ホテルトラスティ阿倍野のシングルルーム

ホテルトラスティ大阪阿倍野のシングルルームに、朝食バイキング付きプランで宿泊しました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野は、天王寺駅やあべのハルカスにとても近い、アクセスの良さが魅力のビジネスホテルです。

このページでは、天王寺駅からつながった地下道のアクセスと、客室のアメニティ、朝食バイキングを食べた感想を紹介します。


落ち着いた雰囲気のロビー

ホテルトラスティ大阪阿倍野のロビー
【ホテルトラスティ大阪阿倍野のロビー】

ホテルトラスティ阿倍野のロビーは、ダークブラウン・ブラック・グレーを使った、シックで落ち着いた雰囲気でまとめられています。

ロビーは明るめの床に、ダークカラーのテーブルと円形に置かれたソファで、上品な印象の空間に。

ホテルトラスティ阿倍野

客室フロアのエレベーターホールと廊下は、暗めの照明で落ち着いたな雰囲気です。

通路は、誰かとすれ違っても狭さを感じない程度の幅がありました。

シングルルームのインテリア

ホテルトラスティ大阪阿倍野のシングルルーム

シングルルームはの広さは約14m平米で、幅130センチのセミダブルベッドが1台設置されています。

ダークブラウン・ブラウン・ベージュがメインのインテリアに、暗めの間接照明で、落ち着いて過ごせる雰囲気に。

面積はそれほど広くありませんが、空間をうまく使うように設計してあり、出張や一人旅などで泊まるには問題ない広さです。

今回は夫婦2人で泊まりましたが、22時過ぎにチェックインして、7時半にはチェックアウトするスケジュール。

多少窮屈でもいいと思い、シングルルームの2人ユースプランで予約をしました。

2人で宿泊するには部屋は狭いけれど、お風呂に入って眠るだけなので、狭さは感じるものの普通に眠れました。


客室のアメニティ

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティ

45cm位の奥行きがあるデスクは、パソコンや書類を広げても狭さを感じにくいサイズ。

出張でホテルで仕事をしたいときでも、余裕で仕事ができますね。

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティ

デスクの横にはテレビが置かれ、テレビ台の下には冷蔵庫・食器・コーヒーなどがセットされています。

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティ

テレビの横には、幅25cm位のクローゼットスペースが。

クローゼットスペースには、ハンガー4本・バゲージラック・消臭剤・室内用スリッパなどが入っていました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティ

テレビの下には、冷蔵庫とドリンクセットが収納されています。

テレビ横の棚には、食器類と電気ケトルなどが入っていました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野の冷蔵庫

冷蔵庫の中にはドリンクが入っていますが、有料になります。

通常は有料ですが、ホテルトラスティの無料会員に登録していれば、1人につきドリンク1本が無料になるサービスか、チェックアウトを1時間遅くできるサービスを受けられます。

私は会員登録しているので、ミネラルウォーターを1本いただきました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティ

