伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションを見に行った感想

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーション「グランイルミ3rd.」に行ってきました。

伊豆ぐらんぱる公園はアクセスの悪い場所にあるため、今回はバスツアーに参加。

このページでは、グランイルミを見た感想と、参加したはとバスツアーのコースを紹介します。

はとバスの日帰りツアーでランチビュッフェを堪能

はとバスの日帰りバスツアーでグランイルミを見てきました

今回参加した、はとバスの日帰りツアーは、最初にヒルトン小田原でランチビュッフェへ。

※ヒルトン小田原でをら食べた感想は、下のリンクからご覧ください。

>>ヒルトン小田原のランチビュッフェを、バスツアーに参加して食べた感想

美味しいランチビュッフェを食べた後は、湘南の海を眺めながら中伊豆ワイナリーヒルズを目指します。

中伊豆ワイナリーヒルズでは、ワインや葡萄ジュースの試飲やショッピング。

ヒルトン小田原のランチビュッフェのケーキ

雅美はアルコール類はほとんど飲めないので、よく分かりませんが、中伊豆ワイナリーヒルズのワインは上質なものが多く、とてもお得に買えるみたい。

ツアーに参加した方の中には、10本くらい飼っている方もいました。

そして、最後は最大の見どころとなる、伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーション「グランイルミ」へ。

今年で3年目となるグランイルミは、600万球ものLEDを使った、体験型イルミネーションです。

>>【割引クーポンあり】はとバスツアーの人気コース一覧をチェック

グランイルミの見どころ

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのバスツアーに参加

グランイルミの見どころは、他ではあまり見ることがない、立体的なイルミネーション。

また、伊豆ぐらんぱる公園の広間のアトラクションを夜も楽しめる、体験型イルミネーションは、大人から子どもまで楽しむことができます。

ジップライン風の料金とスピード

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションの画像

伊豆ぐらんぱる公園のCMや、オフィシャル動画で紹介されている、スリル満点のジップライン。

動画を見ていると、かなり速そうだと思っていました。

ところが、実際に見てみるとギャッ!と驚くほど、動画で見るよりも速いスピードで滑っていきます。

ジップラインは、往路220mと復路180mのロングコースで、それぞれの所要時間は30秒から40秒。

伊豆ぐらんぱる公園のジップライン

ジップラインの料金は、往復1,200円。

料金には、ヘルメットやハーネスの貸出料金が含まれています。

ちょっと高いかな?と思ったけど、往復料金でジップラインの長さを考えれば、それほど高くないのかも。

雅美はバスツアーで行って、時間が限られていたため、行列ができていたジップラインに乗れませんでした。

滑っている人たちを見ると、みんなすっごく楽しそう。

次は、レンタカーを借りて夫と伊豆旅行をしながら、ジップラインも一緒に挑戦したいと思います。

永遠に結ばれるパワースポット?恋人神社

伊豆ぐらんぱる公園の恋人神社はパワースポット?

ジップライン受付の横には、恋人神社があります。恋人神社のお参りの方法を見てみると・・・


まずは、ラブガチャで「ピンクのハートの南京錠」を購入して願いを書きましょう。

願いを込めて、恋人神社のハートのモニュメントに、南京錠を取り付けて鍵をかけます。

南京錠の鍵2個を、それぞれ1個ずつ持ち帰れば、きっと願いが叶うはず。


・・・だそうです。

バスツアーで時間がなくて、行くことができませんでしたが、大切な人と永遠に結ばれたい方は、南京錠をかければ願いが叶うかもしれません。

ナイトバルーン バブリィザナイト

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのアトラクション

ナイトバルーンは、プールに浮かんだ大きな風船に入って、水の上を転がるアトラクションです。

2人でバルーンに入ると、予測不能な動きになって、かなり面白そう。

アラフィフなオバチャン1人で乗るのは、さすがに気が引けてやりませんでしたが、夫と2人ならやってみたい♪

船型立体迷路 KAIZOKU

伊豆ぐらんぱる公園の木製立体迷路

延床面積417平米・高さ11メートルにもなる、木製の船の型をした立体迷路です。

昼も夜も楽しめる立体迷路は、コースをリニューアルして、リピーターも楽しめるようパワーアップ。

所要時間は約25分です。

光るロボットで対戦するバトルキング

伊豆ぐらんぱる公園の対戦型ロボット・バトルキング

対戦型ロボットのバトルキング。

上手く操縦すれば、子どもでも大人に勝つことができるアトラクションです。

グループで参加して、戦うのが面白そう。

その他、スリル満点のスライダー「ナイトレインボー」・カート・バイクなど、イルミネーションと一緒に楽しめるアトラクションが揃っています。

立体的なイルミネーション・フラワーランタン

伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミ

伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーションの特徴は、スタンダードなLEDのイルミネーションと、優しい光のランタンを組み合わせているところ。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのフラワーランタン

