デザインマンホールのまとめ

旅行先や出張先で、目についたデザインマンホールの蓋を撮影しています。

多くの観光スポットがある神戸市は、とくにデザインマンホールが多く、2017年にはリニューアルしたマンホール蓋も登場。

兵庫県で撮影したマンホールの画像を紹介します。

デザインマンホールが豊富な神戸市

ハーバーランドのデザインマンホール

兵庫県の中心となる三宮駅がある神戸市。

観光スポットが多い神戸市は、デザインマンホールの宝庫です。

ルミナス神戸・ホテルオークラ神戸・神戸ポートタワーが並ぶハーバーランドの風景は「これぞ神戸の風景!」と思う方も多いのではないでしょうか。

All You Need is KOBEの文字が、異国情緒あふれる神戸にピッタリで、大好きなデザインマンホールです。

神戸市のデザインマンホール

測量基準点の文字の横には、神戸市のマーク。

ポートタワー・神戸大橋・カモメ・船などがデザインされています。

三宮センター街のデザインマンホール

三宮駅前から始まるアーケード、三宮センター街で見つけたマンホール。

SANNOMIYA TOWN 1st BLOCK・KOBE・OSUIの文字を、一番外側にデザイン。

三宮センター街誕生70周年の節目に製作されたもので、万年暦をモチーフにしています。

日本っぽくなくて、海外のマンホールをイメージさせるデザインがステキだと思いました。

神戸ルミナリエのデザインマンホール

神戸旧居留地で見つけたマンホール。

KOBEルミナリエ SINCE1995・夢灯す、光の彫刻の文字が刻印されています。

神戸市のデザインマンホール

夜になるとライトアップされる、山の斜面に設置された神戸市とイカリのマーク、神戸の街並みをデザインしたデザインマンホール。

「KOBEおすい」の文字がデザインされています。

神戸市のデザインマンホール

ルミナス・ポートタワー・モザイクの観覧車・飛行機などをデザインした蓋。

KOBE OSUI・Welcome to KOBE!の文字が刻印されています。

元町商店街のデザインマンホール

元町のアーケードで見つけたマンホール。

上の画像のマンホールのデザインの一部を利用して、街灯モチーフと合体されているようです。

神戸市の排水口蓋

神戸市は排水口の蓋もオシャレです。

異人館・中華街・六甲山・ルミナス神戸・神戸大橋・ポートタワー・花時計(?)など、神戸の人気スポットがてんこ盛り。

神戸市の消火栓蓋

消火栓の蓋は、黄色でカラーリング。

よく見かけるデザインは3種類で、上の画像は、神戸異人館・風見鶏の館・ハーバーランドなどをデザインしたもの。

神戸市の消火栓蓋

こちらは、女性の横顔に、異人館・海・六甲の山などをデザイン。

神戸市の消火栓蓋

こちらの消火栓の蓋は、ポートタワー・ルミナス神戸・新神戸か摩耶か六甲のロープウェイ・布引の滝・六甲山牧場・花火などをデザイン。

どの消火栓の蓋も、神戸の良さを出していてステキです。

神戸の画像

マンホールの蓋ではないのですが、異人館・北野町と、メリケンパークまでの距離を示した石版。

シンプルなイラストが良いなと思い、パシャリしました♪

その他、神戸市には撮影できていないデザインマンホールが10種類以上あります。

ここまできたら、全てを撮影したいなー。

有馬はロープウェイをデザイン

有馬温泉のデザインマンホール

有馬温泉駅前で見つけた、マンホールの蓋。

「ありま」「こうべおすい」と書いてあります。

六甲山と有馬温泉を結ぶ、六甲有馬ロープウェー・紅葉・有馬川をデザインしているのかな?

タコや鯛が有名な明石市

明石市のデザインマンホール

明石市は、明石鯛やタコが有名。

明石駅前の商店街には、明石焼きの店や海産物を販売する店が並びます。

マンホールの蓋には「しごせんのまち」の文字と、明石天文科学館がデザインされています。

子午線(しごせん)とは、日本標準時の基準となる東経135度のこと。

子午線は、明石市を含む12市の上を通っています。

明石市のデザインマンホール

明石駅から海のほうへ歩いていくと、子どもたちが描いた絵をデザインした、下水道のマンホール蓋が。

明石市のデザインマンホール

2011年の下水道100週年記念に開催された絵画コンクールに、入選した作品をマンホールの蓋にしたようです。

たくさんの種類があるので、どんなデザインがあるのか、探しながら歩くと楽しいかも。

明石市のデザインマンホール

上の画像は、明石海峡大橋をデザインした消火栓の蓋。

明石海峡大橋は、神戸市垂水区舞子と淡路島を結ぶ橋で、明石市にかかっているわけではありませんが、明石海峡大橋が見える地域で使われているのかも。

淡路島は3つの市がありマンホールのデザインも異なる

洲本市のデザインマンホール

淡路島と一言でいっても、実際は3つの自治体に分かれています。

神戸に近いのが淡路市・中間あたりが洲本市・四国に近いのが南あわじ市です。

上の画像は、洲本市の中心部にある、洲本高速バスセンター付近で撮影。

水仙の花がデザインされています。

【関連記事】

>>【神戸のホテル】誕生日や記念日に泊まりたい美夜景ホテル6選

>>【保存版】神戸に行ったら必ず食べたい13店の厳選ケーキ