ハウステンボスのイルミネーションの旅行記

JR長崎駅からシーサイドライナーに乗ってハウステンボスに行ってきました。

このページでは、ハウステンボス イルミネーション光の王国の見どころやグルメ情報を紹介。

[スポンサーリンク]

なお、このページは前の旅行記「ハウステンボスのイルミネーション光の王国を見た感想」の続きになります。

前の旅行記は、下のリンクをタップしてご覧ください。

>>長崎駅からハウステンボスへ行った感想|行って分かったイルミネーションの見どころやグルメ情報

観覧車に乗ってイルミネーション鑑賞

ハウステンボスのイルミネーションを観覧車に乗って鑑賞

光のドラゴンロボットを見てビックリしたあとは、真っ白な光の観覧車に乗って、上空からイルミネーションを楽しみました。

観覧車に乗ると、ハウステンボスのイルミネーションの全体を見ることができます。

上から眺めるハウステンボスの街並みは、地上から見るのとは違う美しさ。

ハウステンボスイルミネーションに1泊2日で見に行った感想

イルミネーションを見ていると、あっという間に一周していました。

光の観覧車は700円の料金がかかりますが、パスポートを持っていれば600円で乗ることが可能です。

有料だけど、ぜひ乗ってみてくださいね。

傘が揺れる光のアンブレラストリート

ハウステンボスの光のアンブレラストリートはインスタ映えする撮影スポット

光のアンブレラストリートは、アーケードの天井に吊り下げられた、カラフルな傘とイルミネーション。

音楽に合わせて、イルミネーションの色が変化して不思議な空間を作り出しています。

ハウステンボスのイルミネーションを見るのにおすすめの時期はいつ?

風が吹くと傘とイルミネーションが揺れて、なんともいえない美しさ。

また、光のアンブレラストリートは、光のパレードのカートが通過する場所にもなります。

12月なので、サンタクロースが乗ったカートが通り抜けて行きました。

有料になりますが、光のパレードのカートに乗って楽しむこともできます。

子どもたちが大喜びで、カートに乗っているのが印象に残りました。

最後の食事は、ちゃんぽん専門店の悟空で身体を温める

ハウステンボスの夕食は長崎ちゃんぽん悟空で食べました

九州だからそれほど冷えないと思っていたら、海に面しているハウステンボスは、冷たい風がビュービュー吹いていて大阪や神戸より寒く感じました。

気がついたら身体が冷え切っていたので、夕食はちゃんぽん専門店の悟空で食べることに。

長崎で食べたちゃんぽんは、牡蠣が入っていて魚介の味が濃厚でしたが、悟空のちゃんぽんは牡蠣が入っていなくてあっさりめ。

今まで、リンガーハットしか知らなかった私達にとっては、どれも美味しいと思える長崎ちゃんぽんでした。

ハウステンボスの食事とレストラン

ちゃんぽんと半チャーハン他に頼んだお料理は、小籠包4個入り。

熱々のスープがたっぷりで、冷えた身体に染み入ります。

ちゃんぽんだけでは足りない夫は、半チャーハンも注文。

炭水化物をたくさん食べて、大満足だったようです。

雅美としては、ハウステンボスの雰囲気に合うオシャレなレストランに入りたかったけれど、身体が暖まってよかったかも。

でも、ハウステンボスで人気の、佐世保名物のレモンステーキを食べたかったなぁ。

カナルクルーザーで出国ゲートまで移動

ハウステンボスのイルミネーションのブログ

ちゃんぽん専門店悟空は、ホテルオークラから遠い場所にあるため、食事の後はカナルクルーザーに乗って出口近くまで移動しました。

ハウステンボスのイルミネーションを見に行ってきました

カナルクルーザーを降りたら、光の風車を見ながら出口に向かって歩きました。

プロジェクションマッピングも見たかったのですが、あまりの寒さに断念。

九州だから温かいと思ってしまいがちですが、海風が吹くうえに山に囲まれたハウステンボスはとても極寒でした。

次は、時間を考えながら計画的に周りたいと思います。

ハウステンボス2日目はまったりと過ごす

ハウステンボスの花畑と風車の画像

1日目は曇り時々雨というあいにくの天気でしたが、2日目は天気に恵まれました。

昼間の風車もフォトジェニックで良い感じ。

うしろの大きな建物が、今回泊まったホテルオークラJRハウステンボスです。

ハウステンボス内にあるJRA場外馬券場は土日祝日のみ営業

びっくりしたのが、JRAの場外馬券売り場。

ハウステンボスの景観に溶け込んだ、ヨーロピアンな建物が場外馬券というから驚きです。

ハウステンボスに興味がないお父さんが、お母さんや子供と別行動をしてここで遊ぶのかな?

