セトレグラバーズハウス長崎の宿泊者専用ラウンジ
【ラウンジ樂】

セトレグラバーズハウス長崎に宿泊しました。

このページでは、長崎独特の食文化「和華蘭料理」を楽しめる朝食バイキングを食べた感想と、宿泊者専用ラウンジのフリードリンク制度を中心に紹介します。

なお、宿泊した客室(デラックスツインルーム)の間取りやアメニティについては、前のページで紹介しています。


フリードリンクの宿泊者専用ラウンジ

セトレグラバーズハウス長崎のフリードリンク

セトレグラバーズハウス長崎の宿泊者は、1階のラウンジ「樂」でソフトドリンクやアルコールを自由に飲むことができる、ドリンクオールインクルーシブル'(フリードリンク)になっています。

また、ラウンジ樂には260冊もの長崎に関連する書籍や雑誌が揃っていて、好きなドリンクを飲みながら読書をするのもオススメ。

ホットドリンク用のカップ&ソーサーは、手作り感たっぷりの波佐見焼。長崎の文化を感じられるです。

セトレグラバーズハウス長崎のフリードリンク

ドリンクの他には、コーヒーーに合うクッキーや、おつまみにピッタリなナッツなどもそろっています。

セトレグラバーズハウス長崎のフリードリンク

ソフトドリンクやアルコールはセルフサービスとなっています。

セトレグラバーズハウス長崎のフリードリンク

ビールの銘柄はハートランドビール。ドリンクはセフルサービスですが、ビールだけは注文するとホテルの方がグラスに注いでくれます。

私はお酒が飲めないので、コーヒーを2杯いただきました。

朝食は和華蘭料理とハーフバイキング

セトレグラバーズハウス長崎

セトレグラバーズハウス長崎の朝食は、和華蘭(わからん)料理のお膳とハーフバイキングの組み合わせになります。

朝食の時間は予約制で、座席数が少ないレストランでゆったりと食事をすることができます。

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

上の画像は、1人分ずつ盛り付けられた「和華蘭料理」のお膳。

和華蘭料理とは、貿易で栄えた長崎ならではの食文化で、「和=日本・華=中国・蘭=オランダ」の3つの国の食文化がごちゃまぜになったものが和華蘭料理です。

セトレグラバーズハウス長崎の波佐見焼のお茶碗
【好きなものをチョイスできる波佐見焼のご飯茶碗】

まずは、波佐見焼のお茶碗から好きな物を選んでテーブルへ。

波佐見焼は手頃な価格で販売されている「庶民の器」と呼ばれる焼き物で、可愛らしくて日常使いしやすいデザインが特徴です。

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

おひつで提供されるこだわりのご飯を、自分で選んだお茶碗によそっていただきます。

おひつに入ったご飯は、お茶碗に5杯分くらい入っていました。

朝食のお品書き

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング
【長崎の味・和華蘭料理】

私が泊まった日の和華蘭料理お膳のメニューです。

  • 手作り豆腐 あご入り醤油
  • 黒ゴマと茸のフラン
  • 落水商店の太陽卵の温泉卵
  • 雲仙ハムの黒こしょう焼き
  • 長崎産旬魚の焼魚と長崎かまぼこ
  • おたくさ揚げ・ブロッコリー
  • 川口農園の紅はるか芋とエビスカボチャのサラダ
  • 炊きたてごはん
  • あごだしのお味噌汁
  • 長崎みかんジュース
  • お手製漬物

ハーフバイキングのメニュー

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

和華蘭料理のお膳以外はハーフバイキングになっていて、好きなものを好きなだけ食べることができます。

バイキングコーナーに行ってみると、パンやサラダ、フルーツなどが並んでいました。

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

【ある日のハーフバイキングの料理】

  • 清風堂のカステラ(プレーン・チーズ)
  • 落水正商店の太陽卵
  • 茂木「オロンベーカリー」のパン
  • 秋月園のそのぎ茶
  • サラダ
  • フルーツヨーグルト
  • 季節のフルーツ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ジャスミンティー

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

こちらはカステラ2種類と、あご醤油。長崎で愛される調味料や食品が並びます。

和華蘭料理だけでもかなりのボリュームがありましたが、バイキングコーナーを見ていたら、大好きなパンやカステラも食べたくなってお皿に取り分け。

セトレグラバーズハウス長崎の朝食バイキング

お腹いっぱいなのに、ついついパンやカステラ、フルーツをおかわりして食べちゃいました。

朝食を食べすぎてしまい、チェックアウトの時間ギリギリまで部屋で休憩。

旅行を楽しんでいるうちに身体が重くなってきたので、体重計に乗れない日々がしばらく続きそうです。


まとめ

セトレグラバーズハウス長崎

長崎ならではの味を楽しめるハーフバイキングの朝食は、波佐見焼のお茶碗の中から好きなデザインを選ぶことから始まり、ワクワクしながら食べることができました。

和華蘭料理お膳はボリュームもたっぷりあり、名物のカステラやお茶を楽しめるのも良いと思います。

上の画像はホテルのエントランス。12月だったので、入口にはシックなツリーが飾ってありました。

ホテル全体が南欧風にまとめられ、クラシカルな雰囲気の非日常空間で寛ぐことができます。

また、部屋によってインテリアが違っているので、次に泊まる時はどんな部屋になるかも楽しみです。

セトレグラバーズハウス長崎の宿泊記|デラックスツインルームのアメニティと間取りを画像でリポ

今回泊まったデラックスツインルームのインテリアやアメニティについては、前のページをご覧ください。

セトレグラバーズハウス長崎の詳細


>>セトレグラバーズハウス長崎の詳細と予約はこちらから

  • 住所:長崎県長崎市南山手町2-28
  • 電話番号:095-827-7777
  • 最寄駅:長崎市電 大浦天主堂下駅より徒歩約5分
  • 駐車場:あり(要予約)
  • チェックイン: 15:00-24:00
    チェックアウト: 12:00
  • 自動販売機:なし
  • コインランドリー:なし
  • 電子レンジ:なし
  • 大浴場:なし
  • 宿泊者専用ラウンジ:あり
  • Wi-Fi:1階ロビーのみあり

ホテル・旅館の宿泊記リスト【長崎県】

※このページの情報は宿泊時のものです。現在は客室の仕様やサービス内容が異なっている場合があります。