丸の内イルミネーション

東京の風物詩となった、丸の内イルミネーション2019-2020の開催が始まりました。

丸の内イルミネーションは、年々訪れる人が増え、今では東京を代表する人気イルミネーションに成長。

このページでは、丸の内イルミネーションと丸の内ブライトクリスマスの見どころ、東京駅からのマップを紹介します。


シャンパンカラーに染まる丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションの特徴は、街路樹に飾りつけられるシャンパンゴールドのイルミネーション。

派手さはありませんが、上品で落ち着いたオリジナルカラーで、丸の内らしい輝きで街を包み込みます。

丸の内イルミネーションを見に行ってきました

丸の内仲通りの200本を超える街路樹を、約1.2kmにもわたって華やかな街並みを演出します。

丸の内イルミネーション

さらに、16年目を迎える2017-2018年は新たな装飾も。

アール・ヌーボー調のデザインをモチーフにした、高さ約メートルの光のゲートが有楽町エリアに新たに登場。

今までの丸の内イルミネーションとは違った、華やかな装飾です。

丸の内イルミネーション

ライトアップされた街路樹ではありませんが、街灯に照らされたイチョウがとても美しかったので、思わずパシャリ。

真っ黄色に紅葉したイチョウを見ることができてラッキーでした。

丸ビルを中心とした丸の内ブライトクリスマス

丸の内イルミネーション
丸の内イルミネーションにあわせて毎年開催される、丸ビルを中心としたクリスマスイベント「丸の内ブライトクリスマス」。

開業15周年を迎える丸ビルと、10周年を迎える新丸ビルのアニバーサリーイヤーを迎える2017年は、感謝の想いをこめた特別な演出が。

丸ビルのクリスマスツリー

丸ビルのクリスマスツリーは、毎年デザイン性が高く、多くの人が写真を撮るフォトスポットです。

2019年のクリスマスツリーは、スターウォーズをテーマにした無機質なシルバーツリー。スターウォーズの世界観を表現。

新丸ビルでは、スターウォーズのキャラクター達が、ポップでカラフルなクリスマスを演出します。

ここから先は、私が一番好きだったフラワークリスマスの画像を紹介します。

丸の内イルミネーション

Marunouchi Brighat Chrisutmas 2017は、花をテーマにニコライ・バーグマン氏と長谷川喜美氏のコラボにより、花とメインにデザインした美しい空間がクリスマスムードを盛り上げていました。

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションのメイン会場となる丸の内仲通りに面する、丸ビルの広場ではクリスマスツリーのライティングショーを開催。

