セレスティンホテルレストラン・グランクロスの朝食バイキング
【メゾンカイザーのパンが食べ放題の朝食ビュッフェ】

セレスティンホテルのスーペリアダブルルームに、朝食バイキング付きプランで宿泊しました。

メゾンカイザーのパンが好きなだけ食べられる、レストラン グランクロスの朝食バイキングは、旅行サイトやブログでの口コミで話題に。

このページでは、、宿泊客だけが使えるパティオと無料ラウンジ、グランクロスの朝食バイキングにを食べた感想を紹介します。

[スポンサーリンク]

なお、部屋のインテリアや間取とアメニティについては、前のページで紹介しています。

前のページは、下のリンクからご覧下さい。

>>セレスティンホテルのダブルルーム宿泊記【部屋とアメニティ編】

>>ホテル ザ セレスティン東京芝(セレスティンホテル)の朝食ビュッフェの料金や詳細はこちらでチェック

※セレスティンホテルは、2017年11月28日に「ホテルザセレスティン東京芝」にリブランドオープンしました。

リニューアル後に泊まった、ホテルザセレスティン東京芝の宿泊記は、下のリンクからご覧いだたけます

>>ホテル・ザ・セレスティン東京芝の滞在記-専用ラウンジと朝食ビュッフェ編

宿泊者専用ラウンジは外国人が多くインターナショナル

セレスティンホテルのパティオに面した宿泊者専用ラウンジ

セレスティンホテルの14階には、宿泊者専用のラウンジがあり、24時間いつでも利用することができます。

ラウンジに行ってみると、利用している人の4割位が外国人。

ソファで談笑する人、ノートパソコンを持ち込んで仕事をしている人や、書類を出して打ち合わせをしている欧米の方がいました。

雅美は英語が苦手なので、何を言っているかは分かりませんでしたが、何となくインターナショナルな雰囲気にウットリ。

セレスティンホテル東京芝に宿泊した人のブログ

ローズ色のクッションとベージュのソファが、柔らかく落ち着いた雰囲気のラウンジは、くつろげる空間です。

ゆったりとした気分で過ごせるインテリアで、長居してしまいそうな心地よさ。

セレスティンホテル東京芝の宿泊日記ブログ

ラウンジの無料ドリンクの種類は、コーヒー・紅茶・ハーブティーのホットドリンクの他にコールドドリンクが。

奥にあるのは、ロータスのカラメルビスケット。


【ロータス オリジナルカラメルビスケット】

大好きなロータスのカラメルビスケットを見つけて、テンションアップしちゃいました♪

セレスティンホテルのパティオに面した宿泊者専用ラウンジ

旅行中に食べすぎて、胃が疲れていたので、ドリンクはカモミールがブレンドされたノンカフェインのハーブティーをチョイス。

大好きなカラメルビスケットと、カモミールティーで1人のティータイムに。

ラウンジで、ゆったりと午後のひとときを過ごすことができました。

ラウンジの両側にある緑豊かなパティオ

ホテルザセレスティン東京芝の滞在記

セレスティンホテルの特徴は、14階の宿泊者専用ラウンジの両側にパティオを造り、客室がパティオを取り囲むようになっている設計です。

パティオには木のベンチとテーブルセットが置かれ、ところどころ優しい色調のタイルで装飾。

どことなく海外のような雰囲気になっています。

ラウンジとパティオの一方は完全禁煙となっていますが、もう一方のパティオには灰皿が備え付けられ、タバコを吸うことが可能。

セレスティンホテル東京芝の口コミ

上の画像は禁煙となっているパティオ。

猛暑日だった8月の午後ということもあり誰もいませんが、喫煙エリアのパティオでは何人もの方がタバコを吸っていました。

ゆったりとガーデンのグリーンに癒やされたいのなら、禁煙エリアがオススメです。

レストラン グランクロスの朝食バイキング

セレスティンホテルのメゾンカイザーが食べられる朝食バイキングを食べた感想

セレスティンホテルの朝食といえば、レストラン グランクロスのバイキング。

