ルタオパトスカフェの限定スイーツ

北海道の小樽に本店があるルタオ。

ルタオは通販で大人気のチーズケーキ、ドゥーブルフロマージュが有名なパティスリーです。

「いちごのミルフィーユが食べたい!」と夫が言い張るため、ルタオパトス2階のカフェで、限定メニューのミルフィーユを食べることにしました。

この投稿では、ルタオ本店とルタオパトスの違いと限定スイーツを食べた感想、スイーツを販売している店舗リストを紹介します。


ルタオパトスでは限定メニュー 苺のミルフィーユを注文

ルタオパトスカフェのメニュー

モダンな雰囲気で、以前から気になっていたルタオパトス。

宿泊していたホテル ドーミーインプレミアム小樽の朝食バイキングを食べ過ぎて、お昼を食べずに14時ちょっと前にルタオパトスに行きました、

2Fのカフェに入って周囲を見渡すと、やたらと目につくのが、苺のミルフィーユを食べている人が多いこと。

店員さんがメニューとお水を運んできたときに、人気があるメニューを聞いてみました。

小樽ルタオパトスのカフェメニュー

小樽にはルタオが数店舗ありますが、大きなイチゴのミルフィーユや新作スイーツのネージュは、ルタオパトス2階のカフェだけで食べられる限定メニューです。

昨年、大きさとサクサクのパイ生地に大感激していた夫は今年もイチゴのミルフィーユを注文。

苺のミルフィーユの値段は、コーヒー・ルタオオリジナル紅茶・オレンジジュースのいずれかのドリンクがついて、税込1,816円です。

タオパトス限定メニューの巨大なミルフィーユ

ルタオパトスの苺のミルフィーユ

テーブルに運ばれてきた、苺のミルフィーユを見た夫は満面の笑み。

昨年も大きいと思ったけれど、改めて見るとやっぱり大きい!雅美なら1人では食べきれない大きさです。

北海道小樽ルタオパトスの旅行記ブログ

上の画像はミルフィーユを上から撮影したもの。

スクエア型の大きなパイ生地は食べやすいよう4個にカットされています。

ルタオパトスの苺のミルフィーユ

横から見ると、上の画像のようになります。

見ているだけでもパイ生地がパリパリなのが伝わってきます。

縦にナイフを入れると、ミルフィーユをぐちゃぐちゃにしてしまいそう。

夫はパイ生地にカスタードクリームとイチゴを乗せて、上から順番に食べていました。

ルタオパトスの苺のミルフィーユ

中から出てきたカスタードクリームを見ると、バニラビーンズがたっぷりと使われているのが分かります。

ミルフィーユには、サイズが大きな新鮮なイチゴが10粒前後使われていて、ボリューム満点なのでドリンク付きで1,816円というのも納得です。

ミルフィーユ好きの夫は、よほど食べたかったみたいで、あっという間に完食していました。


新作ケーキのネージュ

小樽ルタオパトスの限定ケーキ

雅美は新作スイーツのネージュを注文。価格はドリンク付きで972円です。

ホワイトチョコレート入りのクリームがモンブランのように絞り出してあり、可愛らしいデコレーションにテンションアップ☆

小樽ルタオパトスの限定ケーキ

白い山の表面にまぶしてあるのは、乾燥させたイチゴの果実とレモンの皮。

コクのあるホワイトチョコレートクリームに、イチゴとレモンの皮の酸味が加わって、しつこくない甘さに仕上がっています。

小樽ルタオパトスの限定ケーキ

上の画像はネージュの断面。

白っぽくて柔らかなスポンジの上に、イチゴのコンフィチュールとレモンが乗っていて、さらにイチゴの濃厚なシャーベットが乗せられ、シャーベットを覆うようにホワイトククリームを幾重にも絞ってデコレーション。

