くるみの木 一条店のランチとケーキを食べてみた

奈良の人気カフェ くるみの木 一条店にランチを食べに行きました。

くるみの木 一条店は奈良駅から遠く不便な場所にありますが、平日でも行列ができる人気カフェです。

このページでは、奈良駅からくるみの木へのバスでのアクセスとメニューを紹介します。

奈良駅からバスでのアクセス

奈良の人気カフェくるみの木

カフェ くるみの木 一条店はJR奈良線の線路沿いにあり、駅から歩いて行くのは難しい場所にあります。

車がない場合は、近鉄奈良駅かJRの奈良駅から「西大寺行き」か「航空自衛隊行き」に乗車して、「教育大附属中学校前」で下車。

バスの進行方向に進むとJRの踏切があり、踏切の手前右側にカフェくるみの木 一条店が見えてきます。

今回はJR奈良駅からバスで行きましたが、特に迷うことなくお店まで歩いて行くことができました。

駐車場はランチタイムや週末に混雑

くるみの木 一条店の駐車場は満車になっていることが多いの?

くるみの木 一条店は、店舗の裏に35台分の専用駐車場があります。

35台分あれば余裕な感じもしますが、長蛇の列ができることもあるランチタイムや週末は、すぐに満車になってしまい車を入れることができないことも。

カフェの前の道路は片側1車線で路上駐車ができないので、週末に行く場合はバスを利用するか、レンタサイクルで行くほうが確実です。

雅美は平日の11時40分の行ったときに駐車場の前を通りましたが、ほとんど空きがない状態でした。

平日でもランチタイムは満車になることも多いようなので、駐車場の空き待ちをしたくないときは車の利用は避けたほうが良いかもしれません。

数量限定のランチメニュー

くるみの木 一条店のランチメニュー

くるみの木 一条店のランチ限定メニューは1種類のみの定食で、5日ごとにメニューが変わります。

数量限定のランチメニューは、まぜご飯や炊き込みご飯・味噌汁・肉を使った和風の主菜・サラダ・小鉢・デザートなど全7種類のお料理がセットになった一番人気メニュー。

数量限定のランチの他に、ドリア・ピザ・カレー・オムライス・焼きそばなどのメニューもそろっています。

数量限定のランチを食べようと思って行ったのですが、行ったときには15人以上が待っている状態。

平日の11時40分だから、それほど待っている人はいないだろうと思っていたら、考えが甘かったことを痛感。

今回は時間があまりなかったので、カフェでランチを食べるのは諦めることに。

手ぶらで帰るのは悔しいので、テイクアウトできるケーキを買って一旦ホテルに戻り、部屋の冷蔵庫に入れて夜に食べることにしました。

テイクアウトができるケーキ

くるみの木 一条店のケーキブログ

くるみの木のケーキや焼き菓子は、テイクアウトができます。

くるみの木 一条店の口コミ

もちろん、店内で食べることもできるので、食後のデザートにするのも良さそう。

くるみの木 一条店に行った人のブログ

行った日にショーケースに並んでいたケーキは、ダークチェリーのケーキ・ブルーベリーのタルト・焼きカスタードとカラメルバナナのタルト・フルーツのロールケーキ・社員マスカットのトライフル・奈良のプリン・かぼちゃのベイクドチーズケーキ・すもものタルト・いちじくのタルト・そば茶のブランマンジェ・ベリーの生クリームケーキなど。

くるみの木 一条店にランチを食べに行ってきました

どれにしようか悩みましたが、ベリーの生クリームケーキ・かぼちゃのベイクドチーズケーキ・ブルーベリーのタルト、全部で3個のケーキを買いました。

くるみの木のケーキを食べた感想

くるみの木 一条店のケーキはテイクアウトできます

くるみの木のケーキをテイクアウトすると、自然の風合いのペーパーボックスに入れてもらえます。

白すぎないボックスに、ダークブラウンのシールが良い感じ。

くるみの木 一条店のケーキ画像

箱を空けると、ケーキは上の画像のように入っていました。

くるみの木 一条店のケーキとタルト

仕切りの紙をとってパシャリ。

どのケーキも美味しそうです。

くるみの木 一条店のベリーの生クリームケーキ

まずはベリーの生クリームケーキから食べてみました。

驚くほどフワフワで軽い食感のスポンジは、口の中に入れた瞬間に溶けてしまうよう。

生クリームも軽い食感で、空気を食べているかのようなフワフワ感。

甘さ控えめで、本当に最低限の甘さしかないので、食感の軽さが際立ちます。

あっという間に1個食べ終わってしまいましたが、ケーキを1個食べたような感覚がなくて、何個でも食べられそうだと思いました。

最近、ケーキ1個食べると胃もたれすることもあるのに、想像を超えた軽い食感に驚かされたケーキです。

くるみの木 一条店のブルーベリータルト

次にいただいたのは、ブルーベリーのタルト。

新鮮なブルーベリーがたっぷり乗ったタルトは、見るからに美味しそう。

ブルーベリーの上に飾ってある、ブルーベリーの葉がワンポイントになっていい感じ。

最初に食べたベリーの生クリームケーキとは違い、タルト生地はずっしりとした食感。

自然な甘みと酸味を生かしたブルーベリーソースがタルト生地に染み込み、サクサクのタルト生地がしっとりとして食べやすくなっています。

タルト生地の上に乗っているカスタードクリームの甘さと、フレッシュブルーベリーの甘酸っぱさが合わさると最高の美味しさに。

15時ごろに麺屋NOROMAでつけ麺を食べたので、ケーキ2個でお腹いっぱいになり、この日の夕食はケーキ2個で終了となりました。

くるみの木 一条店のかぼちゃのベイクドチーズケーキ

翌日、朝食代わりにいただいたのは、かぼちゃのベイクドチーズケーキ。

ずっしりとしたケーキは、コーヒーとの相性バツグン。

定番となっているかぼちゃのベイクドチーズケーキは、かぼちゃの甘さと旨味を生かした甘さ控えめになっていて、シナモンの香りがさり気なくアクセントになっています。

しっとりとした食感で、とても食べやすくて、気がついたらあっという間に1個食べ終えていました。

見た目は地味ですが、かぼちゃのベイクドチーズケーキが一番好みの味で、一度に2~3個くらい食べられそう。

次にカフェくるみの木に行った時にも、買って帰りたいと思いました。