ハウステンボスのアムステルダム広場

1~2月は仮面舞踏会が開かれるアムステルダム広場。

ヨーロッパのような街並みを、のんびりと散策しました。

[スポンサーリンク]

カフェデリ・プリュでスイーツを堪能

ハウステンボスのカフェプリュでケーキセットを食べた感想

2016年福岡洋菓子技術コンテスト最優秀賞を受賞した、パティシエ三浦氏のスイーツやサンドイッチが揃うカフェ・デリ・プリュ。

歩き疲れたので、スイーツをいただきながら少し休憩しました。

カフェデリ プリュでスイーツタイム

注文したのは、フルーツがたっぷりと乗ったプリンとカフェオレ。

優しい甘さのプリンと、新鮮なフルーツがウマウマです♪

春や秋の過ごしやすい季節なら、テイクアウトしてハウステンボス園内のお気に入りの場所で食べるのもステキですね。

カフェで休憩した後は、昨日に続いてハウステンボス歌劇団のショーを観劇。

ショーを堪能して、ハウステンボスを後にしました。

バスに乗って長崎空港へ

ハウステンボスから長崎空港へのアクセス

2日目の午後は、長崎空港から神戸空港に移動するスケジュール。

チェックアウトのときに荷物を預けておいた「ホテルオークラJRハウステンボス」に荷物を取りに行って、ハウステンボス入園口近くのバス停へ移動。

少し慌ただしいと思いつつ、アクセスが良い空港連絡バスに乗って長崎空港へ向かいました。

空港行きの路線バスは、始発の佐世保からハウステンボスを経由して長崎空港まで運行。

一般道を通る区間が長いため、予定時刻より遅れることもしばしばです。

この日も、予定時刻より15分弱遅れてハウステンボスのバス停に到着。

ハウステンボスから長崎空港までは渋滞もなく、空港には予定通りの時間に到着しました。

バスで空港に向かう場合は、飛行機に乗り遅れないように、時間に余裕をもってバスに乗るようにしましょう。

ハウステンボスイルミネーション2017-2018の開催期間

ハウステンボスの光の天空カフェに行った人のブログ

ハウステンボスの2017年から2018年のイルミネーションが始まっています。。

開催期間は、2017年11月3日(金)から2018年5月6日(日)まで。

今年は新しいイルミネーションスポットも登場☆

イルミネーションを上から眺めることができる「光の天空カフェ」と、パレスハウステンボスでは、全長110メートルものプロジェクションマッピングが上映されます。

2017年から2018年のイルミネーションも、見ごたえ充分な内容になっています。

2017年12月にハウステンボスに行って、光の天空カフェやプロジェクションマッピングを見た感想は、下のリンクからご覧ください。

>>ハウステンボス イルミネーション2017-2018の感想|見どころとグルメ情報

まとめ:ハウステンボスは計画的に周るべし

ハウステンボスから長崎空港へのアクセス
【長崎空港の龍のランタン】

ハウステンボスの敷地はとても広く、無計画に周ると大きな時間のロスに。

花の王国・光の王国・ゲームの王国・健康と美の王国・ロボットの王国のエリアに分かれていて、さまざまなアトラクションを楽しむことができます。

ショーやプロジェクションマッピングなどの開催時間は、スマホのアプリで見たいものだけをピックアップが可能。

アプリを利用すれば効率よく周れます。

ハウステンボスのイルミネーションを見るのにおすすめの時期はいつ?

たくさんのアトラクションがありますが、好き嫌いが大きく分かれそうなものも多く、怖いものが苦手な私達は数あるホラー系アトラクションには一切入りませんでした。

なお、昼間に楽しむアトラクションやショーに興味がないと、正直言って時間をつぶすのに苦労すると思います。

もし、イルミネーションだけを見たいのなら、昼間はハウステンボスから近い波佐見焼や有田焼の窯元めぐりなどの観光をして、夜から入場できるチケットでイルミネーションを見るのも良いかもしれません。

また、夜の人気イベントとなっているプロジェクションマッピングですが、上映回数がとても少ないです。

時間を考えて回らないと見逃してしまうため、ショーの開催時間をチェックして計画を立てて園内を周ってくださいね。