神戸みなと温泉蓮のクチコミ

神戸みなと温泉 蓮(REN)に、朝夕バイキング付きプランで宿泊しました。

るるぶや楽天トラベルなどの旅行サイトで、クチコミが良い神戸みなと温泉 蓮。

このページでは、夕食バイキングと朝食バイキングを食べた感想や、こだわりの施設について紹介します。

[スポンサーリンク]

なお、部屋のアメニティや温泉の感想は次の投稿で紹介しています。

神戸みなと温泉蓮の他の投稿は、下のリンクからご覧ください。

>>神戸みなと温泉 蓮の宿泊記☆クチコミが良い秘密とは?【お部屋編】

※2017年3月に宿泊した際の滞在記も投稿しました。

>>神戸みなと温泉 蓮の宿泊記・食事編(2017年3月)

神戸みなと温泉の魅力は日常から離れた癒やし空間

神戸みなと温泉蓮の北野武の絵画

神戸みなと温泉 蓮は、三宮から徒歩圏内という立地ながら、日常から切り離された空間を演出しているホテルです。

和風で落ち着くインテリア、宿泊者専用のレストランや最上階の大浴場、ハーバーランドや神戸の港の美しい夜景などが、ゆったりと過ごせる空間を演出。

三宮にとても近いとは思えない静かな空間で、日常の喧騒を忘れて上質な癒やしの時間を過ごすことができます。

北野武(ビートたけし)さんの絵画は必見

神戸みなと温泉蓮のビートたけしの絵画

ロビー・エレベーターホール・レストランなどには、北野武(ビートたけし)さんの絵画が。

洗練された和モダンな印象のロビーや廊下に、北野武さんの絵画が華を添えています。

ビートたけしさんが、趣味で描いた絵を芸能界の友人などに贈っていたところ、独自の世界観で話題に。

現在は、独自のタッチや色彩で、多くのファンを魅了しています。

たけしさんの絵画は、全て違うものが飾ってあるので、見て回るのも面白いかもしれません。

生花があしらわれた廊下

神戸みなと温泉蓮に宿泊した感想

明るい木目をいかした廊下は、横幅が広くとられています。

客室ドアの横には、部屋番号が書かれたプレートと和風の花があしらわれ、部屋に入る前から期待に胸が膨らみます。

三宮の日帰り温泉に宿泊しました

部屋の入口にさりげなく、白いデンファレ(洋蘭)があしらわれていました。

宿泊者だけが入れる専用温泉と日帰り温泉

神戸みなと温泉蓮の滞在記
【ロビーにも北野武さんの絵】

神戸みなと温泉 蓮には、日帰り入浴も可能な温泉施設があり、宿泊者は自由に利用することが可能となっています。

日帰り温泉施設は、日帰り温浴の人たちで混雑することがあるため、15時のチェックインから深夜までは、最上階の宿泊者専用温泉を利用するのがオススメ。

最上階の宿泊者専用温泉には、露天風呂やジェットバスもあり、神戸港を見ながら入浴できます。

女性用の露天風呂の右側はスダレになっていますが、簾越しにポートタワーやハーバーランドの夜景を楽しむ事もできます。

みなと温泉蓮から見たハーバーランドの景色

1階にある日帰り温泉施設は、6:00から9:30までが宿泊者専用になります。

朝は、1階の温泉施設にゆったりと入る事ができる時間帯なので、ゆっくりと入浴することができました。

朝7時ごろに行ってみたら、入浴している人は数人しかいなくて、ほぼ貸切状態に。

高濃度炭酸泉やサウナ、天然温泉の露天風呂などにゆっくり入って、朝食の前に朝風呂を楽しむことができて大満足。

和洋と揃った夕食バイキング

みなと温泉蓮の夕食ビュッフェは本ずわい蟹も食べ放題

旅行やホテルの宿泊で一番の楽しみといえば、おいしい食事。

神戸みなと温泉 蓮の夕食は、レストラン万蓮のバイキングの他に、部屋食でいただく神戸牛しゃぶしゃぶコースや、和風懐石など、好みに合わせてチョイスすることができます。

