9月になってしまいましたが、7月に行った北海道一人旅のルートと食事の内容です。

仕事が多忙なのと持病の状態が思わしくなく、投稿がまったく追いついていません。

何をどうしたか忘れてしまいそうなので、忘備録をかねて宿泊したホテルや観光したルートを投稿します。

1日目:カンデオホテルズ神戸元町に宿泊

カンデオホテルズ神戸元町の宿泊記

最寄りの空港から北海道への直行便がないため、まずは神戸に移動。

伊丹か関空発の便でも良かったのですが、大好きな神戸に泊まって神戸空港から札幌移動することにしました。

朝、自宅を出て神戸についたのは夕方・・・。

うーん。自宅がある場所は、あまりにも僻地すぎます。

羽田も成田も自宅から車で1時間前後で行くことができて、北海道も沖縄も2~3時間で行くことができた以前の住居。

当時は当たり前だと思っていましたが、今になって思えば本当に便利だったなー。

2日目:札幌のセンチュリーロイヤルホテルに宿泊

センチュリーロイヤルホテル札幌の旅行記

新千歳空港から札幌までJRで移動。

札幌駅と地下道でつながっている、センチュリーロイヤルホテルに宿泊しました。

センチュリーロイヤルホテルは、美味しい朝食ランキングの上位に何年も連続で入っているので、もちろん朝食付きプランで予約。

センチュリーロイヤルホテル札幌の貯食ビュッフェのブログ
【センチュリーロイヤルホテル札幌の朝食ビュッフェ】

夕食は、スープカレーの人気店「奥芝商店」でいただきました。

奥芝商店のスープカレーを食べた感想
【ハンバーグと夏野菜のスープカレー】

スープカレーって札幌で人気みたいだけど、普通のカレーを薄くしただけでしょ?

なんて思っていたら、想像とまったく違って驚きました。

3日目:札幌から美瑛に移動してフォテージイン美瑛に宿泊

体調がどうなるか分からなかったため、2周間前に富良野のホテルを探したけれど、1人で連泊できるホテルが見つからず。

美瑛駅から徒歩圏内にあるフォテージイン美瑛に2連泊することができました。

札幌からバスで富良野に移動して、富良野から美瑛までJRで移動。

美瑛駅に荷物を預けて、タクシーで四季彩の丘へ。

美瑛の四季彩の丘の口コミ

美瑛の四季彩の丘は8月中旬ごろが花が咲きそろう一番の見ごろとなるのですが、例年7月中旬にはある程度花が咲きそろっています。

ところが、2018年は長雨・日照不足・低温で花が育たず、寂しい風景でした。ザンネン。

こぐまグループの旭川ラーメン

夕食は、フォテージのスタッフさんに教えていただいた、近所の旭川ラーメン屋さんで味噌ラーメン食べました。

4日目:フォテージイン美瑛に連泊

午前中は地元の方の案内で、美瑛の丘をめぐりましたが、あいにくの小雨模様。

思ったような写真が取れなかったけれど、雨の美瑛の丘も風情があるかも。

午後は晴れ間が出てきたので、JRでラベンダー畑駅まで移動してファーム富田へ。

ファーム富田のラベンダーも天候不良で開花が進まず、見頃まであと少しといったところ。

体調がいまいちだったので、夕食はコンビニで買ったおにぎりを食べて終了。うーん、これでいいのか?