メゾンカイザーのパンが何種類も用意されていて、好きなだけ食べられるパン好きにはたまらない朝食ビュッフェです。

上の画像に写っているメゾンカイザーのパンは、アリュットゥセザム・チャパタ・ミルクロール・カイザーオリジナル食パン・バゲットモンジュ。

バゲットは、手前にカット台とナイフが置いてあり、好きな厚さに切ることができます。

セレスティンホテルの朝食ビュッフェの口コミ

上の画像に写っているパンは、パンオショコラ・パンオレザン・クロワッサンの3種類。

パンに付けるためのオーガニックジャム(ストロベリー・オレンジマーマレード)・ピーナッツバター・はちみつ・メイプルシロップ・チョコレートはどれも美味しそうです。

セレスティンホテルレストラン・グランクロスの朝食バイキングを食べた人のブログ

メゾンカイザーといえばクロワッサンでしょ。と思い込んでいるので、最初はクロワッサン・パンオショコラ、彩りの美しい生野菜で作ったサラダなどを中心にお皿に取り分けました。

セレスティンホテルレストラン・グランクロスの朝食ビュッフェの口コミ

ヘルシーオイルも充実。

ローズマリーオイル・グレープシードオイル・オリーブオイルの3種類と、バルサミコ酢がサラダコーナーの横にドレッシングと一緒に置いてあります。

これだけ揃っていれば、ドレッシングでは物足りない時に、オイルやバルサミコ酢でオリジナルの味付けができますね。

セレスティンホテルの朝食メニューはブルーチーズ・カマンベール・スモークチーズの本格的なラインナップ

チーズは、カマンベール・スモーク・ブルーチーズの3種類。

横に置いてある、グリーンオリーブとライプオリーブもいい感じ。

セレスティンホテルの朝食バイキングでは白ワインも楽しめます

白ワインもあるので、朝からチーズとワインというのも良いですね♪

外国人の宿泊客が多いホテルなので、海外の方でも楽しめるように考えられたメニューとなっているようです。

セレスティンホテルの朝食ビュッフェでメゾンカイザーのパンを食べてきました

ヘルシーなシリアルは3種類。

セレスティンホテルの朝食ビュッフェには奄美地方の郷土料理の鶏飯もあります

東京で見るのは珍しいと思ったのは、鹿児島県奄美地方の郷土料理「鶏飯(けいはん)」があったこと。

鶏飯を知らない方のために、作り方が日本語と英語で書いてありました。

グランクロスの朝食バイキングは、洋食中心のメニューとなっていますが、和食も一通り揃っています。

  • 小松菜のおひたし
  • 高菜
  • 梅干し
  • オクラと蒸しどりの柚子胡椒風味
  • 温泉玉子
  • 味付け海苔
  • 切り干し大根と昆布の旨煮
  • ひじきの五目煮
  • 豆腐
  • 漬物

和食は一通りのメニューが揃っていました。

セレスティンホテル東京芝の朝食ビュッフェを食べてきました

美味しいパンを何種類も食べられて、料理も美味しいグランクロスの朝食バイキング。

レストランは大声で話す人や騒ぐ人がいなかったので、ゆったりと食事を楽しむことができました。

一人で朝食を食べている人も多く、女性の一人旅や出張でも周囲の目を気にすることなく食事をすることができると思います。

宿泊日:2016年8月

ホテルへのアクセスと詳細情報

>>ホテル ザ セレスティン東京芝(旧セレスティンホテル)の朝食ビュッフェの詳細と予約はこちらから

住所:東京都港区芝3-23-1

電話番号:03-5441-4111

最寄り駅:
・JR田町駅三田口(西口)より徒歩約7分
・都営地下鉄 芝公園駅 A2出口より徒歩約1分
※エレベーターなし
・都営地下鉄 三田駅 A8出口より徒歩約3分
※出口までエレベーターあり
・都営地下鉄 赤羽橋駅 赤羽橋口より徒歩約8分

エアポートリムジンバス:成田空港からホテル発着便あり(所要時間約110分)

駐車場:30台・先着順(1泊1,500円)

チェックイン:14:00
チェックアウト:14:00

自動販売機:あり

コインランドリー:なし

大浴場:なし