月光園鴻朧館のレストラン弓張月

有馬温泉の月光園 鴻朧館(こうろうかん)に宿泊しました。

今回は、洋室に宿泊したため、レストラン弓張月で夕食と朝食をいただきました。

この投稿では、弓張月で食べる夕食の会席料理と和朝食の感想を紹介します。

なお、部屋・温泉(金泉・銀泉)・アメニティなどについては、次の投稿をご覧ください。

>>有馬温泉・月光園鴻朧館の宿泊記-お部屋・アメニティ・大浴場編

眺めが良い弓張月の客席

月光園鴻朧館の食事

レストラン弓張月は、滝川沿いの大きな窓に面した客席があり、四季折々の風景を眺めながら食事をすることができます。

窓側の席は、座卓の下が掘りごたつのようになっているので、年配の方や足が不自由な方には辛いかも。

イスに座って食べたいときは、窓側ではありませんが、奥のテーブル席に移動させてもらうこともできます。

夕食(会席料理)の御献立

月光園鴻朧館に行ってきました

  • 食前酒
    巨峰酒
  • 先付
    鱧と無花果あぶり・紅鮭水菜巻・柿麸・三度豆・舞茸・敷き胡麻ぽん酢
  • 八寸
    海老レーズン焼き・鯛小袖すし胡桃風味・蟹・むかご袱紗焼き・輪花丸十甲州煮・新銀杏素揚げ串さし・小蛸姿旨煮・菊花膾とんぶり和え・天盛りいくら
  • 向附
    明石直送活鯛・鮪・蛸・子持ち昆布重ね盛り・金魚草・松葉独活など・山葵・神戸菊紫
  • 煮物椀
    名月蒸し「金目鯛・百合根」・香り柚子・すすき冬瓜・松茸・梅香豆富・薄葛仕立
  • 焜炉
    里の味「神戸肉鉄板焼き」えりんぎ茸・キャベツ・アスパラなど
  • 揚物
    五色丹波若鶏・手長海老唐揚げ・鱸香り揚げ・菊の葉・端かみ生姜・アボカド雲丹風味・百草蒸卸し・天出し汁
  • 酢之物
    鰻錦糸巻・寄せ焼き茄子・パプリカ・絹さや・帆立貝あぶり・土佐酢ジュレ掛け・玉露
  • 止椀
    赤出し汁・湯葉・滑子茸・三つ葉・粉山椒
  • 御飯
    北摂三田米「日のひかり」
  • 香之物
    縮緬じゃこ有馬煮盛り込み
  • 果物
    二種盛り・小さなケーキ添え