5日目:旭川の東横インに宿泊

富良野・美瑛ではゲストハウスしか空室がなかったため、偶然キャンセルが出た旭川の東横インに2連泊。

ゲストハウスだと、思うように休むことができないので、週末にキャンセルが出てラッキーです。

JRで美瑛から旭川に移動して、ホテルに荷物を預けて、バスで上野ファームへ。

上野ファームのガーデンを歩いていると、ガーデナーさんの愛情が込められているのを感じて、すごく癒やされます。

旭川ラーメン蜂屋の口コミ

夕食は、旭川ラーメンの名店「蜂屋」さんでいただきました。

6日目:旭川の東横インに連泊

この日も、バスで上野ファームへ。

ボーッとしながら花を眺めて、草花から元気をもらいました。

朝食を兼ねた昼食は、上野ファームのカフェでいただきましたが、まさかのカメラとケータイを忘れて撮影できず。

うーん、何やってんだろ。

旭川ラーメン天金の味噌チャーシュー麺

夕食は、旭川ラーメン天金で。めちゃくちゃな食生活です。

7日目:美瑛のプチホテルピエに宿泊

東横インの無料朝食は味がイマイチで、あまり食べたくないので、旭川道の駅に出店しているベーカリー DAPAS(ダパス)でパンを購入。

道の駅旭川ダパスの絶品ソフトクリーム

美味しいサンドイッチとコーヒーで朝食に。デザートに絶品のソフトクリームをいただいて大満足。

ダパスのパンが想像以上に美味しかったので、夜ご飯用にもパンを購入。

道の駅旭川ダパスのパン

パンと荷物を持って、JRで美瑛駅に移動。

荷物を預けてから、中富良野にJRで再び移動してファーム富田へ。

少し開花が進んだものの、やっぱりラベンダーの見頃の一歩手前といった感じでした。

プチホテルピエは、富良野や美瑛では珍しい部屋にバス・トイレが付いたビジネスホテルタイプの宿泊施設。

バス・トイレが共用だと落ち着かないので、こういったホテルがあると本当に助かります。

散歩がてら、ホテルから歩いて美瑛神社に参拝。

美瑛の丘をデザインした、美しい御朱印をいただきました。

8日目:美瑛のプチホテルピエに連泊

朝食兼ランチは、美瑛駅前のレストランおきらく亭でポトフセットを注文。

美瑛おきらく亭のポトフをランチで食べた感想

ここのところ、まともな食事をしていなかったので、野菜をたっぷり食べることができて大満足。

デザートで注文したガトーショコラも美味でした。

ランチの後はJRで中富良野に移動して、彩香の里佐々木ファームのラベンダー畑へ。

ホテルに戻ってから夕食を食べようと思っていたら、疲れてしまっていて眠ってしまい夕食は抜きになりました。

1人旅だと自由なのはいいのですが、食事を抜いても文句を言う人がいないので、食生活がメチャクチャです。

9日目:運河の宿 小樽ふる川に宿泊

JRで美瑛富良野に移動して、往復バス券で富良野から札幌に移動。11時過ぎに札幌に到着。

朝食を兼ねた昼食は、よつ葉ホワイトコージでロコモコ丼ランチセットと大人気のパフェをいただきました。

運河の宿 小樽ふる川のシングルルームに、会席料理の夕食と朝食バイキング付きプランで宿泊。

お昼すぎには小樽に着くように移動して、駅でホテルの方に荷物を預けて、駅から歩いて龍宮神社に参拝。

小樽の龍宮神社の御朱印帳

龍宮神社に参拝したいがために、北海道最後の日は小樽に泊まることにしました。

小樽の龍宮神社のお守り

御朱印帳と御朱印をいただいて、辰年の夫のために龍神様の御守も授かりました。

運河の宿 小樽ふる川に泊まるのは2回目。やっぱり良い宿だと思います。

運河の宿小樽ふる川の夕食ブログ
【小樽ふる川の夕食】

今回の旅行で天然温泉に入れるのは、こちらの宿だけなので、しっかりと温泉を堪能。

立ちくらみがするのに、3回も入ってしまいました。

10日目:家に向かう

運河の宿小樽ふる川の朝食ビュッフェの口コミ
【小樽ふる川の朝食ビュッフェ】

美味しい手作り朝食を沢山食べて、小樽ふる川をチェックアウト。

小樽から新千歳空港までJRの直通電車で移動しました。

新千歳から名古屋に移動して、名古屋で仕事の打ち合わせ。(一応、ここで仕事を入れました。)

打ち合わせ後は、名古屋から地元の近くの駅まで新幹線と特急で移動。

1泊してから、翌日の午後に自宅に到着。

今回は12日の旅行プラスちょこっと仕事の出張というスケジュールに。

体調がどうなるか分からなかったので、キツキツに観光の予定を入れず、のんびりと北海道の自然を満喫。

年を追うごとに、富良野のラベンダーを見に来る外国人観光客が増えている感じがして、うるさかったり花畑に入ったり嫌な思いをすることも多くなりました。

四季彩の丘も、立入禁止の花畑に入って撮影する外国人観光客が多くて問題になっています。

美瑛の地元の方からも色々な話を聞きましたが、収入源となる畑に入られて、農作物がダメになるなどの被害も出ているとか。

嫌な思いをすることも増えてきたので、来年の夏は北海道に行くのはやめようかなと、いろいろと考える旅行にもなりました。

何はともあれ、今回もペットの世話をしながら快く留守番してくれた夫に感謝です。