京都センチュリーホテルの宿泊記

京都センチュリーホテルに朝食ビュッフェ付きのプランで宿泊しました。

京都センチュリーホテルは、京都駅から徒歩約2分のアクセスが良いシティホテル。

このページでは、京都一人旅でグランコンフォートルーム(ダブルルーム)に泊まった感想を紹介します。

リニューアルされた客室のインテリア

京都センチュリーホテルの旅行記

京都センチュリーホテルは、客室から外装まで大規模なリニューアル工事を行っています。

雅美が泊まった2017年8月は外装工事中で、臨時の出入口からホテルに入る状態。

ゲストルームはどうなっているのかな?と不安に思いながら、アサインされた部屋に入ると、リニューアル工事が終わっていました。

京都センチュリーホテルの滞在記

リニューアルされたダブルルームは、ダークブラウンを基調にしたインテリアで、クラシカルな中にも都会的なセンスで洗練された印象。

ベッドの前の壁には、コンパクトながら使いやすいデスクやテレビが配置されています。

京都センチュリーホテルに女性一人旅で泊まりました

入口ドアの前は空間が大きく取られ、ゆったりとしたクローゼットと独立した洗面台が。

京都センチュリーホテルに泊まった人のブログ

布製のスツールが座りやすく、使いやすい洗面台だと思いました。

客室のアメニティは何が揃っている?

京都センチュリーホテルのアメニティグッズは何があるの?

まずは、洗面台のアメニティグッズから。

洗面台の上の引き出しには、ヘアーブラシ・コットンセット・カミソリ・歯ブラシがそれぞれ2個ずつ入っていました。

京都センチュリーホテルのアメニティ

洗面台の横に設置された棚には、電気ポット・カップアンドソーサー・グラス・ドリンク類が入っています。

京都センチュリーホテルの客室に置いてあるドリンク

ティーバッグは、祇園辻利の煎茶とほうじ茶、紅茶がそれぞれ2パックずつ。

ドリップコーヒーやインスタントコーヒーは置いてありませんでした。

※ランクが上のセンチュリーコンフォートルームには、小川珈琲のドリップコーヒーが置いてあります。

京都センチュリーホテルの客室冷蔵庫にはボトルウォーターが入っています

テレビの下の冷蔵庫を開けると、中にはボトルウォーターが2本。

京都センチュリーホテルのクローゼット

入口ドア横のクローゼットは、扉がないオープンタイプ。

扉の開け閉めをする必要がないから、両手がふさがっている時でも使いやすいと思います。

京都センチュリーホテルのサンダルとスリッパ

クローゼットには、木製のハンガーが4本・クッション入りの布製のハンガーが2本、消臭剤、靴べら、シューズクロスなどがセットされていました。

引き出しにはセーフティボックスが収納されています。

ホテルの客室用木製サンダル

室内履きは、持ち帰り不可の木製タイプのサンダルと、フワフワの茶色い使い捨てスリッパが2足ずつ。

すべすべの木の室内履きは履き心地が良くゴミを出さずにすむので、使い捨てスリッパはそのままにしておきました。

ホテルに置いてある無料スマホのHandy

デスクの上に並んでいた備品は、無料スマホのHandy・アラームクロック・電話・メモセットなど。

無料スマホのHandyは、ウェブの閲覧はもちろん、国内への電話や一部の海外の電話も無料なので、通信料をかけずに電話をかけたい人には嬉しいサービスかも。

客室からの眺望は電車と夜景を楽しめる?

京都センチュリーホテルのゲストルームからの眺望

今回アサインされた客室は、建物の中央側のお部屋。

京都センチュリーホテルは、中心の空間を囲むように建物が建てられているため、中心側と外側の客室によって眺望が異なります。

中心側の客室からの眺めは、上の画像のような感じになり、夜景はいっさい楽しむことができません。

なお、外側向きの客室に泊まったとしても、周辺には高いビルが何棟も建っているため、眺望が良い部屋は少ないかも。

夜景やトレインビューの部屋に泊まりたいときは、予約をする際にホテルに希望を伝えてみてくださいね。

セパレートのお風呂とトイレ

京都センチュリーホテルのお風呂とトイレは別になってるの?

ダブルルームのトイレはセパレートになっていて、落ち着いたカラーの壁に囲まれた快適な空間になっています。

京都センチュリーホテルのシャワーブース

シャワーブースも独立していて、ベッドの横にガラス窓があるので閉塞感がありません。

バスタブがないので、バスタブでお湯に浸かりたいときは物足りないかもしれませんが、レインシャワーと横からもお湯が出て、しっかりと身体を温めることができました。

バスタブ付きの客室もあるので、お風呂に入りたい方は予約のときに、部屋の設備を確認するようにしてくださいね。

>>京都センチュリーホテルのゲストルーム一覧と詳細はこちらからチェック

バスルームのアメニティ

京都センチュリーホテルのシャンプーのブランドは?

