有馬温泉に泊まった感想

有馬温泉の月光園 鴻朧館(こうろうかん)に宿泊しました。

有馬温泉には旅館がいくつもありますが、クチコミが良い女性に人気の旅館です。

この投稿では、部屋・アメニティ・温泉之に入った感想を中心に紹介します。

なお、レストラン弓張月での夕食と朝食については、前の投稿をご覧ください。

>>月光園鴻朧館の宿泊記-レストラン弓張月の夕食と朝食編

ベッド派や年配の方にオススメの洋室

ツインベッドの洋室スイートルーム

今回の有馬温泉旅行は、高齢の母を連れての母娘旅行。

有馬温泉の旅館なら、和室というイメージが強かったのですが、畳に座ったり布団から起きるのが辛そうな母のために、洋室スイートルームを予約しました。

月光園鴻朧館の宿泊記

また、洋室に宿泊すると部屋食ではなく、食事会場はレストラン弓張月となります。

布団の上げ下ろしや、部屋食で係の方が部屋に入ってくるのが面倒。

洋室に泊まると、レストランでの食事となるのも魅力に感じました。

有馬温泉で女性にオススメのホテル

洋室スイートルームのベッドサイズは、幅120センチのシングルベッド。

天井のデザインも凝っています。

有馬温泉の人気旅館

大きめサイズの丸テーブルの周りには、イスが4脚。

部屋にソファはありませんが、丸テーブル・デスク・イスがあり、休憩したり飲物を飲んだりするのに便利です。

洋室にはマッサージチェアが2台

有馬温泉の月光園鴻朧館に行ってきました

月光園鴻朧館の洋室スイートルームには、マッサージチェアもが2台置いてあります。

マッサージチェアは窓の方向に向けて置いてあるので、山の木々を見ながらマッサージすれば癒されること間違いなし。

母と2人で一緒にマッサージしながら、のんびりとお喋りをしました。

部屋のアメニティ

月光園鴻朧館のクチコミ

洋室スイートルームには、大きめのキッチンと食器棚が備え付けられています。

洋室スイートルームのキッチンセット

キッチンはありますが、部屋で料理するための調理器具や食器は置いてありません。

洋室スイートルームのキッチン

IHクッキングヒーターもあったので、スイッチを入れてみたら使えました(でも、鍋などはありません)。

もしかしたら、保養所やリゾートマンションのような建物をホテルに改修したのかも。

月光園鴻朧館の滞在記

キッチンには、電気ポット・冷水が入ったポット・お茶セット・グラスなどが置いてあります。

流し台の下には冷蔵庫が収納され、シンク下の収納スペースには何も入っていませんでした。

月光園鴻朧館のアメニティ

日本茶のセットはありますが、温かいコーヒーや紅茶は置いてありません。

月光園鴻朧館のドリンク

冷蔵庫の中には、ビールやソフトドリンクが入っています。

冷蔵庫の中に入っているドリンクは有料になります。

月光園鴻朧館の客室

また、ビジネスホテルのような機能重視の設計ではないため、ベッド横のサイドテーブルにはコンセントはありません。

また、USB充電口もないため、スマホなどを充電したいときは、コンセントで充電できるように準備しましょう。

部屋にお風呂はある?

