神戸どうぶつ王国のハシビロコウの口コミ

動物たちと触れあいたくなり、神戸どうぶつ王国に行ってきました。

神戸どうぶつ王国は、三宮や神戸空港からポートライナーに乗って行けるアクセスの良さが魅力。

この投稿では、割引クーポン・アクセス・営業時間・ランチやグルメ情報・見ることができる動物について紹介します。

神戸どうぶつ王国の動物たち

神戸動物王国に行ってきました

神戸どうぶつ王国は、室内と屋内にさまざまな動物を飼育しています。

アクアバレーエリアにいるのは、大人気のカピバラさん。

小さな池に入って、のんびり寛いでいるところをパシャリ☆

優雅なコブハクチョウ

アクアバレーにいる動物は、カピバラ・ゴマフアザラシ・マーラ・コブハクチョウなど。

マイペースなナマケモノ

熱帯の森エリアには、木にぶら下がったナマケモノを間近で見ることができます。

柵がないので、ナマケモノに触ることができる距離で観察できますが、噛んだりすることがあるため、近づきすぎないようにしてくださいね。

園内を散歩するオウギバト

足元では、青灰色のオウギバトが歩きまわっていました。

頭の飾り羽がとても美しい鳥です。

コモンマーモセット

体長25センチメートルほどの小さな猿、コモンマーモセットも柵の外を動き回っています。

あまりにもすばしっこくて、こちらを向いている写真を撮影できず。

神戸動物王国ではミナミコアリクイを柵なしで見れます

小さな猿コモンマーモセットの上では、木にぶら下がったミナミコアリクイがのんびり移動中。

神戸どうぶつ王国のミナミコアリクイ

後ろから見ると、服を着ているような柄をしていて、のんびり動く様子に癒やされます。

シマスカンクの赤ちゃんはお昼寝中でした

ビーバークリークエリアにいたのは、アメリカビーバーの家族やシマスカンクの家族など。

生まれて2ヶ月くらいの、シマスカンクの赤ちゃんの看板がとてもカワイイ。

赤ちゃんの展示ケースを見ると、物陰に隠れて眠っていたため、うまく撮影できず。

シマスカンクの親子

仕方がないので、親のシマスカンクをパシャリ☆

黒と白のフワフワの毛がとてもキレイです。

アフリカンウェットランドには、3羽のハシビロコウが。

ハシビロコウの画像

全く動かないことと、恐竜時代の鳥のような外見で大人気のハシビロコウ。

実は、絶滅危惧種に指定されている貴重な鳥です。

柵や網がなく間近で見ることができるのが、神戸どうぶつ王国の魅力。

その他、水鳥のエリア・犬のエリア・ネコのエリア・ウサギのエリア・屋外のカンガルーエリア・羊エリア・ペンギンエリアなどがあり、神戸どうぶつ王国には沢山の動物たちを間近で見ることができます。

さわったりエサをあげて楽しめる動物園

神戸動物王国のカピバラ

神戸どうぶつ王国では、エサをあげたり触ることができる動物がいます。

中でも、カピバラは老若男女とわず大人気。

エサは、ペレットと草の2種類があり、1カップ100円で購入して自由にエサをあげられます。

カピバラの中でも、小柄でおねだりポーズが上手なマミちゃんが可愛すぎる!

