ホテルメッツ水戸

ホテルメッツ水戸に、朝食バイキング付きプランで宿泊しました。

JR水戸駅から徒歩1分で、ひたち海浜公園へコキアの紅葉を見に行くのにアクセスが良いため、ホテルメッツ水戸を予約。

このページでは、朝食バイキングを食べた感想と、客室のアメニティなどについて紹介します。


和テイストの客室

ホテルメッツ水戸の客室

今回は、シングルルームの、朝食バイキング付きプランを予約。

部屋が空いているとのことで、ツインルームにアップグレードしてくださり、広めの部屋で寛ぐことができました。

ホテルメッツ水戸の客室

デュベスタイルのベッドは、ストライプの白いリネンでまとめられ、清潔感たっぷりです。

ベッドの横には、ダークブラウンカラーで落ち着いた雰囲気の、小さな丸テーブルとチェアが。

折り鶴

丸テーブルの上には、~和紙で折られた鶴が2匹並んでいました。

日本ならではの、おもてなしの心を感じます。

ホテルメッツ水戸の客室

ベッド前の壁には、テレビ台とデスクが並び、横には、加湿空気清浄機と折りたたみ式のバゲージラックが置いてあります。

テレビ下には冷蔵庫が収納されていて、冷蔵庫の横はコンパクトな食器棚になっています。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

冷蔵庫の中を見たら、無料のミネラルウォーターや、有料のドリンク類は入っていませんでした。

横の食器棚には、電気ポット・マグカップ・グラス・お茶がセットされています。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

ツインルームには3名まで泊まることができるためか、マグカップとグラスは3個ずつセットされています。

でも、お茶とほうじ茶は2個ずつでした。どうでもいい事なのですが、何でだろう?と気になりました。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

デスクの上には、マルチライプの充電器が置いてあります。

引き出しの中に入っている備品は、ホテルの案内・USBケーブル・ランドリーバッグ・クリーニング伝票など。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

こちらは、デスクの横のクローゼットです。

クローゼットの右側には、ハンガー・スリッパ・消臭スプレー・靴ベラなどが収納されています。

クローゼットの左側には、セーフティボックスが入っていました。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

