フロインドリーブ神戸のランチメニュー

カフェ フロインドリーブ神戸本店でランチを食べました。

フロインドリーブは教会を改装したカフェのほか、1Fのショップでは、ドイツパンや食パン、上質なバターを贅沢に使用したクッキーやミミパイを購入することもできます。

このページでは、フロインドリーブ神戸本店2Fのカフェで、サンドイッチランチを食べた感想を中心に紹介します。


曜日ごとに変わるランチメニュー

神戸フロインドリーブのサンドイッチランチ

フロインドリーブ神戸のランチメニューは、日替わりサンドウィッチセットの他に、単品のサンドウィッチやサラダなどがあります。

ランチセットは、祝日を除く月曜~金曜日の提供で、11時30分から14時まで食べることができます。

ランチのサンドウィッチは、曜日や季節によっても具材が変わり、何回行っても飽きることがありません。

ちなみに、一番上の画像は「ロースハム・卵焼き・レタス」を挟んだ「オーロラソースサンド」。

2番目の写真はパストラミビーフサンド、下の写真はローストポークのサンドです。

ハンバーガーもランチに登場

フロインドリーブのランチメニューは、以前はサンドウィッチやサラダだけでした。

現在は、メニューが変わって、ハンバーガーもランチに仲間入り。

今までのランチだと物足りないと思っていた方や、男性も満足できそうなメニューになっています。


フロインドリーブのランチを食べた感想

フロインドリーブ神戸でランチを食べた人のブログ

初めてランチを食べに行ったときは、サンドウィッチだけでは足りないかもしれないと思っていました。

ところが、サンドウィッチは8枚切り程度の厚さに切られているパンを2枚使用。

想像とは違う、ボリューム系のサンドウィッチでした。

さらに、一緒に盛り付けられたマカロニサラダも、かなりのボリュームがあります。

今まで、何回かランチを食べましたが、全部を食べきれずに残してしまう女性を何人も見かけました。

フロインドリーブのサンドウィッチランチセットは、男性でもお腹いっぱいになる量だと思います。

もし、日替わりサンドに苦手な具材や、アレルギーがある具材が入っている時は、店員さんに変更できるか聞いてみましょう。

アレルギーがある食材があることを言ってみたら、メニューに載っていない別のサンドウィッチに変更してもらう事ができました。

※一番上の画像が、変更していただいたサンドウィッチです。

サンドウィッチランチの内容

神戸の教会カフェフロインドリーブのランチメニュー

フロインドリーブのランチセットは、サンドイッチ・スープ・飲み物・アイスクリームの3点がセットになっています。

※現在は、アイスクリームはついていません。

入口のショーケースに飾られているケーキがおいしそうで、いつもランチの後に食べようと思うのですが、ランチを食べ終わる頃にはお腹いっぱいに。

次こそはケーキを食べる予定です(多分)。

カフェフロインドリーブのランチってどう?