雅美はライブ割烹万蓮で楽しむ、バイキングプランで宿泊しました。

オープン記念として、本ずわい蟹食べ放題もついているから、カニ好きの方にはたまりませんね☆

神戸みなと温泉ホテルの夕食バイキング

お惣菜は、和風のものが多めで、お造りや魚を使った小鉢が、何種類も並んでいます。

どれも上品に盛りつけられてて、とても美味しそう。

みなと温泉蓮の夕食ビュッフェで神戸牛のすき焼きを食べました

神戸牛のすき焼きは、1人前の具材が小さな鍋に入っていて、テーブルに運ぶと係の方が火を付けてくれます。

柔らかなローストビーフもあって、肉好きにはたまりません♪

みなと温泉蓮の夕食で食べたローストビーフ

雅美はこの日、昼食を食べ過ぎてしまい、夕食はあまり食べられませんでした。

天ぷら・お寿司・ビーフシチュー・カレー・ブーランジェリー ルパンのパンなど、色々なメニューを横目に見ながら、ちょっぴり後悔。

なお、夕食バイキングは、小鉢に美しく盛りつけられているお惣菜も多く、お皿の上でお料理がグチャグチャになりません。

見た目が美しいまま、美味しく食べられるのが良いと思います。

バイキングのスイーツ類

別腹のスイーツは、美味しく食べることができました。

お皿に取り分けた洋風のスイーツは、白ワインゼリー・パンナコッタ・ラズベリーとチョコレートケーキ・抹茶のケーキ。

食べることができませんでしたが、ほかにも数種類のアイスクリーム、シャーベット、和風ロールやわらび餅などの和菓子も揃っていました。

全種類食べるのは難しいくらい、和洋プラスアルファのお料理が揃っている、万蓮の夕食バイキング。

食の好みが違っても皆で楽しくを食べられるのがバイキングの良いところ。

私は食べ過ぎるとアレルギーが出てしまう蟹も、夫は大好物。

夫は大好きな、ズワイガニを沢山食べて満足そうでした。

残念だったのは、お寿司のネタと天ぷらが、想像していたよりも普通だった点。

でも、宿泊料金や施設の充実を考えれば、コストパフォーマンスは良いと思います。

>>神戸みなと温泉 蓮・朝夕食バイキングとプランの詳細はこちら

ハーバーランドの風景を見ながら食べる朝食

神戸みなと温泉蓮の朝食バイキング

朝食バイキングのメニューは、和食と洋食が半分くらいという印象。

夕食と同じように、ハーバーランドの風景を眺めながら、ゆったりといただくことができます。

写真を撮り忘れましたが、和食派の夫は、納豆・だし巻き卵・漬物・味噌汁など、和食を中心に取り分けて美味しそうに食べていました。

神戸みなと温泉蓮の朝食バイキングには北野ルパンのパンがあります

洋食派の雅美は、パン・サラダ・スープ・コーヒーなどで洋風に。

LePAN(ルパン)の抹茶パン・ミルクパン・クロワッサンは、どれも小麦の優しい味が生きています。

LePAN(ルパン)は、同じ系列のホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドのパンも手がける、人気ブーランジェリー。

朝食で食べられるのは、とても嬉しい♪

みなと温泉蓮の朝食バイキングを食べた感想

美味しくて3杯もおかわりしちゃったのが、熱々のパンプキンスープ。

ほんのりとシナモンが効いた熱々のスープが、朝食で一番のお気に入りメニューになりました。

夜景を見ながらいただく夕食と、朝のハーバーランドの風景を見ながらいただく朝食。

大好きな神戸の風景を見ながら食事ができて、私も夫も大満足。

なお、レストラン万蓮のバイキングは、宿泊客のみが食べることができます。

日帰り温泉で食事をしたいときは、館内の御食事処 水蓮や、隣接するラ・スイート神戸 ル・オーシャンでフレンチを食べるのもオススメ。

神戸みなと温泉蓮とル・オーシャンの割引クーポン

神戸みなと温泉 蓮の割引クーポン
【神戸みなと温泉 蓮の割引クーポン】

神戸みなと温泉 蓮がオープンした当初は周辺に何もありませんでしたが、現在は突堤の先端にラ・スイート神戸 ル・オーシャンが開業。

フレンチランチ・アフタヌーンティー・カフェ・ジビエ料理など、季節ごとに変わる料理やスイーツを楽しむことができます。

また、みなと温泉蓮やホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドに宿泊すると、神戸みなと温泉蓮の割引クーポンをもらえました。

ラ・スイート神戸に宿泊したあとに、割引クーポンを使って、蓮の温泉でまったりするのも良さそうです。

宿泊日:2016年2月

【関連記事】

>>神戸みなと温泉 蓮の宿泊記☆クチコミが良い秘密とは?【お部屋編】

>>ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドの宿泊記-ディナーと朝食編

神戸みなと温泉 蓮の詳細

朝夕食バイキングの詳細と宿泊プランは下のリンクからご覧いただけます。

>>神戸みなと温泉 蓮・朝夕食バイキングとプランの詳細はこちら

アクセス:
各線「三宮駅」からタクシーで約8分、徒歩約20分
JR線「元町駅」からタクシーで約7分、徒歩約15分
JR線「新神戸駅」からタクシーで約15分

※三宮駅から送迎バスあり >>送迎バス時刻表

住所:神戸市中央区新港町1-1

電話:078-381-7000

駐車場:有り(1泊1,000円)

チェックイン: 15:00(最終チェックイン:19:00)
チェックアウト: 11:00
※プランによって異なる場合はプランの設定が優先します。

朝食の提供時間: 7:00~10:30(L.O.10:00)

自動販売機:なし

コインランドリー:なし

大浴場:あり(泉質:ナトリウム塩化物炭酸水素泉 )

貸切風呂:なし

フィットネス:あり