上の画像は、部屋の中から入口ドアを撮影したもの。

向かって左側がクローゼット、右側の壁にはミラーが取り付けられ、ドアはバスルームの入口となっています。

入口ドアには、火災時に使う防煙フードが3個ついていて、すぐに取り出せるようになっています。

いざという時に防煙フードをかぶれば、煙を吸い込まずに避難することができて安心だと思いました。

ホテルメッツ水戸のナイトウェア

ホテルメッツ水戸のナイトウェア

ホテルメッツ水戸のナイトウェアは、ワンピース(ガウンタイプ)になります。

ツーピース(パジャマタイプ)は、置いてありません。

ナイトウェアは、綿のサラッとした布地で作られ、紺色のパイピングと、ロゴの刺繍がアクセントになったデザインです。

ガウンタイプが苦手な方は、パジャマやルームウェアを持って行くことをオススメします


客室からの眺望

ホテルメッツ水戸の眺望

今回アサインされた部屋は線路側で、窓からの眺めは上の画像になります。

JRの線路にかなり近いですが、都心部のように電車がひっきりなしに通るわけではありません。

防音対策もしっかりされているみたいで、電車の音は全く気になりませんでした。

バスルームのアメニティ

ホテルメッツ水戸のバスルーム

お風呂は、トイレと一緒になったユニットバスタイプになります。

バスタブは、標準的な体格の女性なら、足を伸ばせて入ることができるサイズ。

バスルームは綺麗に掃除してあり、臭いや湿気はまったく気になりません。

ホテルメッツ水戸のアメニティ

洗面台の横には、トレーに入ったアメニティグッズとドライヤーが。

下は、トレーに入っていたアメニティグッズのリストになります。

バスルームのアメニティグッズ
  • カミソリ
  • ヘアブラシ
  • ヘアバンド
  • コットン
  • 綿棒
  • 歯ブラシセット
  • 入浴剤

    アメニティグッズは、それぞれ2個ずつ揃っていました。

    ホテルメッツ水戸のアメニティ

    洗面台には、花王の洗顔&手洗いフォームが、バスタブの縁には、大きなボトルに入ったシャンプー・コンディショナー・ボディーソープが置いてあります。

    シャンプーのブランドは、ポーラのエステロワイエシリーズ。

    エステロワイエシリーズには、シーラベンダーとオリーブスクワランが配合されています。

    ホテルメッツ水戸のアメニティ

    タオルハンガーには、バスタオル・フェイスタオル・ボディタオルが2枚ずつかかっています。

    ビジネスホテルで、バスアメニティがこれだけ揃っていれば、充分だと思いました。

    朝食バイキングのメニュー

    ホテルメッツ水戸の朝食バイキング

    ホテルメッツ水戸の朝食は、和洋食のメニューを楽しめるバイキング形式になります。

    バイキングの料理の数はそれほどありませんが、和食と洋食が一通り揃っています。

    ホテルメッツ水戸の朝食バイキング

    和食コーナーの下の段には、日替わりの煮物・ひじきの煮物・きんぴらごぼう・梅干し・ゆで玉子。

    上の段には、焼き魚とだし巻き玉子などが並んでいました。

    玉子焼きの横には、水戸名産のカップ納豆も並んでいます。

    ホテルメッツ水戸の朝食バイキング

    洋食コーナーには、ベーコン・ウインナー・スクランブルエッグ・ポテトフライ・唐揚げなどが。

    パンは、ロールパン・デニッシュブレッド・セサミブレッド・食パン・クロワッサンがありました。

    食パン以外は小さめになっていて、何種類も食べることができます。

    ホテルメッツ水戸の朝食バイキング

    サラダコーナーに並んでいたのは、グリーンサラダ・オニオンスライス・ミニトマト・ポテトサラダの4種類。

    サラダコーナーの隣には、フレッシュフルーツのオレンジとグレープフルーツも。

    コールドドリンクは、牛乳・オレンジジュース・グレープフルーツジュース・トマトジュースの4種類です。

    ホテルメッツ水戸の朝食バイキング

    あまりお腹が空いていなかったのと、お料理もそれなりだったので、少なめにお皿に取り分けました。

    コーヒーの無料サービス

    ホテルメッツ水戸の無料コーヒー

    朝食会場となるラウンジには、コーヒーマシンが置いてあります。

    宿泊者専用のコーヒーマシンは、チェックイン後は無料で利用可能。

    ホテルメッツ水戸のラウンジ

    黄色い椅子が明るい雰囲気のラウンジで、コーヒーを飲むのも良いし、部屋に持ち帰ってゆっくりと飲むこともできます。


    コインランドリーと大浴場

    ホテルメッツ水戸のコインランドリー

    上の画像は、コインランドリー・ソフトドリンクやビールなどの自動販売機・電子レンジが設置してあるベンダースペース。

    きちんと掃除してあり、水回り特有の臭いは全く感じません。

    コインランドリーには、全自動洗濯機と乾燥機が2台ずつ並んでいます。

    コインランドリーの料金は、洗濯機は1回300円で、洗剤が自動で投入されます。乾燥機の料金は30分100円でした。

    ホテルメッツ水戸の自販機

    自動販売機には、ソフトドリンクやビール、おつまみが並んでいます。

    外の自販機と同じくらいの値段なので、コンビニに行くのが面倒なときは自販機で気軽に購入できます。

    1階のエレベーター前のラックには、朝刊が置いてありました。朝刊は、部屋に持ち帰って読むことができて便利。

    朝刊の無料サービスは、期間限定となっています。

    水戸黄門をイメージしたデザイン

    ホテルメッツ水戸のルームキー

    水戸は「水戸黄門」と呼ばれた水戸藩主の徳川光圀と、ゆかりがある土地です。

    ルームキーには、徳川家の家紋「三つ葉葵」が。

    水戸駅の近くには、徳川家ゆかりの史跡が多く、弘道館・常磐神社・徳川ミュージアムなど、見どころもいっぱい。

    また、水戸駅の近くには日本三大名園のうちの一つで、梅の名所として有名な「水戸偕楽園」も。

    エレベーターホールの前や廊下は、梅の花がデザインされたカーペットが敷いてありました。

    ちなみに、金沢の兼六園・岡山の後楽園・水戸の偕楽園が、日本三大名園とされています。

    梅の名所として知られる偕楽園ですが、桜やツツジ、夏の萩、秋の紅葉など、四季を通じて美しい庭園を楽しむことができます。

    まとめ

    ホテルメッツ水戸のエントランス
    【ホテルメッツ水戸のエントランス】

    ホテルメッツ水戸は、駅から近いわりには安い料金で泊まれるホテルでした。

    スタッフの方の対応も良く、客室は清潔でビジネスでの利用にもオススメです。

    今回は、水戸駅から「ひたち海浜公園」ネモフィラを見に行くのに宿泊しました。

    ひたち海浜公園に行くときは、また利用したいと思います。

    ホテルメッツ水戸の詳細情報


    >>ホテルメッツ水戸の詳細と予約はこちらから

    • 住所:茨城県水戸市宮町1-1-1
    • 電話番号:029-222-3100
    • 最寄駅:JR水戸駅 徒歩1分
    • 駐車場:1台1泊800円(予約制)
    • チェックイン:  15:00~
      チェックアウト: 11:00
    • 朝食時間: 6:30~9:30
    • 大浴場:なし
    • 自動販売機:あり
    • コインランドリー:あり(有料)
    • 電子レンジ:あり

    ※このページの内容は宿泊時のものになります。現在は仕様やサービス内容が異なっている場合もあるので、予約を入れる際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。