月夜のうさぎ

月夜のうさぎに夕食バイキングと朝食バイキング2食付きプランで宿泊しました。

このページでは、夕食バイキングと朝食バイキングを食べた感想と、泊まった日のメニューを紹介します。

なお、客室のアメニティ、大浴場と貸切風呂、出雲大社へのアクセスなどについては、前のページをご覧ください。

>>月夜のうさぎの宿泊記-客室のアメニティとインテリア編

>>月夜のうさぎの宿泊記-貸切風呂と夜鳴きそばのサービス編

大舟盛りがメインの夕食

月夜のうさぎ

夕食バイキングのメインは、長さ180センチの大舟盛り。

月夜のうさぎ

この日のお刺身は、鱧(ハモ)の湯引き・炙り鱧・ホタテ・イカ・マグロ・鯛が並んでいました。

冬になるとカニも食べ放題になります。

月夜のうさぎ

夕食バイキングのお料理は、ほとんどが和食になります。

上の画像のお料理は左から、南瓜と小芋の鶏そぼろ餡掛け・旬魚の荒煮と牛蒡・牛すじと大根の旨煮。

月夜のうさぎ

国産牛の冷しゃぶは、ポン酢か胡麻ダレをかけていただきます。

夫がえらく気に入って何個も食べていました。

月夜のうさぎ

貝類は左から、白バイ貝・アワビ・赤貝、他にはサザエの壺焼きなどが。

アワビはミニサイズですが、旨味が濃くて美味でした。

月夜のうさぎ

小鉢は、水雲(もずく)と小肌の生姜酢・烏賊醤油漬け。

画像には写っていませんが、隣には貝ワサビも並んでいました。

月夜のうさぎ

こちらはサラダコーナー。

グリーンサラダ・ベビーリーフ・パスタサラダ・オクラとナスのサラダなどが並びます。

月夜のうさぎ

ご飯は奥出雲産の仁多米を使用。

仁多米は山陰のお米の中でも評価が高いブランド米です。

月夜のうさぎ

白いごはんの他に鰻ご飯もありました。

鰻ご飯にお出汁やワサビなどを乗せて「ひつまぶし」にして楽しむこともできます。

月夜のうさぎ

パンはロールパン1種類のみ。

上の棚にはデザートのプチロールケーキが。

月夜のうさぎ

デザートのアップルパイは焼き立てを食べることができます。

月夜のうさぎ

アイスクリームはマンゴーとチョコレートチップの2種類。

月夜のうさぎ

そのほかのデザートは、わらび餅・ババロア フルーツソース掛け・スイカ・ぶどうが並んでいました。

月夜のうさぎ

夕食バイキングでは1,500円で飲み放題をつけることができます。

>>月夜のうさぎ 夕食バイキングのメニューと詳細はこちらでチェックできます

今回は、飲み放題付きプランでしたが、夫はビール1~2杯で満足する人で、私は全くアルコールを飲めず。

結局、夫がビール1杯飲んだだけで終わってしまいました。

夕食バイキングを食べた感想

月夜のうさぎ

最初に取り分けたお料理が上と下の画像です。

1枚目のお料理は、サラダ・小肌の荘が酢・和牛の冷しゃぶ・貝ワサビ。

月夜のうさぎ

こちらのお皿には、穴子入り茶碗蒸し・野菜のピクルス・鱧に梅肉ソースをかけたもの・サザエの壺焼き・スモークサーモン・マグロと鯛のお刺身。

私は焼き立てのアップルパイ2個を食べたらお腹いっぱいになってしまい、ご飯は食られずに終了。

月夜のうさぎ

夫が取り分けた料理はガッツリ系です。

サーモンの握り寿司、和牛の冷しゃぶ・揚げたての天ぷら(キス・エビ・シシトウ)。

月夜のうさぎ

こちらは、鰻ご飯・のどぐろの干物・漬物。

月夜のうさぎ

スペアリブとサイコロステーキは3回おかわりして食べていました。

夕食は和魚介類の料理が豊富な印象。

お肉や天ぷらもあり、ガッツリ食べたい和食派の夫はとても嬉しそう。

高級な料理のような美味しさはありませんが、どれを食べても今イチと感じる料理がない夕食バイキングでした。

朝食バイキングのメニュー

月夜のうさぎ

