ホテルインターゲート金沢

ホテルインターゲート金沢に宿泊しました。

このページでは、ホテルインターゲート金沢の客室の間取り・アメニティ・大浴場・コインランドリーなどの設備について紹介します。

なお、無料で利用できるラウンジと朝食ビュッフェを食べた感想は次のページをご覧ください。

>>ホテルインターゲート金沢の宿泊記-宿泊者専用ラウンジと朝食ビュッフェ編


インテリアと間取り

ホテルインターゲート金沢

今回、予約をした部屋はデラックスシングルルーム。

デラックスシングルルームの広さは19平米で、幅160センチのダブルベッドが設置された2人でも泊まれる部屋になります。

ベッドの横は微妙にトーンが異なる3カラーを使った壁で、和風の落ち着いた雰囲気。

ホテルインターゲート金沢

デラックスシングルルームにはデスクがあるので出張にも便利です。

スタンダードダブルルームにはデスクがなかったため、今回はデスクがあるデラックスタイプを予約。

ホテルインターゲート金沢

ベッドの横にはラウンドテーブルセットも。

1人で泊まったので、ラウンドテーブルはバッグや買ってきたものなどの置き場所にしました。

客室のアメニティ

ホテルインターゲート金沢

テレビの下は冷蔵庫などの収納庫になっています。

ホテルインターゲート金沢

黄色い扉の中には、電気ケトル・お茶のティーバッグ・マグカップ・グラスなどが。

紫の引き出しの中は、セーフティボックスになっていました。

ホテルインターゲート金沢

白い扉の中には冷蔵庫が収納してあります。

冷蔵庫は中に棚がない小さなサイズで、中には何も入っていません。

ホテルインターゲート金沢

コンセントはヘッドボードの左右に1口ずつ。

なお、ヘッドボードにはUSB給電口はありません。

ホテルインターゲート金沢

デスクには、コンセント2口・USB給電が1口・LANケーブル差込口が。

コンセント類は椅子の正面につけられているので、出張中にパソコンワークをする際に使いやすいです。

ホテルインターゲート金沢

デスクの引き出しに入っている美品は、ケーブル類が入ったポーチ、クリーニングの伝票、ホテルの宿泊約款、折りたたみミラーなど。

ホテルインターゲート金沢

ポーチには、LANケーブルとマルチ充電器が入っていました。

ホテルインターゲート金沢

廊下にはハンガーや靴べらなどがかけられ、折りたたみ式のバゲージラックも置いてあります。

壁に洋服などをかけられるため、クローゼットはありません。

ホテルインターゲート金沢

部屋の入口には浅いくぼみがあり、荷物などを置いたりバッグやコートを掛けられるフックがついています。

スリッパは繰り返し使うことができるタイプで、環境に配慮していて良いと思いました。


お風呂とトイレは独立している?