月光園鴻朧館のバスルーム

洋室スイートルームのお風呂は、バス・トイレが一緒になっていて、セパレートタイプではありません。

ビジネスホテルのユニットバスとは違って、バスルームの空間は広く、バスタブは足を伸ばして入っても余裕のサイズです。

月光園鴻朧館のトイレ

バスタブの横にトイレがあり、壁には大きなミラーも。

これだけの広さがあれば、トイレを独立させたら使い勝手が良くなりそうですが、改修工事に費用がかかるから無理なんだろうなぁ。

洋室スイートルームの洗面台

また、バスルームの手前には、広々空間の洗面所があります。

洋室スイートルームのクローゼット

洗面台の後ろには、たっぷり奥行きと幅があるクローゼットが。

月光園鴻朧館のアメニティ

クローゼットの中には、チェスト・セーフティボックス・靴べら・洋服ブラシ・草履・室内用スリッパなどが入っていました。

バスルームと洗面所のアメニティ

月光園鴻朧館のアメニティ

木製の棚には、ドライヤー・アメニティグッズが入ったラタン製ケース・木製のティッシュボックスが置いてあります。

月光園鴻朧館のアメニティ

アメニティボックスに入っていたグッズは、シャワーキャップ・ヘアゴム・コットンと綿棒セット・ヘアーブラシが、それぞれ2個ずつ。

月光園鴻朧館のアメニティ

また、洗面台の上には、基礎化粧品・歯磨きセットなどが置いてあります。

コップと歯ブラシセットは、上記のアメニティグッズと同じく、特にホテル名などが入っていない一般的なものです。

KOSEアンテリージェEXシリーズ

棚の横に置いてある基礎化粧品は、コーセーのアンテリージェ EX(INTELLGE EX)。

アンテリージェ EXのクレンジング・化粧水・乳液が揃っています。

ポーラのフェイスウォッシュ

フェイス&ハンドソープはポーラ製。

ポーラ・シャワーブレイクシャンプー

バスルームのシャンプー類は、ポーラのシャワーブレイクシリーズ。

ボディソープ・シャンプー・コンディショナーの3点が置いてありました。

浴衣の他にガウンやパジャマはある?

月光園鴻朧館のオリジナル浴衣

月光園鴻朧館のナイトウェアですが、部屋に置いてあるのは浴衣のみです。

三日月をデザインしたオリジナル浴衣は、柄が可愛らしくて藤色の羽織りが女性らしく、着る年齢を選びません。

浴衣で館内の大浴場やレストランに行くことはできますが、眠りにくいと思うときや、温泉に入って汗をかいた浴衣で眠りたくない時は、手持ちのパジャマやルームウエアがあると便利。

私は、浴衣で眠るとお腹が冷えるし、足元がはだけてしまって眠りにくいと思っています。

普段来ているパジャマを荷物に入れてあるので、眠る時に着替えて熟睡できました。

部屋からの眺望はどんな感じ?

月光園游月山荘の外観
【月光橋と月光園游月山荘】

部屋の大きな窓からは、落葉山と滝川の絶景を見ることができます。

四季ごとにさまざまな表情を見せてくる風景は、訪れるたびに違う表情を見せてくれそう。

また、滝川にかけられた橋は、鴻朧館と游月山荘を結ぶ月光橋で、インスタ映えするフォトスポットとしても人気となっています。

月光園 游月山荘の大浴場も利用可能

月光橋のたもとに佇むタヌキの焼物

月光園に宿泊すると、鴻朧館と游月山荘の大浴場での入浴が可能に。

鴻朧館と游月山荘を結ぶ「月光橋」の手前で、大きなお腹をしたタヌキが出迎えてくれます。

有馬温泉の月光橋

川の上にかかる月光橋は、湯上がりに涼んだり、座って景色を眺めることができるベンチも。

月光園游月山荘の入口
【月光園游月山荘の入口】

月光橋を渡りきった正面に、游月山荘があります。

年季が入った木製の玄関を進んで建物に入ると、右手に大浴場「亀の湯」の入口が。

有馬温泉でも珍しい自家源泉かけ流しの大浴場

また、月光橋を渡って川沿いに左に進むと、月光園の中で一番泉質がよい源泉かけ流しの大浴場へ行くことができます。

鴻朧館の女性用大浴場

大浴場「亀の湯」は、小さめのお風呂ですが、浴槽のすみにカメの石像が。

入浴しながらカメの石像を見ていると、ほんわかとした気持ちになって癒やされました。

また、川沿いの源泉かけ流しの大浴場は、川のせせらぎを聞きながら入浴できるので、泉質・眺望ともにオススメの大浴場です。

まとめ・月光園 鴻朧館に泊まった感想

月光園鴻朧館の入口
【月光園鴻朧館の入口】

有馬温泉の旅館の中でも、山に近い場所に佇む月光園。

駅からは急坂を上がった場所にありますが、有馬温泉駅やロープウエイ有馬駅などから無料送迎してもらえるので、年配の母も楽に移動することができました。

3ヶ所の大浴場の中には源泉かけ流しのお風呂もあり、有馬特有の赤湯に入れて大満足。

食事は盛り付けが美しく、もちろん味も美味しく、神戸牛のコースなど好みや量で選べるので、年齢を問わず美味しく食べることができると思います。

また、有馬温泉を訪れたいなと思えるお宿でした。

有馬温泉 月光園鴻朧館の詳細

月光園鴻朧館の旅行記

>>有馬温泉 月光園 鴻朧館の食事内容や詳細はこちらから

住所:兵庫県神戸市北区有馬町318

電話番号:078-903-2255

最寄駅:神戸電鉄 有馬温泉駅より徒歩約10分

無料送迎:あり
※8時から19時は無料送迎あり。有馬温泉駅周辺は待機できる駐車スペースがないため、有馬に到着後に電話連絡。

駐車場:あり(40台・無料)

チェックイン: 15:00-19:00
チェックアウト: 12:00

Wi-Fi:無料Wi-Fiあり(全室で利用可能)

コインランドリー:なし

自動販売機:なし

大浴場:あり(3ヶ所)