母は、マミちゃんにばかりエサをあげていました。

カピバラの餌やり体験

お腹が空いているカピバラとマーラは、餌を持っていない人間にもよってきてカワイイ。

午前中はお腹をすかせて確率が高く、キューキュー高い泣き声をエサをおねだりしてくれます。

神戸どうぶつ王国のカピバラ

ところが、午後に行くとお腹いっぱいになって、砂や地面の上に寝ころんでいる確率が上がります

こうなってしまうと、口にエサを近づけても食べてくれません。

カピバラと一緒に休憩中のマーラ

マーラも、お腹いっぱいになって、身体を伸ばしてまったりちゅう。

神戸どうぶつ王国には何回も行っていますが、お昼過ぎに行くと、ほとんどエサを食べてくれませんでした。

エサをあげたいときは、できたら開園直後を狙って行くようにしてくださいね。

動画も撮影したので、よかったらご覧くださいね。

神戸どうぶつ王国の動画

のんびりくつろぐカピバラとマーラの横を、ケヅメリクガメがのんびり歩いて通り過ぎました。

園内を散歩中のリクガメ

リクガメやゾウガメは、自由に触ることができます。

神戸どうぶつ王国のシロムネオオハシにはエサをあげられます

カピバラさんと同じエリアには、目の周りのブルーが綺麗なシロムネオオハシや、オレンジのクチバシと目に特徴があるオニオオハシが放し飼いされています。

シロムネオオハシやオニオオハシは、エサをあげたり、腕に乗せて触れ合うことも。

ブラジルの国鳥にもなっているオニオオハシ

最初は、大きなクチバシが怖く感じてしまうかもしれませんが、オオハシは温厚な性格で人懐っこいので、チャレンジしてはいかがでしょうか。

神戸動物王国のマタコミツオビアルマジロ

マタコミツオビアルマジロも、短時間ですが同じエリアに展示されています。

マタコミツオビアルマジロ

なでてみたいなーと思って覗いてみると、丸まって眠っていました。

ビックリさせたらかわいそうなので、さわらずに見ていることに。

起きているアルマジロを、間近で見てみたかったなぁ。残念。

アルパカの赤ちゃんにも触れます

上の画像は、昨年(2016年)に撮影したアルパカの赤ちゃん。

飼育員さんに連れられて、温室内を散歩していました。

今は立派なオトナになって、他のアルパカち屋外で暮らしています。

その他、神戸どうぶつ王国では、カンガルー・ペンギン・アルパカ・羊・犬・ウサギ・ネコ・モルモット・カモ・ペリカン・白鳥など、色々な動物にエサをあげたり、触れ合ったりすることができます。

お気に入りの動物を探して、エサをあげたり触ったりしてくださいね。

雨が降っていても大丈夫?

温室に咲くブーゲンビリア

神戸どうぶつ王国は、屋内エリアと屋外エリアに分かれています。

カピバラ・オニオオハシ・ウサギ・猫・犬・小鳥などがいるエリアは、屋内にあるので雨でも問題なく楽しめます。

ところが、ハシビロコウや白鳥・ペリカン・ワオキツネザルなどがいるエリアは、エリアの大部分が屋外となるため傘が必要に。

さらに、カンガルー・ペンギン・羊・アルパカなどがいるエリアは、完全に屋外になり屋根がないため、雨だと楽しみにくいかも。

一度、雨が降っている日に行ったことがあります。

雨の日に行った正直な感想は、傘をささなければならないエリアが多く、晴れている日に比べると楽しむことができませんでした

土日祝日は混雑に注意

神戸動物王国のシロムネオオハシ

神戸どうぶつ王国の混雑状況ですが、平日に比べると土日祝日は混雑します。

また、平日でも子どもたちの遠足や、お年寄りがヘルパーさんに付き添われて団体で来ていたり、以外に混雑する日も。

数年前なら平日は空いていましたが、現在は大きな声でしゃべる外国人観光客も増えているせいか、平日でも人が多いと感じるかもしれません。

開演直後なら比較的空いていて、動物たちもお腹を空かせていてエサを食べてくれるので、早い時間に行くことをおすすめします。

園内には蓮の花やサボテンなども

神戸どうぶつ王国のスイレン

温室内にはスイレンの花が咲く池があったり、サボテン・ブーゲンビリア・ベコニア・エアープランツなどの植物を鑑賞できます。

ウォーターリリー

鳥のショーを楽しめるバードショー会場にもなる蓮の池には、ピンク・バイオレット・白など、色とりどりの蓮が咲いていて、花好きさんは必見。

サボテン巻雲

サボテンの数は少ないですが、珍しい品種も。

上の画像は、不思議な形をした「巻雲」という品種。

円柱状の花座が、上に成長していく珍しいサボテンです。

白いサボテンの花

こちらのサボテンは、アストロフィツム 般若。真っ白の大きな花を咲かせていました。

温室の隅っこに植えられているので、興味がある方は探してみてはいかがでしょうか。

おすすめのランチメニュー

神戸どうぶつ王国のランチでオススメは?

神戸どうぶつ王国のランチですが、正直なところおすすめできるメニューはありません。

カフェテラスでは、カレーやパスタなどの簡単な食事ができるカフェと、バイキングレストランがありますが、美味しそうに見えません。

なお、神戸どうぶつ王国には、持ち込んだお弁当を食べることができるテラスがあります。

三宮のデパ地下などでお弁当やお惣菜を買って、テラスで食べれば失敗することはないでしょう。

もしくは、神戸どうぶつ王国に行く前か出たあとに、三宮などでランチを食べることをオススメします。

料金が割引になるクーポンはある?

神戸どうぶつ王国の割引券

神戸どうぶつ王国の特別入園券と、ポートライナーの往復乗車券のセットが割引になってお得。

大人なら、特別入園券とポートライナーの往復乗車券のセットが1,500円で購入できます。

神戸どうぶつ王国の通常の入園料金は、大人が1,500円なので乗車券は無料になる計算に。

なお、入園券セットは、ポートライナーの三宮駅や神戸空港で販売しています。

たとえば、行きは三宮から乗って、動物王国で遊んで、帰りは動物王国から神戸空港へ乗ってもOK。

もちろん、神戸空港から動物王国まで行って、帰りは三宮駅まで行ってもOKです。

アクセスと営業時間

神戸動物王国の入口

神戸どうぶつ王国は、ポートライナーの京コンピュータ前駅から徒歩30秒くらいの場所にあります。

三宮からは、ポートライナーに乗って約18分。

神戸空港からは、ポートライナーで次の駅になり、乗車時間は約3分です。

なお、車でのアクセスについては、駐車場は普通車が1,000台分ありますが、1日500円の駐車料金がかかります。

【営業時間】

平 日:10:00~17:00(入国締切 16:30)
土日祝:10:00~17:30(入国締め切 17:00)

【休園日】

毎週木曜日(祝日・春休み・GW・夏休み・年末年始に該当する場合は営業。)