イチゴのシャーベットとホワイトチョコレートクリームの組み合わせが最高で、お腹がいっぱいだったのにペロッと食べることができました。

スポンジが少量しかないため、お腹があまり減っていない時や、軽めのスイーツをいただきたい時にはオススメのスイーツです。

ドゥーブルプレートも食べられるカフェ

小樽ルタオパトスのメニュー

ルタオパトスのカフェのおすすめメニューは、苺のミルフィーユとドゥーブルプレート。

ドゥーブルプレートは、ドゥーブルフロマージュ・チョコレートドゥーブル・ヴェネチア ランデヴー(ベイクドチーズケーキ)の3種類を一度に食べることができます。

ドゥーブルフロマージュは通販でいつも食べているので、ルタオのカフェに何度も行っているのに一度も注文したことがありません。

小樽ルタオパトスのメニュー

定番のモンブランも作りたてをいただくことができますが、フロアスタッフさんが運んでいるケーキを見ていると、モンブランは見かけませんでした。

ドゥーブルプレートが一番多く、次に高いけどボリューム満点のイチゴのミルフィーユを注文する人が多かったような気がします。

また、お昼時に行ったので、パスタランチを食べている人も多かったです。

パスタやグラタンなどのランチメニューも

小樽ルタオパトスのランチメニュー

ルタオパトス2階のカフェでは、ランチメニューを食べることもできます。

季節ごとに味が変わるパスタランチの他に、ヘルシーなグラタンセットも。

単品のサンドイッチなどの軽食メニューもあるので、甘いものが苦手な人と一緒にルタオパトスに行っても、おいしく食べられそう。

1階は焼き立てパンやテイクアウトコーナー

小樽ルタオパトスのカフェ

ルタオの店舗の中でも最大の規模を誇るルタオパトスの1階ではパン、ケーキやスイーツの販売を行っています。

2階のカフェは値段が高いなと思う時は、1階のテイクアウトコーナーでヴェネチアランデヴーを注文して、その場で食べることができますよ。

スイーツだけではなく、ソメスサドル」の革製品と小樽の硝子工房「幸愛硝子」の硝子製品も揃っています。

ルタオパトスで小樽のお土産が全部揃ってしまいそうですね。


小樽ルタオ本店のカフェは落ち着いた雰囲気でまったりできます

小樽ルタオ本店のカフェ

モダンな雰囲気のルタオパトスとは違い、ルタオ本店はシックな雰囲気。

2階にあるカフェは、木の家具や落ち着いた色調の内装でくつろげ空間で、ゆったりと過ごすのにピッタリです。

夏に行った時には、マンゴームースとチョコレートロール、秋に行った時にはナッツのケーキを注文しました。

小樽ルタオ本店のケーキ

上の画像は、マンゴーとパッションフルーツとパイナップルのムースケーキ。

フルーツの酸味と甘さが印象的な、夏にピッタリのケーキです。

小樽ルタオ本店のケーキ

生チョコがアクセントになったロールケーキ。

濃厚なミルクの味がするクリームと、クリームの中に入った生チョコ、ビターなスポンジがチョコレート好きにはたまらない味。

デコレーションの渦巻きチョコレートとイチゴで、見た目の可愛らしさも兼ね備えた人気ケーキです。

小樽ルタオ本店のケーキ

秋にピッタリなナッツのケーキ。

ナッツの味が濃厚なムースと固めのスポンジ、一番上のキャラメルソースの相性がバッチリです。

ルタオのカフェ

小樽ルタオ本店カフェで、一番人気のメニューはケーキセット。ケーキセットは、好きなケーキとドリンクを選ぶことができます。

セットドリンクの中では、季節に合わせてブレンドされたオリジナル紅茶がオススメ。

味わい深いオジルなるティーは、ストレートでいただくとケーキとの相性がぴったり。紅茶好きな方なら、気に入ること間違いなしのブランドです。

ルタオの店舗は東京や大阪にもある?

