とらや霧や櫻やの「かるかん饅頭」と生かるかん

鹿児島中央駅で、お土産の定番「かるかん饅頭」を買って食べ比べてみました。

かるかん饅頭を買った店舗は、薩摩 蒸気屋・かるかん元祖 明石屋・霧や櫻や(徳重製菓とらやの新店)の3店舗。

結論から言うと、かるかん饅頭を蒸気屋で買うのがベストだと思いました。

このページでは、かるかん饅頭とはどんな和菓子なのか、3店舗のかるかん饅頭を食べて蒸気やが一番おいしかったと思った理由などを紹介します。

薩摩蒸気屋のかるかん饅頭は大きさが魅力

蒸気屋のかるかん饅頭は鹿児島旅行の鉄板のお土産です

鹿児島中央駅のアミュプラザ側に出ると、右手に見えるのが薩摩蒸気屋。

どーんと構えた店構えが目を引きます。

薩摩蒸気屋の特徴は、どのお菓子もサイズが大ぶりなこと。

もちろん、かるかん饅頭も大きめのサイズなので、しっかりと食べた!と満足できるはず。

かるかん元祖 明石屋はケーキも販売

かるかん元祖の明石屋

鹿児島中央駅のアミュプラザ側に出ると、左手に見えるのが明石屋。

看板には「かるかん元祖 明石屋」という表記が。

お店に入ると、昔ながらの和菓子屋さんという雰囲気で、和菓子の他にケーキやフィナンシェなどの焼き菓子も販売。

明石屋のかるかんは、上品な甘さで小さめサイズです。

とらや(霧や櫻や)はオリジナルの味を楽しめる

霧や櫻やの生かるかん

とらやは、昔からの製法を大事にしつつ、現代人の味覚に合う新しい創作和菓子を作り上げる老舗です。

新感覚の和菓子の中でも人気なのが「創作生かるかん 」で、霧かん・桜かん・橘かんの3種類を販売。

「霧や櫻や」は、とらや伝統の和菓子のほかに、新しい和菓子を販売する人気店舗。

鹿児島中央駅の店舗では、「霧や櫻や」と「とらや」の両方のお菓子を購入することができます。

かるかん饅頭とは

かるかん饅頭とは、おもに鹿児島で作られる九州特産の蒸し菓子です。

かるかんの名前は、 軽い触感であることから「軽い羊羹」を縮めて名前がつけられたという説が有力だとか。

かるかん饅頭の皮の作り方は、うるち米粉・すりおろした山芋・砂糖などを混ぜて蒸します。

つまり、小麦粉の代わりにうるち米粉と山芋を使った蒸しパンのようなもの。

「かるかん」は羊羹のような形をした棹菓子でしたが、いつからか餡を入れた「かるかん饅頭」が作られるようになりました。

とらや・明石屋・蒸気屋で購入して食べ比べた感想

明石屋

明石屋 鹿児島本店のかるかん饅頭を食べた感想

かるかん元祖の明石屋で購入したのは、シンプルなかるかん・かるかん饅頭・フィナンシェ・マドレーヌ。

フィナンシェとマドレーヌは、和菓子や小豆餡が苦手な夫のために購入。

かるかん饅頭の美味しいお店はどこ?