ホテルインターゲート金沢

ダブルルームのお風呂は、トイレと一緒になったユニットバスになります。

個人的にユニットバスは好きではありませんが、男女別の大浴場があり、ゆっくりと入浴できるので不便さは感じませんでした。

なお、コーナーダブルルーム、ハリウッドツインルーム、トリプルルームなど、一部の客室ではお風呂とトイレがセパレートになっています。

バスルームのアメニティ

ホテルインターゲート金沢

バスルームの棚にはアメニティ類が置いてあります。

茶色い巾着袋に入っているのはドライヤーで、アメニティグッズは容器に入っていました。

ホテルインターゲート金沢

容器に入っているアメニティグッズは、歯磨きセット・綿棒・カミソリ・ヘアブラシ。

必要最低限のものは揃っています。

ホテルインターゲート金沢

大きなボトルに入ったシャンプー・コンディショナー・ボディソープのブランドは、ポーラのカラハリ(KALAHARI)でした。

チェックイン時にもらったレディースセット

ホテルインターゲート金沢

女性はチェックイン時にレディースセットをもらえるみたいです。

今回は2泊したため、2セットをいただきました。

ホテルインターゲート金沢

レディースセットのに入っていたものは、ウテナ プレミアムエルリの化粧水2個・乳液2個・クレンジングオイル1個・洗顔料1個・ヘアゴム1個・コットン1袋でした。

館内着とナイトウェア

ホテルインターゲート金沢

ベッドの上には館内着(ナイトウェア)と、大浴場に行くときにタオルなどを入れる袋が置いてあります。

ホテルインターゲート金沢

館内着はグレーの上着とブラックのパンツの作務衣タイプ。

サイズはフリーで、サラッとした肌触りの布地で作られています。


伝統文化を取り入れた共用部

ホテルインターゲート金沢

ホテルの共用部は、金沢の伝統文化が取り入れられています。

ホテルインターゲート金沢

1階のエレベーターホールの棚には、金沢に関する書籍や工芸品が。

ホテルインターゲート金沢

客室階のエレベーターホールも、金箔風の壁や伝統の紋様などが取り入れられ、金沢らしい美しい空間だと思いました。

観光名所に近く静かな立地

ホテルインターゲート金沢

ホテルインターゲート金沢の場所は、金沢駅からバスに乗って尾山神社バス停からすぐ。

バスの本数も多いため、それほど不便を感じずに移動できました。

また、金沢駅から歩くのは難しい距離ですが、近江町市場や金沢城、金沢21世紀美術館、香林坊など観光スポットや繁華街へのアクセスは抜群です。

バスなどが通る大通りから少し奥に入った場所にあり、周辺はマンションは住宅が多いため、夜はとても静かに過ごせました。

男女別の大浴場

ホテルインターゲート金沢

男女別の大浴場は、15時~25時・6時~10時に利用することができます。

お風呂は温泉ではありませんが、足を伸ばしてゆっくりと入浴することができるし、清掃が行き届いているので気持ちよく入浴ができました。

大浴場には基礎化粧品類やアメニティグッズが置いてあるので、ブランドにこだわらなければ、タオルだけ持っていけば困ることはありません。

自販機とコインランドリー

ホテルインターゲート金沢

コインランドリーは有料です。

最近は、コインランドリー・大浴場・朝食会場の空き状況が部屋のテレビで分かるホテルが増えてきましたが、インターゲートホテル金沢は確認することができないのが少し残念かも。

また、全自動洗濯乾燥機が2台しかないため、誰かが使っていると待ち時間が長くなるかもしれません。

ホテルインターゲート金沢

自動販売機は一般的な値段に設定されていました。

まとめ

ホテルインターゲート金沢

2019年3月に新築オープンしたホテルインターゲート金沢。

ラウンジの無料サービスなどあり、口コミが良かったので泊まってみることにしました。

最初は駅からバス便なのが気になりましたが、観光するのにバスに乗ることも多いし、1日乗車券を買ってしまえば交通費も気になりません。

観光スポットへのアクセスが良く、ラウンジサービスも充実していて、泊まってよかったと思えるホテルでした。


ホテルインターゲート金沢の詳細


>>ホテルインターゲート金沢の予約と詳細はこちらから

住所:石川県金沢市高岡町2-5

電話番号:076-260-7200

最寄駅:金沢駅
・兼六園口(東口) 7(左回りのみ)・8・9・10番乗り場からバスに乗車。「南町・尾山神社」バス停下車すぐ
・タクシーで約5分
・金沢駅から徒歩約20分

駐車場:なし(提携駐車場なし・近隣のコインパーキングを利用)

チェックイン: 15:00-24:00
チェックアウト: 11:00

大浴場:あり(温泉ではない)

コインランドリー:あり

電子レンジ:なし

宿泊者専用ラウンジ:あり

自動販売機:あり

※このページの情報は宿泊時のものです。現在はサービス内容や仕様が変更になっている可能性があるため、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。