湯の食事ってどう?

お腹いっぱいで食べられないと言っていた母は、マツタケをみて食欲が復活。

マツタケは全部母にあげて、雅美は御飯を多めに食べました。

星型のキュウリ

お漬物のキュウリは星型で、見た目がとっても可愛らしい。

あっさりとして食べやすい味です。

松葉温泉 滝の湯のくず餅と抹茶アイス

別腹のデザートは、くず餅と抹茶アイス。

くず餅は、半透明で柔らかいイメージでしたが、松の湯のくず餅は、固くてプルプルの食感で透明です。

食事で提供されるくず餅は、4人前くらいの量を500円で販売。

密閉パックされていて、日持ちもするため、松の湯のお土産として人気だとか。

今までのくず餅の概念をくつがえす味で、家でも食べたくてお土産に買って帰りました。

夜食サービスもついています

滝の湯の夜食

夕食のデザートを食べていると、お夜食をいただきました。

滝の湯は山の中にあり、夜間は施錠されて外に出ることができません。

そこで、小腹が空いたときに食べるためにお夜食を提供しているようです。

部屋に持ち帰って食べる夜食

蓋を開けてみると、おにぎり・揚物・焼き魚・柴漬けが入っていましたが、お腹いっぱいで食べることができず。

申し訳ないと思いつつ、どうしても食べられませんでした。

夫が一緒だったら、喜んで食べていたんだろうなぁ。

バランスが良い朝ごはん

松葉温泉 滝の湯のレストラン

朝食は、御食事処 扇でいただきます。

大きな窓から光が入り、緑を見ながらいただく朝ごはんは格別の味。

松葉温泉 滝の湯の朝食

一番先にレストランに行ったら、角の席に座ることができました。

釜で炊いた白米

窯焚きの御飯は、朝食を予約した時間にあわせて炊き上げてあります。

炊きたてのご飯

おこげもある炊きたてのご飯は、おかわり自由。

ただし、炊き上がるまで時間がかかるため、早めにおかわりの注文をしてくださいね。

松葉温泉 滝の湯の朝食

たくさんのおかずが、彩りよく盛り付けられています。

松葉温泉 滝の湯の朝食

お皿は野菜の形をしていて、何の形をしているか考えながら食べるのが楽しい。

松葉温泉 滝の湯の朝食

海苔の佃煮は、磯の香りが濃くて絶妙な味付け。

穴子の一夜干しとピーマン

お魚とピーマンは、網で焼いていただきます。

網で魚を焼いて食べます

お魚は、たぶん穴子の一夜干し。

焼き立ての熱々を食べると、とても美味しいです。

松葉温泉 滝の湯の朝食

お出汁がきいた湯葉巻き・お麩・カボチャの煮物。

アオリイカのお刺身

イカのお刺身。

食感と味から想像すると、たぶんアオリイカです。

合鴨の肉団子の鍋

合鴨の肉団子が入ったお鍋。

松葉温泉 滝の湯の朝食

デザートは巨峰でサッパリと。

おかずの種類が多く、お腹いっぱいになる朝ごはんでした。

>>松葉温泉 滝の湯の食事コース・プラン一覧はこちらから

松葉温泉 滝の湯で人気のおみやげ

松の湯で人気のお土産はくず餅

松葉温泉 滝の湯の人気おみやげは、夕食で提供されたくず餅。

東京で食べるくず餅は、透明感がなくベタッとした食感。

松の湯のくず餅は、プルプルしているけれど噛みごたえがある固めの食感で、くず特有の臭みも感じません。

4人分くらい入っていて、税込み500円というお手頃価格なのも、人気の理由かも。

滝の湯のくず餅は透明でおいしい

2ヶ月くらい日持ちがするので、ノーマルな「しろ」と、茶色の「あずき」を1個ずつ買って帰りました。

松の湯に日帰り入浴とお食事で行った時のお土産にもオススメです。

松葉温泉 滝の湯の詳細

>>松葉温泉 滝の湯の食事コース・プラン一覧はこちらから

住所:大阪府貝塚市木積3488

電話番号:072-421-3666

最寄駅:水間観音駅よりバス10分

無料送迎:水間観音駅より無料送迎あり(7日前までに予約)

チェックイン: 15:00-18:00
チェックアウト: 11:00

夕食提供時間: 18:00-21:00(最終入場時間19:00)

朝食提供時間: 08:00-10:00(最終入場時間09:00)

客室専用露天風呂:全室にあり(天然ラドン温泉)

大浴場:あり(天然ラドン温泉・日帰り入浴施設を利用)

自動販売機:あり(夜間は利用不可)

コインランドリー:なし