ホテルオークラJRハウステンボスの朝食ビュッフェのブログ

ホテルオークラJRハウステンボスに、朝食ビュッフェ付プランで2泊しました。

ホテルオークラは、ハウステンボスのオフィシャルホテルの中でも口コミが良いリゾートホテルです。

このページでは、カフェテラス「カメリア」と日本料理「さくら」の朝食ビュッフェを食べ比べた感想を紹介します。

なお、客室の眺望やアメニティについては、前のページをご覧ください。

>>ホテルオークラJRハウステンボスの宿泊記|ステーションビュールームの眺望とアメニティ編

日本料理さくらのビュッフェ

日本料理さくらの朝食ビュッフェの画像

1泊目の朝は、日本料理「さくら」で和食メニュー中心の朝食ビュッフェをいただきました。

上の画像に映っている料理は、奥左側から、

  • 湯豆腐
  • さつまいもフライ
  • 蓮根のきんぴら
  • ベーコンじゃが
  • 茄子の含め煮
  • 小松菜揚げびたし

日本料理さくらの朝食ビュッフェのメニュー

こちらの画像のお料理は左から、がめ煮・ポークウインナー・きびなご一夜干し。

きびなご一夜干しは焼いてありますが、焼き網で軽く温めてから食べると、さらに美味しくなります。

日本料理さくらの朝食ビュッフェを食べてみた

こちらは、豚生姜焼きとエビ水餃子。

日本料理さくらの朝食ビュッフェブログ

味噌汁は、自分の好きな具材を入れて好みの味に。

このときの具材は、ワカメ・山芋・油揚げ・青ネギの4種類でした。

ホテルオークラJRハウステンボス日本料理さくらの朝ごはんを食べました

こちらは、冷たいお惣菜とサラダコーナー。

サラダのほかに、温泉玉子・五島うどん・納豆などが並びます。

五島うどんは細めの麺で、ぱっと見た感じは冷麦みたい。

独特のコシと歯ごたえがあって、コシが強い麺が好きな人なら、普通のうどんよりも美味しく感じそうな味です。

ホテルオークラJRハウステンボス日本料理さくらの朝食メニューは?

