ハウステンボスに旅行した人のブログ

ハウステンボスのイルミネーション「光の王国2018-2019」を見に行ってきました。

ハウステンボス光の王国は、夜景鑑賞士が選ぶランキング「イルミネーションアワード」総合エンタテインメント部門ランキングで6年連続1位を獲得。

このページでは、ハウステンボスのイルミネーションの見どころや、2018-2019年シーズンに新たに登場したスポットを中心に紹介します。


風車とレインボーフラワーガーデン

ハウステンボスのブログ

入園すると最初に目に入るのが、ハウステンボスのキャラクター「チューリーちゃん」。

タイマー撮影用のカメラ台もあり、記念撮影スポットにもなっています。

ハウステンボスイルミネーションのレポ

運河沿いの通路を進むと、3基の水車とレインボーカラーに輝くフラワーガーデンが。

毎年同じ風景ですが、何度見ても癒やされます。

新スポットの噴水ショー

ハウステンボスの噴水ショーのレビュー

光の王国2018-2019に新しく登場した噴水ショー。

ルパン三世のテーマソングや洋楽に合わせて形が変化する噴水は、なかなかダイナミック。

ハウステンボスの噴水ショーの口コミ

噴水ショーは無料で見ることができますが、無料エリアは正面から見ることができません。

500円の特別観覧席は、椅子に座って正面からショーを見ることができます。

正面から見たほうが綺麗だと思いますが、500円出すのはもったいない気がして無料エリアで観覧しました。

※レビューザハウステンボス(ハウステンボス歌劇団)の有料席を予約して、3公演で3,000円使ってしまったので節約しました。


アートガーデンと光のカスケード

ハウステンボスの見どころは?

上の画像は、「光の天空カフェ」に続く光のカスケード。

光のカスケードは、光のアートガーデンの中央を流れる水路の上に作られた、長さ約45mの透明な道です。

光のカスケードは透明な板で作られているので、青く輝く水の上を歩いているような感覚に。

ハウステンボスイルミネーションの画像

なお、イルミネーションの上に浮かんでいるような感覚を味わえる「光の天空カフェ」を利用した感想は、以前の投稿でご覧いただけます。

>>ハウステンボス イルミネーションの新スポット「光の天空カフェ」に行ってみた

ハウステンボスの旅行記

ハウステンボスの人気イベント「バラ祭」のメイン会場になるアートガーデン。

2018年の秋から冬にかけては暖かな日が多く、12月とは思えないほど、綺麗に咲いているバラがたくさんありました。

ハウステンボスの感想

光のアートガーデンの隅には、クリスマスっぽいカップ型のイスも。

座って撮影すれば、ステキな記念写真が撮影できそう。

雅美は1人なので、もちろん撮りませんでした。

キャンドルが灯る光の教会

ハウステンボスの光の教会の開催期間は?

パレスハウステンボスの手前にある教会では、期間限定で「光の教会」を開催。

光の教会の開催期間は、12月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)・25日(火)になります。