まずは、昔ながらの「かるかん」を食べてみました。

個別包装のかるかんは四角い形をしていて、1個から購入することができます。

大きさのわりには重さがあり、食べてみると想像していたよりも、ずっしりとした印象で軽さはあまり感じないかも。

自然な優しい甘さがあり、小さくても満足できました。

かるかん饅頭も、小さめのサイズからは想像するよりも食べごたえがあり、控えめな甘さのこし餡がおいしかったです。


【明石屋の買い物メモ】
かるかん饅頭2個 324円
かるかん 216円
マドレーヌ 162円
フィナンシェ 162円
合計 864円

とらや・霧や櫻や

とらや霧や櫻やの口コミ

とらや・霧や櫻やでは、かるかん饅頭・かるかん・紫いもタルトじゃっど・創作生かるかん 2種類を購入。

創作生かるかんの生地は、かるかん饅頭と同じ材料で作った生地とは思えないくらい、しっとりとして柔らかな触感。

創作生かるかんは、洋菓子のオムレットを小さくしたような形をした和菓子です。

櫻かんは、ほんのりと櫻の香りがする餡とピンク色の生地が可愛らしい一品。

橘かんは、オレンジ色の生地でみかん味のあんが包んであります。

かるかん(餡なし)とかるかん饅頭は、どちらも上品な味わいで、山芋どくとくの味を感じないあっさりとした仕上がり。

どのお菓子も1個ずつ買えるので、色々な味を楽しむことができました。


【とらや・霧や櫻やの買い物メモ】
かるかん饅頭 129円
餡なしかるかん 162円
紅芋タルト 144円
橘かん 152円
櫻かん 152円
合計 739円

薩摩蒸気屋

薩摩蒸気屋のかるかん饅頭を買ってみた

蒸気屋 霧島神宮店では、かるかん饅頭・かすたどん・霧島焼どうなつ・たんかんゼリーを購入。

蒸気屋のお菓子は、どれもサイズが大きくて存在感があります。

霧島神宮の蒸気屋限定の霧島焼きどうなつ

霧島の店舗限定の「天孫降臨 霧島焼きどうなつ」は、フンワリ&しっとり触感の、おやつにピッタリのドーナツ。

油で揚げていないのでヘルシーなのが嬉しいけど、日持ちしないからお土産にできないのが残念。

大きなサイズのかるかん饅頭は、フワフワの皮がおいしくて、あっという間に1個を食べ終えてしまいました。

たんかんゼリーは、甘さの中にたんかんの酸味と苦味が混在して、子供から大人まで美味しく食べられる味。

一番気に入ったのが、ふんわりとしたスポンジ生地の中にカスタードクリームがたっぷり入った「かすたどん」。

移動中の高速バスの中で、おやつで食べながら「1個にしないで10個くらい買えばよかった」と後悔しました。


【薩摩蒸気屋の買い物メモ】
かすたどん 108円
日向夏ゼリー 303円
かるかん饅頭 119円
霧島焼どうなつ 76円
合計 606円

薩摩蒸気屋の「かるかん饅頭」と「かすたどん」が一番のオススメ


>>鹿児のお土産に大人気!こだわり製法の薩摩蒸気屋 かすたどんをチェック

今回は人気の3店舗で、かるかん饅頭を購入して食べ比べてみましたが、蒸気屋が一番おいしいと思いました。

蒸気屋がおいしいと思った理由は、かるかん饅頭の皮がしっとししていて餡とのバランスが良い点と、変なクセのない味で和菓子が苦手でも食べられそうだからです。

また、小豆餡が苦手な人が多い場合は、洋菓子系の「かすたどん」を買えば、必ず喜んでもらえそう。

和菓子派・洋菓子派の双方に喜ばれる鹿児島土産を選びたいときは、「かるかん饅頭」と「かすたどん」を人数分購入してはいかがでしょうか。

まとめ:餡が苦手でもおいしく食べられる

鹿児島で人気の蒸気屋ではサイズが大きなかるかん饅頭が人気です

実は、雅美は小豆餡や和菓子があまり得意ではありません。

ところが、20年くらい前に鹿児島出身の方から「かるかん饅頭」をいただいてから、かるかん饅頭だけは大好きなお饅頭になりました。

今回は初めて鹿児島を旅行したので、どのお店が美味しいか色々と購入して確かめてみることに。

お店によって、それぞれの良さや特徴があり、どのお店でも1個から買えるので、自分好みの味を探すことができて楽しかったです。

あなたが鹿児島旅行をするときは、1個ずつ買って味を確かめてからお土産を買ってみてはいかがでしょうか。