羊山公園の芝桜の丘の見頃はいつ?

羊山公園 芝桜の丘は、埼玉県秩父のシンボルとも言われる武甲山の麓の斜面に、濃淡があるピンクや白、ラベンダー色などの芝桜を美しくデザインして植えられています。

羊山公園 芝桜の丘は、観光バスツアーも立ち寄る人気の観光スポット。

このページでは、芝桜の開花と見頃の時期のほか、実際に行って分かったアクセスと注意点をまとめました。

>>羊山公園のシバザクラを見に秩父鉄道で行ってみた|2018年GWの開花状況と電車利用の注意点

なお、2018年に秩父鉄道で羊山公園に行った感想と渋滞情報は、上のリンクからご覧ください。

[スポンサーリンク]

羊山公園 芝桜の丘の魅力

羊山公園 芝桜の丘のアクセス

羊山公園の芝桜の丘は斜面を利用して植えられているため、見る場所によって全く違う風景を楽しむ事ができます。

曲線でデザインされた芝桜は立つ場所や角度によって違うデザインのように見え、丘の植えから見下ろしたり谷から丘に広がる芝桜を楽しむなど長時間鑑賞しても飽きることがありません。

植えられている芝桜は2016年は約40万株。毎年拡張と増植作業が行われているので年々芝桜の株数が増えています。

東京から日帰りができる芝桜の名所としては、羊山公園は最大級の株数に。

都内からも比較的アクセスしやすいため、シバザクラが見頃を迎えると日帰りで訪れる人で賑わいます。

2018年の芝桜まつりと見頃はいつ?

羊山公園 芝桜の丘の満開と見頃はいつからいつまで?

羊山公園の芝桜は毎年4月中旬頃から見頃となり4月末から5月初旬にかけて満開のピークを迎えます。

2018年の芝桜まつりは、2018年4月13日(金)から5月6日(日)まで開催

2018年は気温が高い日が続いたため、芝桜の開花が早まり4月中旬には見ごろを迎えました。

なお、GW前半の4月28日現在で、ほとんどのエリアで芝桜の花が少なくなり見ごろが終わっている状況に。

一部だけ満開に近いエリアがあるので、GW中に芝桜の丘に行こうと思っている方は、できるだけ早く行くことをオススメします。

過去の開花状況

過去の開花情報をチェックすると、以下のようになります。

2017年の見頃の時期

5月5日:見頃の終わりで花が終わった株が増えている
5月1日:葉の緑が目立ち始める
4月25日~4月30日:見頃
4月23日:半分位咲いている状態

2016年の見頃の時期

5月1日:見頃の終わりで花が終わった株が増えている
4月28日:葉の緑が目立ち始める
4月22日~4月27日:見頃
4月17日:半分位咲いている状態

2015年の見頃の時期

5月5日:見頃の終わりで花が終わった株が増えている
5月3日:葉の緑が目立ち始める
4月25日~5月2日:見頃
4月22日:半分位咲いている状態

2014年の見頃の時期

5月7日:見頃の終わりで花が終わった株が増えている
5月4日:葉の緑が目立ち始める
4月28日~5月3日:見頃
4月25日:半分位咲いている状態

2013年の見頃の時期

5月5日:変色している花が増えている
5月1日:一部の芝桜で花の変色が始まる
4月22日~4月30日:見頃
4月18日:半分位咲いている状態

2012年の見頃の時期

5月5日:変色してくすんだ花が多くなった
4月28日~5月2日:見頃
4月24日:半分位咲いている状態

2011年の見頃の時期

5月5日:緑が多くなり目立ち始めた
4月26日~5月2日:見頃
4月22日:半分位咲いている状態

2010年の見頃の時期

5月7日:緑が多くなり目立ち始めた
4月29日~5月6日:見頃
4月18日:半分位咲いている状態

2009年の見頃の時期

5月4日:変色してくすんだ花が多くり緑も目立ち始めた
4月26日~5月1日:見頃
4月15日:半分位咲いている状態


5年間の開花データを見ると、天気や気温で開花時期や五分咲きから満開までのスピードが何日も違っています。

羊山公園 芝桜の丘の満開時期で共通しているのは、4月27~28日はほとんどの年で開花のピークを迎えているという点。

4月末以降は、その年によって開花状況が変化しています。

芝桜の最盛期を必ず見たいなら4月末を狙うようにすれば、満開の時期にあたると思われてきました。

ところが、近年の気候変動により、開花予測をしにくい状況に。

見ごろを迎えた芝桜を見るためには、開花情報をこまめにチェックして、羊山公園に行く日を決めることをオススメします。

車や電車を使ってのアクセス方法と周辺道路の渋滞は?