月光園鴻朧館のクチコミ

まずは、食前酒の巨峰酒と先付から。

先付は、秋らしい紅葉色の器に盛り付けられています。

弓張月の会席料理

かわいらしい柿の形をしたお麩が一番上に乗せられ、秋を演出。

お麩・舞茸・三度豆(どじょういんげんのような豆)を食べススメていくと、いちばん下には無花果(イチジク)が。

会席料理の先付

そのまま食べるイチジクより、胡麻ぽん酢を和えたイチジクのほうが甘さが引き立ち、美味しいと思いました。

食前酒と梅エキススカッシュ

母も私もお酒を殆ど飲めないため、少量の食前酒を飲んだだけで、すでにほろ酔い気分に。

ドリンクはソフトドリンクの、梅エキスを炭酸で割ったものを注文。

アルコールが入っていない甘い梅酒スカッシュみたいで、とても美味しいドリンクです。

月光園鴻朧館の滞在記

彩り豊かな八寸は、正方形の器に盛り付けられて運ばれてきました。

甘辛く煮た小蛸の頭の中には、サトイモが入っていて、まん丸な頭をした形が美しい。

エビのオレンジ・個だこの赤・輪花をイメージしたさつまいもと銀杏のイエロー・菊の葉のグリーンなど、色鮮やかで食べるのがもったいない位キレイです。

月光園鴻朧館の宿泊記

向附(お造り)は、ゴールド・レッドをメインカラーにした大胆な柄のお皿で。

自宅にこの器があったとしても、柄と色に負けて使いこなせないなーと、プロの器を引き立てる盛り付けに感心します。

月光園鴻朧館の夜ご飯

明石名産の鯛は、噛みごたえがあって旨味もたっぷり。

エビは、さっと炙って表面が香ばしくなっています。

月光園鴻朧館の弓張月で夕食を食べました

次は煮物椀。

シンプルなデザインの、ブラックとゴールドのお椀で運ばれてきました。

マツタケ入りの蒸し物

蓋をあけると、マツタケとスダチの香りが立ちのぼってきます。

薄めの味付けで、それぞれの食材の旨味がわかる出汁で、全ての具材をおいしくいただきました。

月光園鴻朧館の夕食には神戸牛のついています

神戸牛の鉄板焼きは、ぽん酢・レモン汁・お酢でいただきます。

神戸ビーフの鉄板焼き

霜降りの神戸牛はとても美味しそうですが、母は肉が大の苦手。

母の分も貰って、全部で6切も食べられて大満足。

ところが、食べていると肉の脂で胃がもたれてきます。トシだなぁ。

霜降り肉も美味しいのですが、私には3切で充分だと思ったのでした。

秋の食材を使った天ぷら

揚物は、三日月の形をした器で。

天ぷらは小さめサイズで、霜降り肉の神戸牛で胃がもたれていても、美味しく食べることができました。

月光園鴻朧館の会席料理

鱸(スズキ)は、カラフルな素麺を細かくしたものを衣にしています。

最後に生姜の天ぷらをいただいて、胃もスッキリ☆

有馬温泉 月光園の滞在記

重い揚物を食べたあとは、酢の物でスッキリと。

グリーンの器を眺めていると、視覚によるスッキリ効果を感じました。

酸味が強すぎず、ほんのりと甘さがあるぽん酢ジュレがおいしくて、どんどん箸が進むお味です。

兵庫県三田市産のお米「日のひかり」で炊いたご飯

お食事の最後は、炊きたてご飯と赤出汁で。

三田で特別に栽培されているブランド米「日のひかり」を使用した、こだわりのご飯です。

有馬温泉名物の縮緬山椒

お漬物は、塩分控えめの自家製の白菜漬け・山椒の辛味が心地よい縮緬山椒・柴漬けの3種類。

お腹がいっぱいなのに、お漬物があるとご飯が進んでしまい、ご飯をおかわりしてしまいました。

会席料理を食べた感想

最後は、別腹のデザートでフィニッシュです。

この日の果物とケーキは、梨・マンゴープリン・チョコレートケーキでした。

今回は、基本の会席料理プランで申込をしましたが、それほど量が多くなく、高齢の母も無理なく食べられる内容で大満足のお食事となりました。

>>有馬温泉 月光園 鴻朧館の食事内容とプラン一覧

朝食のメニューはどんな感じ?

月光園鴻朧館の朝ごはん

朝食は、おかずがたくさんついた和朝食。

夕食の会席料理と朝食は、通常は部屋食ですが、洋室に泊まるとレストラン弓張月で食べることができます。

月光園鴻朧館 弓張月の朝食

ご飯・お味噌汁を中心に、美味しそうなおかずが並びます。

月光園鴻朧館の朝食を食べた感想

お刺身やフルーツもついています。

有馬温泉で食べる朝食

朝ごはんで使っているお米は、夕食と同じく三田産「日のひかり」。

東京に住んでいたころは「みた」と読むと思っていましたが、兵庫県の三田は「さんだ」って読むんですよね。

東京で生まれ、他府県に住んだことのない母が「朝も”みた”のお米なのね」と言うので、こっちは「さんだ」なんだよと教えたら、ビックリしていました。

三田にあるプレミアムアウトレットに行ったとき、「さんだ」と読むんだと初めて知ったことを思い出しました。

新鮮なサラダ

ブルーの器に盛り付けられた、カラフルなサラダ。

人参は素揚げされて甘味が強くなり、生で食べるよりずっと美味しいと思います。

タコのお刺身

お刺身はタコ。

ラディッシュの薄切りや、菊花が添えてあります。

小鍋でいただく湯豆腐

小鍋の蓋をあけると、中には湯豆腐が入っていました。

ひじきの煮物・焼鮭・だし巻き卵など、とてもヘルシーな朝ごはんです。

オレンジとパイナップル

最後の締めは、フレッシュフルーツで。

彩りのためだと思いますが、パセリを添えてあるのがちょっと不思議な感じです。

この日は、オレンジとパイナップルでした。

有馬温泉月光園の休憩所

朝ごはんを食べてしばらくしてから、最後は源泉に入れる大浴場へ。

川沿いにある大浴場で温泉につかって、とりすぎてしまったカロリーを少しは消化できたかも。

チェックアウト後はロビーでコーヒーを

月光園鴻朧館のロビー

コーヒーが大好きな母と私。

昨日、チェックインしてからコーヒーを1杯も飲んでいないことに気が付きました。

月光園鴻朧館のロビー

チェックアウトをしてすぐに、有馬温泉駅まで無料送迎してもらおうと思っていましたが、大きな窓から見る緑が気持ち良いのでコーヒーを飲むことに。

秋の紅葉の季節は、もっと美しいんだろうなと紅葉した山を想像しながら、コーヒーをいただきました。

チェックイン前やチェックアウト後に、風景を見ながらのコーヒーブレイク。すごく癒やされてオススメです。

有馬温泉 月光園鴻朧館の詳細

月光園鴻朧館のロビーには生花も

>>有馬温泉 月光園 鴻朧館の食事内容や詳細はこちらから

住所:兵庫県神戸市北区有馬町318

電話番号:078-903-2255

最寄駅:神戸電鉄 有馬温泉駅より徒歩約10分

無料送迎:あり
※8時から19時は無料送迎あり。有馬温泉駅周辺は待機できる駐車スペースがないため、有馬に到着後に電話連絡。

駐車場:あり(40台・無料)

チェックイン: 15:00-19:00
チェックアウト: 12:00

Wi-Fi:無料Wi-Fiあり(全室で利用可能)

コインランドリー:なし

自動販売機:なし

大浴場:あり(3ヶ所)