ランタンは、長崎の新地中華街で開催される「長崎ランタンフェスティバル」の中華風のものしか見たことがないので、長崎とは全く雰囲気が違っていてビックリ。

グランイルミの画像

柔らかなカラーのバラ・ヒマワリ・チューリップなどが、斜面にたくさん咲いているのを見ると、まるで夢の国にいるような気分。

グランイルミの感想

フラワーランタンの間には、蝶や鳥などのランタンも。

どんなモチーフがあるか、探して周るのも楽しみ方の一つです。

世界最大級のスイーツランタンエリア

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのスイーツランタン

フラワーランタンエリアの隣は、美味しそうなケーキやマカロンが並ぶスイーツランタンエリア。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションに日帰りバスツアーで行った感想

3段重ねのデコレーションケーキは、3メートルくらいの高さがあるビッグサイズ。

伊豆高原のイルミネーション

インスタ映えする撮影スポットとしても人気のようで、何人もの女性が写真撮影をしていました。

伊豆シャボテン公園のイルミネーション

カラフルなケーキ・キャンディ・イチゴなど、見ているだけでワクワクしてくるエリアです。

子どもたちが嬉しそうに走り回っている姿が、多く見られるのもこのエリア。

老若男女問わず楽しめるのが、グランイルミの最大の魅力だと思いました。

イルミネーションエリアのカピバラ

伊豆高原のカピバライルミネーション

伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーションには、可愛らしいカピバラさんがあちこちに出没。

同じ系列の、伊豆シャボテン公園のアイドルがカピバラさんなので、イルミネーションにも登場しているみたいです。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのカピバラさん

上の画像は、中央のベンチをカピバラさんが囲うように設置された、記念写真の撮影スポット。

撮影待ちの行列ができていたので、全景は撮影できず。

ベンチとカピバラさんの撮影スポットは、グランイルミの中で一番癒されました。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションの休憩所とカピバラさん

休憩所の屋根の上には、たくさんのカピバラさん。

癒されまくりです☆

伊豆ぐらんぱる公園のレストランではバーベキューも

レストランぐらん亭の前にも、カピバラさん。

ヒルトン小田原のランチビュッフェでお腹いっぱいで、しかもバスツアーで時間がないのに、レストランに入りたくなりました。汗

海をテーマにしたイルミネーション

伊豆高原のイルミネーション画像

海をテーマにしたエリア「お菓子を求めて海底20000マイル」。

地上に敷き詰められたLEDのイルミネーションは、音楽に合わせてデザインが変わります。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのショー

ちょっとわかりにくいですが、上の画像にはマンボウや熱帯魚のモチーフが。

色々な海の生きものが登場するイルミネーションは、高台のフラワーランタンエリアから眺めると、全景を見ることができます。

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションの海のエリア

ウミガメ・ミノカサゴ・ニモのモデルになったカクレクマノミなど、立体的なモチーフが泳ぐように設置されたエリアも。

この先には、とても長い「夢のトンネル」が。

伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーショントンネル

LEDの密度は高くないですが、カラフルで長いトンネルは、歩いているだけで楽しくなりました。

レストランのメニュー

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのレストランのメニュー

伊豆ぐらんぱる公園の中には、レストランが2店舗とカフェが1店舗あります。

レストランは、韓国料理専門店の「白家釜山」と、バーベキューも楽しめる「ぐらん亭」。

ぐらん亭は高台にあり、イルミネーションの全景を見ながら食事ができるオススメのお店。

グランイルミの口コミ

上の画像は、ぐらん亭の前から撮影しました。

何となく雰囲気が伝わるでしょうか?

ぐらん亭は、バーベキューの他に、カレー・ハンバーグ・パスタ・お子さまメニューなど、家族で楽しめるメニューが揃っています。

まとめ・バスツアーでイルミネーションを見た感想

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーションのクチコミ

伊豆ぐらんぱる公園は、電車や路線バスで行こうとすると、アクセスが不便な場所にあります。

そこで、1人参加を受け付けていたはとバスの日帰りツアーに参加。

今回参加した日帰りツアーは、30代・40代・50代ばかりで、ゆったりとした雰囲気でした。

はとバスのツアーは1人参加も可能で、隣に人が座る場合でも、必ず同性になるように配慮してもらえます。

今回はバスの席数に対して、半数に満たない参加者だったので、1人で2席使えて大満足。

グランイルミは1人で来園している人は殆どいませんでしたが、イルミネーションを見るだけなら、1人でも気にせずに楽しむことができました。

一人旅やお一人様に慣れている雅美でも、さすがに1人でアトラクションに挑戦するのは気が引けたので、次は夫と一緒に行ってアトラクションを楽しみたいと思います。

>>【割引クーポンあり】はとバスツアーの人気コース一覧をチェック

【関連記事】

>>長崎ランタンフェスティバルに行ってみた|皇帝パレードと見どころ情報

>>あしかがフラワーパーク イルミを宿泊して鑑賞|割引券があるホテルとアクセス情報