朝食バイキングは、大舟盛りのお刺身で作る海鮮丼がメインになります。

月夜のうさぎ

この日並んでいたお刺身は、カニ・マグロ・エビ・イクラの醤油漬け・イカ・鯛の7種類。

月夜のうさぎ

小鉢は、温泉卵と水菜ときのこのおひたし。

練り物は地元で有名な「赤天」と「あご野焼き」です。

赤天は、さつま揚げに紅生姜をたっぷり混ぜ込んだようなものでピリッとした辛さが癖になる味。

あご野焼きは、あご(トビウオ)を使った、旨味たっぷりの太いチクワです。

月夜のうさぎ

こちらはサラダコーナー。

月夜のうさぎ

パンは、焼き立てクロワッサン・デニッシュパン・ドーナツ・バターロール・オレンジデニッシュの5種類。

下の4個の瓶には、シリアル・チョコレートフレーク・フルーツグラノーラ・ドライフルーツミックスが入っています。

パンカゴの隣には、フレンチトーストも並んでいました。

月夜のうさぎ

フレッシュフルーツは、パイナップル・アメリカンチェリー・グレープフルーツの3種類。

月夜のうさぎ

朝食バイキングはデザートが充実。

こちらは、醤油プリン・いちごのムースケーキ・しっとりパウンドケーキ。

月夜のうさぎ

カップデザートは、マンゴープリン・フルーツゼリー・抹茶プリンの3種類が並んでいました。

月夜のうさぎ

デザートコーナーにはチョコレートファウンテンも。

朝食も和食が多いですが、パンやデザートなどの種類が多く、洋食派も食べやすいと思うメニュー構成です。

朝食を食べた感想

月夜のうさぎ

こちらは夫が取り分けた朝食。

ご飯にしじみの味噌汁、ナポリタンと炭水化物多めです。

おかずは、牛肉のすき焼き風・ベーコン・赤天・玉子焼き・焼き魚・シュウマイ・カニと鯛とマグロのお刺身・きのこと水菜のおひたしです。

月夜のうさぎ

こちらは私が取り分けた朝食。

左下はフレンチトーストになります。

月夜のうさぎ

焼き立てクロワッサンは、外がサクサクでバターの香りが濃厚でウマウマ。

月夜のうさぎ

昨夜はご飯を全く食べなかったので、ご飯を少なめにした海鮮丼を作って食べました。

最後にカップデザート3種類を食べて朝ごはんは終了。

ついつい食べすぎてしまい、チェックアウト時間ギリギリまで部屋でダラダラして休みました。

まとめ

月夜のうさぎを予約するときに、隣の姉妹館「佳雲」とどちらにするか悩みました。

結論は、月夜のうさぎに泊まって良かったです。

「佳雲」は「月夜のうさぎ」より高級な宿になり、部屋は贅沢なしつらえで食事は会席料理になります。

私はアレルギーがあって食べられない食材が多く、夫は苦手な食べ物が多めで会席料理が苦手。

夕食・朝食ともに、好きなものだけを食べられるバイキング食の月夜のうさぎを予約しました。

バイキングが食べられるなら「佳雲」にも泊まってみたいけれど、会席料理が苦手な夫と一緒のときは、また月夜のうさぎに泊まりたいと思いました。

月夜のうさぎの詳細


>>天然温泉大社の湯 お宿 月夜のうさぎの詳細と予約はこちらから

住所:島根県出雲市大社町修理免字本郷1443-1

電話番号:0853-53-8877

アクセス:
・出雲大社前駅から徒歩約15分
・出雲市駅から出雲大社行きバスに乗車「正門前」バス停下車 徒歩約8分

送迎バス:なし

駐車場:あり(無料)

チェックイン: 11:00~20:00
チェックアウト: 11:00

大浴場:あり(男女各2ヶ所・天然温泉)

貸切風呂:あり(5部屋)

自動販売機:あり

コインランドリー:なし

電子レンジ:なし

※このページの情報は宿泊時のものです。現在はサービス内容や仕様が異なっている場合もあるため、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。