備え付けの食器は、マグカップとグラスの2種類。

ほうじ茶と緑茶のティーバッグは無料で、使い捨てカップのコーヒーセットは有料になります。

有料のコーヒーは1杯250円(もしかしたら350円)で、高いなーと思いました。

部屋でコーヒーを飲みたいときは、天王寺駅周辺のコーヒーショップやコンビニなどで、テイクアウトするのがオススメです。

客室のバスルーム

ホテルトラスティ大阪阿倍野のバスルーム

シングルルームのお風呂は、コンパクトなユニットバスになります。

ユニットバスの一部の壁は、ブラックカラーになっていて、落ち着いた印象。

バスタブも小さめなので、男性が入るには少し窮屈かもしれません。

床はブロック柄になっていて、デザインにこだわりを感じました。

バスルームのアメニティグッズ

ホテルトラスティ大阪阿倍野のアメニティグッズ

上の画像は、バスルームに置いてあるアメニティを並べて撮影しました。

バスルームのアメニティグッズ
  • 綿棒
  • コットン
  • ヘアゴム
  • シャワーキャップ
  • カミソリ
  • ヘアブラシ
  • 歯ブラシ

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは、シルバーのホテルオリジナル容器に入っています。

ホテルのロゴがデザインされているだけの容器なのでで、シャンプーのブランドは不明。

ホテルトラスティのシャンプー
【ホテルトラスティ神戸居留地のシャンプー】

シャンプーの容器は写真を撮り忘れたので掲載していませんが、ホテルトラスティ神戸旧居留地と全く同じでした。

朝食バイキングを食べた感想

ホテルトラスティ大阪阿倍野の朝食バイキング

ホテルトラスティ阿倍野の朝食は、テラスカフェバーでの和洋食バイキングとなっています。

どちらかというと、料理は洋食が多い印象です。

ホテルトラスティ大阪阿倍野の朝食バイキング

パンはテーブルロールとクロワッサン、食パンの他にフレンチトーストも並んでいました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野の朝食バイキング

温かい料理コーナーには、カレー・グラタン・ローストビーフなどが。

和食は、焼き魚・納豆・漬物など、一通り揃っていました。

同じくらいの料金で宿泊できるビジネスホテルと比較すると、いたって普通のお味。

お料理の種類も、それほど多くはなく、少なくもないといった印象です。

すごく美味しいものはないけれど、すごく不味いということもない、普通に食べられる朝食バイキングだと思いました。

ホテルトラスティ大阪阿倍野の朝食バイキング

レストランは大きな窓があり、明るい雰囲気。

朝食開始時刻の7時にはレストランに行ったため、空席が多くゆったりと食べることができました。


天王寺駅から地下道を通る行き方

ホテルトラスティ大阪阿倍野の入口

ホテルトラスティ阿倍野は、天王寺駅と地下道でつながっています。

地下道を使えば、雨などの悪天候でも濡れる心配はありません。

地上に出ることがなく、段差や階段も少ないので、ホテルまでスムーズに行くことができます。

JRを利用する場合は、天王寺駅中央改札口を出て左に進み、地下道に続くエスカレーターか階段を降りて地下道へ。

12番出口を目指して歩くと動く歩道がありますが、動く歩道に乗らずに歩くと、三菱東京UFJ銀行の看板が見えてきます。

ホテルトラスティ大阪阿倍野
【HOTEL TRUSTY OSAKA ABENOの看板】

銀行に向かって歩いて行くと、左側にエレベーターがあります。

エレベーターに乗って3Fに移動。3Fで降りると、ホテルトラスティの看板があり、まっすぐ進むとフロントに到着です。

まとめ

今回はホテル滞在時間が短いスケジュールだったため、セミダブルベッドのシングルルームを2人で使う、格安プランで宿泊しました。

セミダブルベッドが設置されたシングルルームだったので、2人で使うと狭いですが、ホテル料金が高騰している大阪では良心的な料金で泊まれると思います。

また、ホテルトラスティ阿倍野の大通りを挟んで向かい側には、観光名所のあべのハルカスが。

狭い路地を挟んだ向かい側が、ヴィアあべのウォークとなっています。

ショッピングや飲食店が充実していて、とても便利な立地なのも良いと思いました。

夜遅くにホテルに戻るときも、駅から地下道でホテルに行けるため、女性が1人で宿泊する際も危なくないというメリットも。

大阪ミナミの観光名所「新世界」へも徒歩圏内で、御堂筋線を使えば、心斎橋・なんば・梅田(大阪駅)までも乗り換え無しで行けるアクセスの良さも魅力。

梅田や難波のホテル料金が高い、空きがないという時に、宿泊するのにオススメのホテルです。

ホテルトラスティ大阪阿倍野の詳細


>>ホテルトラスティ大阪阿倍野の宿泊プラン一覧と予約はこちらから

  • 住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-10-300
  • 電話番号:06-6530-0011
  • 最寄り駅:各線 天王寺駅(地下道直結12番出口)
  • 駐車場:あべのルシアス提携駐車場(1泊2,500円)
  • チェックイン: 15:00-28:00
    チェックアウト: 11:00
  • 自動販売機:あり
  • コインランドリー:なし
  • 大浴場:なし
  • 電子レンジ:なし
  • ネット接続:無線LAN・有線LAN

※このページの内容は宿泊時のものです。現在は変更になっている場合もあるので、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。