龍田大社の画像

廣瀬大社に参拝して御朱印をいただきました。

水神を祀る廣瀬大社と風神を祀る龍田大社は2社1対の神社とされているので、龍田大社に参拝をしたあとに廣瀬大社に参拝。

このページでは、廣瀬大社のアクセス・御朱印・ご利益などについて紹介します。

なお、龍田大社のアクセスや御朱印については、前の投稿をご覧ください。

>>龍田大社で御朱印をいただきました|龍神の御朱印帳・アクセス・ご利益のまとめ

龍田大社と法隆寺駅からのアクセス

廣瀬大社のアクセスは法隆寺駅が便利

廣瀬大社の最寄駅は、JR大和路線の法隆寺駅になります。

龍田大社の最寄駅はJR大和路線の三郷駅なので、三郷駅から法隆寺駅まで2駅。

風神・水神の2社参りをするのには、便利な位置関係です。

それぞれの神社の最寄駅は近いのですが、自動車がないと駅からのアクセスに問題が。

廣瀬大社は駅から2キロ以上離れていて、駅から歩いて行くと25分以上かかる場所に鎮座。

駅から25分も歩いていくのはとても大変。オススメなのがレンタサイクルを借りて神社に参拝する方法です。

法隆寺駅のレンタサイクルショップ ゲーブル

レンタサイクルショップと喫茶店を営むゲーブルは、駅の改札を出るとコーヒーの旗が目に入る分かりやすい場所にあります。

レンタサイクルの料金は、1日利用が300円・3時間以内が300円と良心的。

レンタサイクルを申し込む際に、どこに行くのか聞かれたので「廣瀬大社です」と答えたら、車の交通量が少なく最短距離で神社まで行けるルートを教えてもらえました。

ゲーブルの従業員さんに教えていただいたルートの大半が、サイクリングロードを通るのでとても快適。

教えていただいたルートを走ると、駅から7分ほどで神社に着きました

廣瀬大社の電車のアクセスと行き方

一ノ鳥居の下を通り、二ノ鳥居まで自転車で移動。

邪魔にならない場所に自転車をとめて、参拝することができました。

参拝した日は猛暑日なうえに体調も今ひとつだったので、歩いて行ったら途中で倒れていたかも。

最短ルートを分かりやすく教えていただいたゲーブルのお母さんに感謝です。

法隆寺駅にコインロッカーはある?

法隆寺駅にコインロッカーはある?

法隆寺駅には、改札内にコインロッカーがあります。

コインロッカーが設置されているのは、法隆寺駅改札内の1ヶ所のみで、数が少ないのが難点。

法隆寺駅のコインロッカー

コインロッカーには「コインロッカーは駅周辺にはございませんので、こちらのロッカーをご利用ください。」と書いた張り紙が。

コインロッカーがいっぱいだったり、改札内にあるのに気が付かないで改札を出てしまったときは、上の項目でも紹介した喫茶店&レンタサイクルショップのゲーブルに行きましょう。

ゲーブルでは、レンタサイクルの他に荷物を預けることもできます。

ただし、ゲーブルの営業時間は17時までなので、荷物を預ける際は駅に戻る時間に注意して利用してくださいね。

廣瀬大社の参拝方法

廣瀬大社の参道

廣瀬大社の二ノ鳥居をくぐると、幅が広い砂利道が続きます。

廣瀬神社の狛犬

二ノ鳥居の下で神社を護っている狛犬さん。

威厳がある狛犬さんだなーと思いながら、砂利の参道をまっすぐ進みます。

廣瀬大社の境内に祀られている祓戸神社

参道を進むと、祓戸社が右手に見えてきます。

汚れを祓ってくれる祓戸神社

祓戸神は、知らず知らずのうちに犯した汚れを払ってくれる神社。

神様は汚れをとても嫌うので、まずは祓戸神社に参拝してから御本殿に参拝するようにしましょう。

廣瀬大社の手水舎

祓戸神社の手前には、龍神さんの手水舎がありましたが、どうやっても水が出ません。

仕方なく、手と口を清められないまま、祓戸神社の神様にお詫びをして参拝しました。

祓戸神社に参拝してから御本殿の方に進むと、御本殿の手前にも手水舎が。

廣瀬神社の手水舎には龍神様がいました

こちらの手水舎は水が出ていたので、祓戸神社に参拝する前に御本殿の前に手水舎で手と口を清め、祓戸神社に戻って参拝することをお勧めします。

御祭神とご利益

廣瀬大社の御祭神とご利益

廣瀬神社の御祭神は、水の守り神である若宇加能売命(わかうかのめのみこと)と、相殿に祀られている櫛玉命(くしたまのみこと)・穂雷命(ほのいかづちのみこと)。

御祭神の若宇加能売命は、別名を豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)・廣瀬大忌神(ひろせおおいみのかみ)とも呼ばれる神様です。

廣瀬大社はパワースポット?

豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)は伊勢外宮の御祭神で、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)は稲荷神社(伏見稲荷大社)の御祭神なので、ものすごい神様だということが分かります。

廣瀬大社に電車で行った人のブログ

ご神徳(ご利益)は、五穀豊穣・水難鎮護・除災招福などで、多方面にわたるご神徳があります。

廣瀬大社の本殿と御祭神
【廣瀬大社の本殿】

御本殿は1711年(正徳元年)に建てられたもので、昭和63年に奈良県の指定文化財となりました。

御本殿は拝殿から少し見えるだけですが、とても立派で神聖な気を放っている建物だと思いました。

砂かけ祭り

廣瀬大社の砂かけ祭り

廣瀬大社では、毎年2月11日に砂かけ祭りが斎行されます。

毎年2月11日に行われる砂かけ祭りは「オンダ」とも称される御田植祭で、砂を雨に見立ててかけ合い、五穀豊穣を祈る祭りです。
この祭りは河合町の歴史を考える上で重要なものとして、平成21年(2009)12月11日に河合町指定文化財に指定されました。

もし、都合がつくようであれば、砂かけ祭りにあわせて参拝してはいかがでしょうか。

境内の摂社と末社

大国主命が祀られた廣瀬大社の祖霊社

参道の横に鎮座する祖霊社。

祀られているのは、廣瀬大社に関係する神葬の祖霊ならびに大国主命。

出雲大社に祀られ縁結びの神として信仰される大国主命が祀られる神社なので、夫婦で仲良く暮らしていることのお礼と、仕事面での良いご縁がいただけるよう手を合わせました。

廣瀬大社の摂社には日の丸稲荷神社があります

こちらは、宇迦之御魂命が祀られた稲荷神社。

鳥居と社殿には「日の丸大明神」の文字が刻まれています。

日の丸稲荷神社には伏見稲荷大社の宇迦之御魂命が祀られています

社殿の壁にかけられた案内板には、「「日の丸稲荷社 宇迦之御魂神 伏見稲荷より分霊され霊験あらたかな神として篤く信仰されている。」と説明書きがありました。

日の丸稲荷神社の狛狐

凛とした表情の狛狐さん。

それほど汚れていないので、比較的新しいようです。

廣瀬大社に奉納されたロシア製の大砲

摂社・末社とは関係ありませんが、気になったのが境内に祀られた大砲。

調べてみると、日露戦争の戦勝を記念して、陸軍から奉納された戦利品のロシア製大砲でした。

そういえば、福山市の鞆の浦に鎮座する沼名前神社でもロシア製の大砲を見ました。

戦利品の大砲が奉納されている神社は、意外と多いのかもしれません。

水神の文字が美しい御朱印

廣瀬神社の御朱印をいただきました

廣瀬大社の御朱印をいただきました。

神社の御朱印は右上に「奉拝」と書くことが多いですが、廣瀬大社の御朱印は「水神」と書いてあります。

廣瀬大社と龍田大社の御朱印

雅美は同じ日に両参りをしたので、龍田大社の御朱印の「風神」と廣瀬大社の「水神」の御朱印を一緒にいただくことができました。

風神と水神の文字が並んでいるのを見ると、なんだか嬉しくなります。

植物の印は、橘をデザインしたもの。

廣瀬大社のパンフレットを見ると、神社の創建の項目に、「今から2100年ほど前の崇神天皇の時代に、廣瀬の河合の里長に神のお告げがあり、沼地が一晩で陸地になり橘がたくさん生えたことが天皇に伝わり、この日に社を建て祀られるようになる。」と記されています。

このことから、御朱印にも橘をデザインした印が押されているようです。

まとめ

風神を祀る龍田大社と1対の社とされる廣瀬大社。

駅から不便な場所にありますが、変に観光化されていない神社で、ゆっくりと静かに参拝することができました。

ふたたび龍田大社に参拝するときには、あわせて廣瀬大社にも参拝しようと思います。