約2分間のライティングショーは、フラワーとクリスマスが織りなす綺羅びやかな世界を表現。

丸の内イルミネーション

ライティングショーがあまりにも美しくて、次の開催を待って2回も見てしまいました。

美しいクリスマスツリーは絶好の撮影スポットとなっていました。

丸の内ブリックスクエアのブルーミング・バブルス

2019年のクリスマスオブジェは、雪の結晶をモチーフにした「ETERNAL SNOW」になります。

雪の結晶のオブジェの中を探すと、あのキャラクターが隠れているので、目を凝らして探してみてはいかがでしょうか。

以下は、過去のオブジェで一番好きだった、フラワークリスマスの画像です。

丸の内イルミネーション

毎年クリスマスのオブジェが展示される、丸の内ブリックスクエア。

丸の内イルミネーション

今年は、ニコライ・バーグマン氏デザインの、泡をイメージしたボールモチーフを組み合わせたオブジェです。

ブルーミングバブルス(Blooming Bubbles)と名付けられたオブジェ、「花盛りの泡」みたいな意味でしょうか。

丸の内イルミネーション

オレンジ・イエロー・グリーンのフラワーを組み合わせたフラワーボールは、ニュアンスがあって大人の雰囲気。

グリーンボールと、ゴールドのボールが花の美しさを際立たせているのが印象に残りました。

丸の内イルミネーション

見る角度によって印象が変わるので、ぐるっと一周して眺めると楽しいかもしれません。

新東京ビルのブルーミング・ガーデン

2019年は、新東京ビルにはオブジェは飾られません。

向かい側のビルの「二重橋スクエア」に、ゲストの動きに合わせてキャラクターが動く「HIDE AND SEEK」が登場。

「国際ビル」の1階エントランスには、サンタ姿のR2-D2が特別なクリスマスプレゼントを贈る「MEMORIAL GIFTS」が展示されます。

丸の内イルミネーション

新東京ビルには、花盛りの庭をイメージしたBlooming Gardenが登場。

丸の内ブリックスクエアとは対照的に、レッド・ピンク・ラベンダー・シルバーなど、凛とした存在感があるカラーの花が使われています。

丸の内イルミネーション

ボールから下げられたグリーンの蔓が、ゆらゆらと揺れる美しいオブジェでした。


丸の内 MUPLAZAのクリスマスツリー

丸の内イルミネーション

丸の内ブライトクリスマスではありませんが、丸の内マイプラザの1階にもシックなクリスマスツリーが。

正統派のツリーといった印象のツリーは、良い撮影スポットとなっているようで、立派なカメラを持った方が何人も撮影していました。

丸の内イルミネーション

軽さ重視でコンデジを使っているので、さっと撮影してこの場を退散。

一眼レフで撮影している方を見ると、たまに私も欲しくなりますが、荷物が多い1週間以上の旅が多いから、やっぱり難しいだろうなぁ。

KITTE東京のクリスマスツリーがリニューアル

丸の内イルミネーション

KITTE東京の1階に、毎年飾られるホワイトツリー。

音楽に合わせて、ライトの色が変化し、雪が降っているように見えるライトアッププログラムが好評です。

丸の内イルミネーション

毎年内容が変わるイルミネーションショー。

2019年クリスマスツリーは、水引きを1,000個以上使用した、高さ16メートルを超えるツリーにリニューアルされました。

東京駅キッテのホワイトツリー

2019年のクリスマスは、FMラジオ放送局「J-WAVE」が選曲したクリスマスソングに合わせて色が変化するショーを開催。

このページで紹介している、今までのホワイトツリーを見ることはできないのが残念ですが、新しい水引きツリーは「日本らしい」と、早くも評判になっています。

丸の内イルミネーションの場所がひと目で分かる地図

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションと、丸の内ブライトクリスマスの場所をマップにしてみました。

すごーく簡略化した地図ですが、シャンパンゴールドのイルミネーションを見ることができるのは、丸の内仲通りになります。

丸の内ブライトクリスマスを開催しているビルは、丸の内仲通りに面しているので、一緒に楽しむことができますよ。

なお、地下鉄でのアクセスは丸ノ内線東京駅が便利。

新丸ビルのすぐ前あたりが、丸ノ内線の東京駅になるので、すぐに丸の内イルミネーションの会場に行くことができます。

JRを利用する際は、八重洲口側に出てしまうと、自由通路か道路を歩いて、線路の下をくぐって丸の内側まで移動しなければならないため、必ず丸の内側に出るようにしてくださいね。

丸の内イルミネーション2019-2020の開催期間

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションの開催期間・点灯時間

  • 開催期間:
    2019年11月7日(木)~2019年2月16日(日)
  • 点灯時間: 17:30~23:00
    ※12月は17:00~24:00まで点灯

丸の内ブライトクリスマス

  • 開催期間:
    2019年11月7日(木)~12月25日(水)
  • 2019年はスター・ウォーズとコラボ「スカイウォーカーの夜明け」がテーマ
  • 12月1日(日)は1日限りの限定イベントを開催

ホワイトキッテ

  • 開催期間:
    2019年11月20日(水)~12月25日(水)
  • 点灯時間:
    ・月曜~土曜 17:10~22:40
    ・日曜・祝日 17:10~21:40

東京ミチテラス

    • 開催期間:2019年12月21日(土)~12月25日(水)予定
      ※一部は12月13日(金)から開催予定

点灯時間:16:30頃~21:30頃