コムシノワ三宮のタルトとケーキを買ってみた

ブーランジェリーコムシノワは、三宮の神戸国際会館横にある人気のパン屋さん。

久しぶりにコムシノワでパンとケーキを買ったので、食べた感想を紹介します。

夕方にはほとんど完売するパン

コムシノワ三宮の口コミ

コムシノワに行ったのは、神戸ルミナリエ開催直前の木曜日。

17時ごろに行ったら、ほとんどのパンが売り切れていて、残っていたのは6種類くらい。

種類が少なくなっている中から選んだパンは、カレーソースがアクセントになったソーセージドッグ「カリーブルスト」324円(税込)。

パンだけを買おうと思っていましたが、食パン1斤など大きなサイズのパンも多く、ホテルで夕食代わりに食べたいと思うパンが残っていなかったので、ケーキを買うことにしました。

ケーキは5種類くらい残っていたので、果物アレルギーが出ないレモンのタルト378円(税込)と、少しアレルギーが出るけれど食べられそうなイチゴのタルト669円(税込)を購入。

全部で1,371円の買物になりました。

コムシノワのパンを食べた感想

ブーランジェリーコムシノワ三宮のパンのブログ

外がカリッとして、しっとりとした噛みごたえのある生地のパンに、辛さ控えめのカレーソースとウインナーがぴったり。

トッピングのフライドオニオンの甘みと香ばしさや、ウインナーの下に敷いてある薄切りタマネギのバランスが良いパンです。

ホテルの部屋でそのまま食べましたが、温めるとさらに美味しく食べられると思いました。

ボリュームがあるケーキ

コムシノワ三宮のイチゴのタルトを食べた感想

ブーランジェリーコムシノワのケーキは、どれもサイズが大きめでボリューム満点。

イチゴのタルトは、ずっしりとしたタルト台の上に、大粒のイチゴと甘さ控えめの生クリームが、ギッシリと乗っています。

コムシノワ三宮のパンとケーキの値段は?

イチゴのタルトを横から見ると、上の画像のような感じに。

リキュール類やエッセンス類の香りが殆どしなくて、素材そのものの味を楽しめるタルトでした。

酸味が強めのイチゴと生クリーム・いちごソース・カスタードクリームの組み合わせは、誰にでも好かれる王道の味。

パン1個とケーキ2個を夕飯にしようと思いましたが、パンとイチゴのタルトでお腹いっぱいに。

レモンのタルトは翌朝食べることにしました。

コムシノワ三宮のレモンタルトはボリューム満点でした

翌朝いただいたレモンのタルト。

見た目がシンプルなタルトです。

レモンの酸味がしっかりときいたレモンクリームは、甘さと酸味のバランスがよく、ずっしりとした食感。

食べごたえがあって、美味しいタルトを378円で買えるのは、とても安いと思いました。

オネストカフェでイートインも可能

コムシノワ三宮のキャラクターとロゴ

ブーランジェリーコムシノワはオネストカフェも併設していて、カフェでパンやケーキをい^トインすることができます。

店頭で販売しているパンやケーキのほかに、カフェオリジナルのサンドウィッチなどの料理もあるので、カフェでオリジナルメニューを注文して、パンやケーキを買って帰るのも良さそう。

土日のランチタイムは、特にカフェが混み合います。

カフェの予約は受け付けていないため、週末に利用する場合は時間に余裕をもって行くようにしてくださいね。