ハウステンボスの期間限定イベント「光の教会」の画像

教会のバージンロードには、瓶に入ったキャンドルが並べられ、ゆらゆら揺れる灯火で幻想的な雰囲気に。

ハウステンボスの期間限定イベント「光の教会」に行ってみた

実際に見ると画像よりずっと美しく幻想的なのですが、カメラの性能と腕の悪さでステキな雰囲気が今ひとつ伝わらない予感。

開催日にハウステンボスに行く予定がある方は、ぜひ光の教会にも立ち寄ってくださいね。

パレスハウステンボスのプロジェクションマッピングのテーマは白雪姫

パレスハウステンボスで開催されるプロジェクションマッピングと、クラシック音楽が流れるイルミネーションショーは昨年と同じだったので感想は割愛。

プロジェクションマッピングとイルミネーションショーについては、以前の投稿をご覧ください。

>>ハウステンボス イルミネーション2017-2018|プロジェクションマッピングを有料席で見た感想

定番の撮影スポット

ハウステンボスの光のアンブレラストリートの画像

ハウステンボス定番の撮影スポット「光のアンブレラストリート」。

ハウステンボスの光のアンブレラストリート

音楽に合わせてアンブレラの柄に付けられたLEDの光が変化する間、70~80年代の洋楽が流れてノリノリの気分になれます。

ハウステンボス光の王国イルミネーションの口コミ

アンブレラストリートの横にある噴水広場には、高さ30メートルもある「光の天空ツリー」が。

ハウステンボス光の王国イルミネーションの感想

天空ツリーの周りには、光のアート作品が並びます。

ハウステンボスイルミネーションの画像

上の画像は、天空ツリーの隣のエリアになるスリラーシティ。

イルミネーションショーやプロジェクションマッピングも必見です。

光と音楽の運河パレードショー

ハウステンボスイルミネーションのレビュー

2018-2019の新イベント「光と音楽の運河パレードショー」。

運河横の歩道や橋の上から無料で観覧することができますが、運河沿いの有料席で座って観覧することもできます。

ハウステンボスの新しいショーは生演奏が聴ける光と音楽の運河ショー

今回は、有料席でのんびりと観覧。

イルミネーションで装飾された何艘ものカナルクルーザーには、ロック・クラシック・ポップスの楽団員や劇団員が乗り、生演奏をしながらゆっくりと運河を進みます。

新しいショーは生演奏が聴ける光と音楽の運河ショー

色々なジャンルの音楽の生演奏を聴けるけれど、昨年まで開催されていたレビューザハウステンボス(ハウステンボス歌劇団)の水上ショーがなくなったのが残念。

カナルクルーザーで演奏される音楽を聴きながら、素敵すぎるダンスを見ることができる「水上ショー」が復活してほしいなと思うのでした。


光のロボットドラゴンは内容が変更に

光のロボットドラゴンの画像

昨年までは広場を動くショーも開催されていた「光のロボットドラゴン」。

炎を吐くロボットドラゴンのショーは今シーズンは中止に。

(実昨年までのショーの内容だと、中止になるのは当たり前かもという感じ。)

ハウステンボスの光のドラゴンロボット

今シーズンは、音楽に合わせてドラゴンの首や顔が動くだけの内容になっています。

200円でドラゴンに乗ることもできますが、ドラゴンが移動するわけではないから意味がないかも。

パレスハウステンボスと大胡蝶蘭展

ハウステンボスの冬のイベントは大胡蝶蘭展が人気

冬になると毎年パレスハウステンボスで開催される「大胡蝶蘭展」。

綺麗な写真が撮影できるスポットしても人気です。

ジャングルにいるような大胡蝶蘭展

今年は、密林の中に咲く野生のランという雰囲気。

作品のテーマは「楽園の間」で、昨年とは真逆のイメージです。

ハウステンボスの大胡蝶蘭展に行ってきました

「楽園の間」と「リースの間」を抜けると、「鏡の間」が現れます。

鏡で囲まれたトンネル一面に、白い胡蝶蘭がギッシリ。

ハウステンボスの大胡蝶蘭展の写真

シルバーとホワイトの万華鏡のような空間は、歩いているうちに不思議な感覚に。

ハウステンボスの花は一年中楽しめます

ミラーボールと胡蝶蘭が吊るされた「きらめきの間」。

天井を見上げると、白い胡蝶蘭のシャンデリアが。

ミラーボールがキラキラと輝いて、胡蝶蘭の美しさを際立たせています。

ハウステンボスの胡蝶蘭のトンネル

「きらめきの間」のつぎは、胡蝶蘭のトンネルが続く「迷宮の間」。

ハウステンボスのランのトンネル

最初は白い胡蝶蘭のエリアから始まり、淡いピンクの胡蝶蘭に変化します。

パレスハウステンボスの大胡蝶蘭の画像

淡いピンクの胡蝶蘭から濃いピンクに変わり、ふたたび白い胡蝶蘭に。

ハウステンボスの花の見頃

最後はピンク・白・イエローなどの胡蝶蘭がミックス。

昨年の胡蝶蘭のトンネルよりもキレイだと思いました。

それでもメインは歌劇団

ハウステンボス歌劇団の感想

ここまでイルミネーションの感想を中心に書いてきましたが、ハウステンボスを何度も訪れるのはレビューザハウステンボスが見たいから。

今回は、「優雅 with WING 心を込めて・・・ Merry Christmas」とチームシャインの役替り公演「海を渡る月影」を見ることができました。

ホテルオークラJRハウステンボス」に2泊して、レビューザハウステンボスの公演がない昼間はホテルで仕事したり温泉大浴場に入ったり。

夜は公演の合間にイルミネーションを見るというスケジュール。

身体を動かして楽しめるアスレチックや恐怖を味わえるスリラータウン、さまざまなゲームを楽しめるアトラクションがありますが、今回も全く利用せず。

レビューザハウステンボスを観るためだけに、年間パスポートを更新し続けているんだなと実感しました。

まとめ:今年のイルミネーションも見どころ満載

ハウステンボスのイルミネーションを見に行ってきた

毎年、規模が拡大しているハウステンボスのイルミネーション。

今シーズンも美しい光の街並みや、イルミネーションショーを楽しむことができました。

昼間のハウステンボスの見どころは?

昼間のハウステンボスは、光に彩られた夜とは違う、ヨーロッパを歩いているような雰囲気を楽しむことができます。

雅美はレビューザハウステンボスの公演を観ることを中心に、ハウステンボスを楽しんでいますが、ゲームをしたりホラー系のアトラクションを楽しんだり、アスレチックで遊んだり、さまざまな楽しみ方ができるのがハウステンボスの魅力。

少しずつ料金が高くなっているのは気になるけれど、おそらく来年も年間パスポートを更新するんだろうなと思いながら、レビューザハウステンボスの公演とイルミネーションを堪能しました。