通販のドゥーブルフロマージュだと、冷凍しか買えなくて送料も気になる。

それにルタオの生ケーキを食べてみたいと思うと、東京や大阪にも店舗があったら良いと思いますよね。

小樽ルタオの店舗がどこにあるのか調べてみました。

ルタオ店舗一覧

通販のドゥーブルフロマージュだと冷凍しか買えなくて送料も気になる。それにルタオの生ケーキを食べてみたいって思うと東京や大阪にも店舗があったら良いと思いますよね。

小樽ルタオの店舗がどこにあるのか調べてみました。

公式通販ショップ

>>LeTAO(小樽洋菓子舗ルタオ)公式通販サイト

公式ショップでは、ドゥーブルフロマージュなどのケーキの他、パン・アイスクリーム・チョコレート・焼き菓子なども購入することができます。

小樽洋菓子舗ルタオ本店

  • 住所:北海道小樽市堺町7-16
  • 電話:0120-46-8825
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
    ※2Fのカフェは営業終了の30分前まで
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:あり(紅葉園小樽入船第一駐車場)
  • 最寄駅:JR南小樽駅 徒歩5分・小樽駅 徒歩約25分

ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店

  • 住所:北海道小樽市堺町5-22
  • 電話:0134-31-6800
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
  • 定休日:なし

ルタオ パトス

  • 住所:北海道小樽市堺町5-22
  • 電話:0120-46-8825
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
    ※2Fのカフェは営業終了の30分前まで
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:あり(紅葉園小樽入船第一駐車場)
  • 最寄駅:JR南小樽駅 徒歩10分・小樽駅 徒歩約20分

フロマージュデニッシュ デニルタオ

  • 住所:北海道小樽市堺町6-13
  • 電話:0134-31-5580
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
  • 定休日:なし

ルタオ プラス

  • 住所:北海道小樽市堺町5-22
  • 電話:0134-31-6800
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
  • 定休日:なし
  • 駐車場:あり(紅葉園小樽入船第一駐車場)
  • 最寄駅:JR南小樽駅 徒歩13分・小樽駅 徒歩約15分

エキモ ルタオ

  • 住所:小樽市稲穂3-9-1 サンビルスクエア1F
  • 電話:0134-24-6670
  • 営業時間:9:00~19:00(季節により変動)
  • 定休日:なし
  • 駐車場:あり(サンビルスクエア内有料駐車場)
    ※1,000以上の買物で1時間無料
  • 最寄駅:JR小樽駅 徒歩1分

ドレモ ルタオ

  • 住所:北海道千歳市朝日町6-1-1
  • 電話:0123-23-1566
  • 営業時間:9:00~18:00(季節により変動)
    ※カフェは営業終了の30分前まで
  • 定休日:無休
  • 駐車場:あり(約70台)
  • 最寄駅:千歳駅から中央バス空港市内線利用
    朝日町7丁目で下車 徒歩1分

ルタオ新千歳空港店

  • 住所:千歳市美々 国内線旅客ターミナルビル2F
  • 電話:0123-46-2250
  • 営業時間: 8:00~20:00
    ※カフェコーナー: 9:00~19:30
  • 定休日:なし

ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ

  • 住所:北海道千歳市美々 新千歳空港国内線旅客ターミナルビル2F
  • 電話: 0123-25-3233
  • 営業時間: 8:00~20:00
  • 定休日:なし

ルタオ大丸札幌店

  • 住所:北海道札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店B1F
  • 電話:011-828-1166
  • 営業時間: 10:00~20:00
    ※季節により変更あり
  • 定休日:大丸札幌店の休日に準ずる

ルタオ取扱店

  • 函館空港 ポルックス売店
    電話:0138-57-8884
    営業時間:7:45~19:45
  • 釧路空港 かわしま商店
    電話:0154-57-8718
    営業時間:8:30~20:00
  • 帯広空港 エアポートこじま
    電話:0155-64-4116
    営業時間:8:45~20:10

ルタオのスイーツを購入できるのは、上記の店舗のみとなります。

東京や大阪にも出店しているか調べたところ、ルタオの店舗はありませんでした。

なお、小樽ルタオは全国のデパートの催事などに出店しています。北海道の店舗のほかに、東京や大阪、神戸などの催事出店情報は公式サイトの出店スケジュールで確認できます。

※商品や店舗情報は掲載時のものです。現在は変更になっている場合もあります。