こちらの料理は左から、蟹マヨサラダ・鰹くるみ・鰹のたたき。

画像には写っていませんが、ごぼうサラダや金時豆も並んでいました。

かなりヘルシーなメニュー構成です。

和食中心なので、パンは2種類のみ。

この時は、フワフワのテーブルロールと、サクサク&もっちりのクロワッサンが並んでいました。

フルーツコーナーは、オレンジ・ぶどう・フルーツポンチの3種類が。

デザートは、寒天プリンとヨーグルトが並んでいました。

さくらの朝食を食べた感想

最初に取り分けた料理が上の画像です。

スクエアプレートに取り分けた料理は、サラダ・出汁巻玉子・茄子の含め煮・鰹のたたき・アジフライ・蓮根のきんぴら。

主食はクロワッサンとテーブルロールを1個ずつ。

バターをたっぷり使ったクロワッサンは、外側がサクサクで中がもっちり。

テーブルロールは優しい甘さで、フワフワの食感です。

パンは小さなサイズだったので、長崎グルメの皿うどんと、ごはんに辛子明太子を乗せて、少しずついただきました。

あまり食べていないつもりが、かなりお腹いっぱいになり、この日はハウステンボス園内では何も食べず。

夕飯までお腹が空かないのは、トシで量が食べられなくなったせいかも。

カフェテラス カメリアの朝食ビュッフェ

カフェテラスカメリアは、高い天井と大きな窓から差し込む光で、明るく開放感があるレストランです。

カメリアの朝食ビュッフェは料理の種類が多く、長崎の郷土料理もたくさん並ぶのが特徴。

上の画像の料理は左奥から、

  • うまかですたい
  • 唐人菜
  • ハトシロール
  • 高野豆腐
  • きんぴらごぼう
  • 切り干し大根

ハトシロールとは、エビや肴のすり身を食パンでロール状に巻いて油で揚げたもの。中はジューシーで外はサクサクの長崎名物グルメです。

中央に写っている料理は「すぼかまぼこ」で、左側は肉じゃが、右側は長崎皿うどん。

すぼかまぼこ(ずぼ巻き)は、板を使わずにストローで巻いたかまぼこ。

プラスチックがなかった昔は藁で巻いて作っていたとか。

ストローを使うのは環境に優しくない気もしますが、長崎県ではよく食べられる蒲鉾だとか。

パンコーナーには、ホテル内のベーカリーショップ「サイラー」のパンが何種類も並びます。

眼の前で焼いてもらえるハッピーオムレツは、九州の食材を使った具材を使って、好みの味付けに。

ハッピーオムレツの具材は7種類から、好きなものを組み合わせることができます。

ちなみに、選べるオムレツトッピングは下記の7種類でした。

  • 福岡 明太子のクリームソース
  • 大分 干ししいたけと柚子胡椒の和風ソース
  • 佐賀 たまねぎ
  • 長崎 ほうれんそう
  • 熊本 トマト
  • 宮崎 ピーマン
  • 鹿児島 黒豚ミンチのミートソース

こちらは暖かい料理コーナー。

左から、温野菜・モーニングショートパスタ・ハッシュドポテトフライ。

サラダコーナーには、色とりどりの野菜が並びます。

上の画像は、フルーツとデザートコーナー。

  • 黄桃
  • パンプティング
  • 牛乳プリン
  • ハニーレモンクッキー
  • ぶどう
  • キウィ
  • パイナップル
  • ヨーグルト
  • りんごソース
  • いちごソース

この時は、フレッシュフルーツやデザートが10種類並んでいました。

ドリンクはホットコーヒーや紅茶類のほかに、九州産牛乳・野菜ジュース・オレンジジュース・グレープジュース・グレープフルーツジュース・デトックスウォーターなどが。

このほか、カレー・長崎県産の真鯛のお茶漬け・スープなど、いろいろな料理が並んでいました。

カメリアの朝食を食べた感想

スクエアプレートに最初に取り分けた料理は左奥から、いわし揚げ・うまかですたい・卯の花・切り干し大根・ハトシロール・ウインナー・ハッシュポテトフライなど。

真鯛のお茶漬けには、真鯛のほぐし身と大葉をたっぷりと乗せて出汁をかけてみたら、旨味が濃くてめちゃくちゃ美味。

ホテルオークラのどの店舗でも人気のフレンチトースト。

ホテルオークラ神戸のフレンチトーストコーナーには、シナモンシュガーが置いてありましたが、ハウステンボスには置いてなかったのが残念。

シナモンシュガーがないと、フレンチトーストを食べた気がしないのは雅美だけなのかも?

ホテルベーカリーのパンは、ショコラパイ・テーブルロール・シナモンクロワッサンの3個を取り分け。

パンが美味しくて、いろいろな種類を食べたかったけれど、お腹がいっぱいになってしまい、これで朝食は終了。

ごちそうさまでした。

まとめ:朝食を比べたメニューの違い

日本料理さくらは、小さな子どもが少なく落ち着いた印象の客席でした。

ただ、さくらは客席数が少なく、カメリアに比べると料理の種類が少ないので、子どもや洋食派には物足りなく感じるかもしれません。

私が泊まった日は平日でしたが、20分ほど席が空くのを待ちました。

一方、多くの人が朝食を食べるメイン会場のカメリアは、座席数が多いので5人ほど待っている人がいても、次々と席に案内してもらえました。

また、天井が高く明るい店内からは、隣接するオランダ風の別荘地が見えて、日本じゃない雰囲気なのが気に入っています。

お料理の数は、日本料理さくらの倍以上ある印象なので、大人から小さな子どもまで楽しめる朝食ビュッフェだと思いました。

ホテルオークラJRハウステンボスの詳細


>>ホテルオークラJRハウステンボスの朝食ビュッフェの詳細と予約はこちらから

住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町10

電話番号:0956-58-7111

チェックイン:15:00-24:00
チェックアウト:11:00

最寄駅:
・JRハウステンボス駅から徒歩約5分
・長崎空港から佐世保行きバスに乗りハウステンボスで下車

大浴場:あり(天然温泉)

コンビニ:1階にファミリーマートがあり

ベーカリーショップ:あり

電子レンジ:なし

自動販売機:あり

>>ホテル・旅館の宿泊記リスト【九州・中国・近畿地方】

※このページの内容は宿泊時のものです。現在はサービス内容が異なっている場合があるので、予約をする際には公式サイトなどで詳細をご確認ください