羊山公園 芝桜の丘の芝桜祭りはいつから?

羊山公園のアクセスは、西武秩父線の秩父駅か御花畑駅から歩く方法・マイカーやレンタカーで行く方法・バスツアーで行く方法があります。

それぞれのアクセス方法のメリットとデメリットをまとめてみました。

電車でのアクセス

電車を利用するメリットは、ほぼ時間どおりに目的地につけること。

デメリットは、乗り換えが面倒な点や駅から歩くという点です。

羊山公園は駅から離れた場所にあり最寄りの駅は以下の3駅となっていて、駅からの距離は殆ど同じ位です。

西武鉄道 横瀬駅:徒歩約1.4km
西武鉄道 西武秩父駅:約1.5km
秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅):約1.5km

西武秩父駅と横瀬駅は、池袋から特急電車レッドアローに乗れば約1時間半で到着してアクセスが良く、ゴールデンウィーク中は臨時特急電車のシバザクラ号も運休。

ただし、駅からの路線バスがないため駅から約25分ほど歩くか、歩くのが苦手なら西武秩父駅からタクシーを利用する事になります。

無料の巡回バスがゴールデンウィーク中の土日・祝日に運行していますが、1時間に1本の運行となるためオススメできません

羊山公園は駅から離れていて、歩くのが苦手な方にはアクセスが悪く大変な思いをするかも。

車でのアクセス

羊山公園は電車でのアクセスが悪いため、自家用車で羊山公園を訪れる方も多くいますが、芝桜の開花中は平日でも駐車場が大混雑し、GW中は周辺道路は大渋滞する上に交通規制もあるので注意が必要

車でのアクセスの最大のデメリットは、駐車場待ちによる周辺道路の大渋滞にはまる可能性が高い点です。

週末と祝日の昼頃は駐車場待ちで何時間も待つこともあるため、できるだけ電車を利用するようにしましょう。

また、乗り換えや歩くのが面倒なときは、クラブツーリズムやHISなどバス会社主催の日帰りバスツアーを利用する方法もあります。

渋滞の中を運転したくない方や駅から歩きたくない方はバスツアーを検討するのも良いですよ。

羊山公園の芝桜を鑑賞するバスツアーは長瀞ライン下りやあしかがフラワーパークの大藤を鑑賞するコースがあり花好きに人気となっています。

何時間待つか分からない駐車場渋滞は、イライラや疲れの原因になってしまいます。

自家用車での来園を考えているなら、確実に駐車場に入れるバスツアーも考えてみて下さいね。

移動が楽なバスツアー

羊山公園 芝桜の丘の開花状況

バスツアーは催行日が限られていて時間の制限げあるデメリットがありますが、目的地まで何もしなくても連れて行ってくれるメリットがあります。

バスツアー会社の中で一番オススメなのは、クラブツーリズム。

クラブツーリズムは、バスツアーを催行している会社の中でも花を鑑賞するツアーが豊富で、年齢層が高めなので落ち着いた雰囲気なのが人気の理由。

>>クラブツーリズム バスツアーのコース一覧と申込はこちらから


もう一つオススメなのが、はとバスツアーです。

はとバスツアーは、どのコースもお一人様参加が可能で、当日でも申し込めるコースが豊富。

急にバスツアーに参加したいときは、はとバスツアーを探してみてくださいね。

>>お一人様参加もOK!はとバスツアー一覧と申込はこちらから

毎年、羊山公園の芝桜に立ち寄るバスツアーが何種類も催行されているので、楽に移動した方は検討してはいかがでしょうか。

羊山公園のまとめ

雅美はHISのバスツアーで羊山公園の芝桜の丘を観光しました。観光バスは予約を入れてあるので駐車場に入れましたが、途中の道路は渋滞していて予定より若干遅れての到着となりました。

芝桜の丘を歩いていると自家用車で来園した方が「駐車場に入るのに3時間以上待った」と話していたのが印象に残っています。

美しい芝桜をストレスなく見たいなら、4月末を狙って電車かバスツアーを利用したプランを立てて下さいね。