シャワーブースには、ボディソープ・シャンプー・コンディショナーのボトルが置いてあります。

シャンプー類のブランドは、ポーラのシャワーブレイクシリーズ。

タオルなどは、シャワーブース前の洗面台の棚に、カゴにセットしてありました。

ナイトウェアはパジャマそれともガウン?

京都センチュリーホテルのナイトウェアはパジャマ?

優しいブラウンカラーのナイトウェアは、ベッドの上に置いてありました。

厚みがある綿が混ざった生地で作られていて、身体が少し濡れていてもサラッと着ることができます。

京都センチュリーホテルのナイトウェアはワンピースタイプです

ナイトウェアのデザインは、ツーピースのパジャマタイプではなく、ワンピースのガウンタイプ。

ワンピースだと下半身が冷えてしまう方は、普段着ているパジャマやルームウェアを持っていくようにしてくださいね。

ラジョウの朝食ビュッフェ

京都センチュリーホテル ラジョウの朝食ビュッフェのブログ

朝食ビュッフェは、レストラン ラジョウで食べることができます。

京都だから和食も多いのかな?と思っていたら、洋食メニューの方が多い朝食ビュッフェでした。

京都センチュリーホテル ラジョウの朝食バイキングのブログ

メインのお皿に取り分けたお料理は、クロワッサン・ショコラデニッシュ・ベーコン・スモークサーモン・サラダ・おぼろ豆腐など。

京都センチュリーホテル ラジョウの朝食の口コミ

デザートのチョコレートケーキ・ムースと一緒に、フレンチトーストも取り分けました。

ラジョウは雅美が泊まった約2ヶ月後の2018年10月15日にリニューアルオープンしています。

現在の朝食ビュッフェは、和洋中のメニューが豊富に揃い、シェフが卵を調理してくれるエッグステーションや漬物BARも新設。

現在のラジョウの朝食ビュッフェとは若干内容が異なりますが、ここでは泊まったときのメニューを紹介します。

なお、現在の朝食ビュッフェのメニューや料金は、下のリンクから確認できます。

>>京都センチュリーホテルの朝食ビュッフェの詳細と料金はこちらでチェック

京都センチュリーホテル ラジョウの朝食ビュッフェを食べました

京都はパンの町としても有名で、美味しいベーカリーが軒を連ねています。

ラジョウの朝食ビュッフェのパンコーナーも種類が多く、とても充実している印象。

京都センチュリーホテル ラジョウのパンコーナー

発酵バターを使ったクロワッサン・甘いデニッシュ類・ハード系のパン・テーブルロール・食パンなどが並んでいました。

京都センチュリーホテル ラジョウの和食コーナー

和食コーナーは、上の画像のような感じ。

漬物・煮物・豆腐などが並びますが、洋食メニューに比べると、ちょっと寂しい感じ。

京都センチュリーホテル ラジョウのデザートコーナー

デザートコーナーには、チョコレートムースケーキ・フルーツ杏仁豆腐・ムースなどが並びます。

京都センチュリーホテル ラジョウのフルーツコーナー

この日並んでいたフルーツ類は、グレープフルーツ・オレンジ・巨峰・バナナ・ヨーグルト。

京都センチュリーホテル ラジョウの朝食バイキングはアイスクリームがたくさんありました

アイスクリームコーナーはかなり充実。

朝食バイキングのアイスクリームコーナー

17種類のアイスクリームが揃い、好きなだけ頂くことができます。

小さな子どもが喜んで食べていたのが印象に残りました。

まとめ・リニューアルして口コミも高評価に

京都センチュリーホテルのエレベーターホール
【和のテイストを取り入れたエレベーターホール】

京都センチュリーホテルの口コミは、以前はそれほど良くなかったので、他のホテルを予約しようか少し迷いました。

ホテルの案内をよく見てみると、リニューアル工事を行っているため、普段より格安で泊まれることが分かり、試しに泊まってみることに。

格安料金で泊まれるとはいっても、ビジネスホテルよりは高いので失敗したら勿体ないなぁと思いながらチェックイン。

実際に泊まって感じたことは、京都駅が目と鼻の先なのに、静かで落ち着いて過ごすことができる、とても良いホテルだということでした。

京都駅を起点に動き回りたいときには、とても便利で客室の設備も良いので、リニューアル工事が全て終わった2018年10月中旬を過ぎたら、また利用させていただきたいと思います。

京都センチュリーホテルの詳細

>>京都センチュリーホテルの宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:京都府京都市下京区東塩小路町680

電話番号:075-351-0111

最寄駅:各線京都駅 中央口より徒歩約2分

駐車場:あり(館内施設改修工事の為2019年1月下旬頃まで駐車場利用不可)

チェックイン: 15:00-26:00
チェックアウト: 12:00

朝食の時間: 07:00-10:00

自動販売機:あり

大浴場:なし

コインランドリー:なし