私は、夫とランチを食べるときは、同じメニューを注文してもつまらないので、サラダの単品メニューを頼むことが多いです。

サラダは単品メニューなので、ドリンクなどを注文するとランチセットよりも高くなりますが、とても美味しくてオススメ。

上の画像の「プロシュートサラダ」は、上質なプロシュートと新鮮な野菜を使用。

サラダの中には、カリッと焼かれたバタートーストを小さくカットしたものが入っていて、見た目と違ってボリューム満点です。

教会カフェ フロインドリーブのサラダランチを食べてみた

サラダは、数種類のレタス・ベビーリーフ・パプリカ・トマトなど何種類もの野菜が使われていて、野菜不足の方にはピッタリなメニュー。

仕上げにかけられた粉チーズで、味に深みとコクが出て、最後まで美味しくいただくことができました。

夜も楽しめるフロインドリーブ神戸本店

教会を改装したフロインドリーブ神戸の店内

2階のカフェは、教会として使われていた内装が残っています。

大きな窓やステンドグラスが、教会の厳粛な雰囲気を醸して特別な空間に。

フロインドリーブ神戸の店内の画像

以前はシンプルなライトだったのが、いつの間にかシャンデリアに変わっていて、豪華なイメージになっていました。

画像では色が出ていませんが、天井近くの窓は青がベースのステンドグラスになっています。

また、昼間のカフェも良いのですが、フロインドリーブ神戸は12月頃になると、イルミネーションで華やかな雰囲気に。

お店が閉店したあと、夜に行くと、美しく飾り付けられたイルミネーションを楽しめます。

カフェフロインドリーブのイルミネーション画像

上の画像は2015年のイルミネーション。

全てがLEDのイルミネーションになり、明るい光でライトアップされています。

フロインドリーブ教会カフェ

閉店後の20時前に行ってみたところ、撮影をしている方が何人かいました。

神戸の教会カフェ フロインドリーブ神戸の口コミ

下の画像は7年位前のイルミネーション。

窓のハート型イルミネーションが良い感じです。

フロインドリーブの夜景

クリスマスや神戸ルミナリエなど、イルミネーションを見てまわるついでに、フロインドリーブにも行ってみてはいかがでしょうか。

週末やイベント開催時は行列に注意

フロインドリーブ神戸の画像

フロインドリーブのカフェは、週末や連休ともなると、ランチタイムに長い行列ができます。

神戸ルミナリエやクリスマスなどの観光客が多い時期は、平日でも長い行列ができることも。

帰りの新幹線や飛行機など、時間に余裕がないときにランチを食べたいときは、開店前の11時15分頃までにお店に行って待つのがオススメ。

私がルミナリエ開催中に行ったときは、平日の12時前に行っても、1時間以上の待ち時間でした。

このときは、行列してランチを食べると、予約していた飛行機に間に合わず、ランチはあきらめてパンとクッキーを購入。

また、最近は、中国や韓国の人の間でもフロインドリーブが話題になっているようで、海外の人も多くなってきました。

日本人の他に、中国や韓国の方も並ぶようになり、さらに混雑する事が多くなったようです。

ある時、ランチに行ってみたら150分程度の待ち時間に。

そのとき見た光景は、1Fのショップ前の地面に座り込んで、買ったパンを散らかしながら食べていた中国の人たち。

すべての中国の人のマナーが悪いわけではないと分かっていますが、中国の人が増えたことで、以前より快適に過ごせなくなっていると感じました。

ゆったりとランチを食べたいときは、神戸ルミナリエやクリスマス時期、夏休み、GWなどを外した、平日の11時30分前にお店に行くと、それほど待たずに座れる確率が高いように感じます。


ミミパイとクッキーは神戸土産として大人気

フロインドリーブ神戸のクッキーとミミパイは神戸限定のお土産としてお勧め

フロインドリーブ神戸で人気の、クッキーやミミパイは通販で買うことができません。

ここでしか買えない、知る人ぞ知る人気の神戸土産なのです。

なお、クッキーやミミパイは、フロインドリーブ神戸本店のほか、大丸神戸店・そごう神戸店で販売しています。

クッキーが入ったボックスが上品で見栄えが良く、日持ちがする神戸土産として大人気。

ランチを食べた後に、お土産に買うのも良いですよ。

>>【神戸土産】フロインドリーブ神戸のミミパイとクッキーの味をレポ

なお、クッキーとミミパイを買った感想や、価格などを紹介したページは上のリンクからご覧いただけます。

カフェ フロインドリーブ 神戸本店の詳細

  • 住所:神戸市中央区生田町4-6-15
  • 電話:078-231-6051
  • 営業時間:
    10:00~19:00(1F SHOP)
    10:00~19:00(2F CAFE L.O.19:30)
  • モーニング:10:00~11:30
    ランチ:11:30~14:00
    ※月曜から金曜のみ・祝日を除く
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:あり
  • 最寄駅:三宮駅から徒歩約12分・新神戸駅から徒歩約8分

※このページの内容は、掲載時および修正時のものです。現在はメニューなどが変更・終了している場合もあります。