カンデオホテルズ神戸トアロードの旅行記

カンデオホテルズ神戸トアロードは、三ノ宮駅から徒歩圏内にある大浴場を完備したビジネスホテル。

三ノ宮への出張で、カンデオホテルズ神戸トアロードに、朝食ビュッフェ付きプランで宿泊しました。

このページでは、カンデオホテルズ神戸トアロードの客室・アメニティ・朝食ビュッフェ・大浴場など、泊まって分かったことを紹介します。

客室の間取りとインテリア

カンデオホテルズ神戸トアロードの宿泊記

今回予約をしたダブルルームは、15平米の広さがあり、こあがりソファ・ミニデスク・幅150センチのダブルベッドなどが設置されています。

15平米という客室面積は、ビジネスホテルのダブルルームとしては狭くもなく、広くもないといった印象。

カンデオホテルズ神戸トアロードの滞在記

上の画像は、空間を無駄にしないよう配置された「こあがりソファ」。

ソファの前にはコンパクトで移動可能なデスクが置いてありました。

また、こあがりソファの横には1人用の椅子もあるので、2人で泊まっても不便を感じないと思います。

アメニティは何が揃っている?

カンデオホテルズ神戸トアロードの口コミ

コンパクトな収納庫の上には、ハーブティー・アイスペール・湯沸かしポット・カップ・ドライヤー・電話機などがまとめて置いてあります。

画像の手前に写っているハーブティーは、グリーンパークの「ゆずとしょうがの健康ブレンド」。

カフェインレスでヘルシーなお茶ですが、私は生姜でアレルギー症状が出ることがあるので飲めませんでした。残念。

コーヒーや紅茶は置いてありませんが、フロント前のアメニティバイキングに、粉末コーヒーセットが置いてあります。

カンデオホテルズ神戸三ノ宮のアメニティは何がある?

棚の下には冷蔵庫が収納されています。

冷蔵庫の中には何も入っていません。

チェックイン時には、棚についている冷蔵庫のスイッチがオフになっている省エネ仕様。

画像では分かりにくいですが、冷蔵庫の上の棚にはコンセントもついているので、ドライヤーや電子機器類の充電に使えます。

カンデオホテルズ神戸トアロードのアメニティ

ミニデスクの上には、ボトルウォーター・ティッシュ・リモコン・メモセットが隙間なく置いてありました。

画像を見ても分かりにくいかもしれませんが、ミニデスクは名前の通り、かなり小さなサイズです。

カンデオホテルズ神戸トアロードの客室画像

ヘッドボード(ベッドの枕元)には、コンセントが2口。

USBでの充電はできませんが、コンセントが2口あれば、2人で泊まっても携帯を1台ずつ充電できます。

カンデオホテルズ神戸トアロードに泊まった人のブログ

部屋入口の壁には、ハンガー・靴べらなどがかけられています。

クローゼットを作らず、空間を広く取れるよう設計しているみたい。

インテリアは明るいカラーをメインにしてデザインされていて、ハンガーの横には大きなミラーが取り付けてあり、実際の面積よりも広く感じます。

カンデオホテルズ神戸三ノ宮に泊まった人のブログ

客室の入口には段差はありませんが、ミラーの端と同じ位置でカーペットの模様が変わっています。

ここで靴を脱いでスリッパを履いて下さいっていう意味があるのかも。

スリッパは繰り返し使うタイプで、使い捨てスリッパは置いてありません。

繰り返し使うスリッパは衛生的ではないという口コミも見ますが、無駄なゴミを出さずにすむので、とても良いことだと思いました。

>>カンデオホテルズ神戸トアロードの客室一覧とアメニティの詳細はこちらから確認できます

ナイトウェア(ルームウェア)のデザイン

カンデオホテルズ神戸トアロードの館内着とルームウェア

ルームウェア(ナイトウェア)は、テロンとした生地で作られたツーピースタイプ。

ブラックの生地に、クリームイエローの縁取りとCANDEO HOTELSのロゴがアクセント。

ルームウェアは館内着にもなるので、大浴場に行くときにも着ていけます。

客室のお風呂とトイレはセパレート?

カンデオホテルズ神戸トアロードの客室のお風呂

客室のお風呂とトイレは、ユニットバスになりセパレートではありません。

コンパクトなサイズのユニットバスになります。

バスタブは長さがなく、足を伸ばして入るのは難しいサイズ。

カンデオホテルズ神戸トアロードのゲストルームのユニットバス

便座・洗面台・バスタブを上から撮影したのが上の画像。

お風呂に入るのには狭い空間ですが、大浴場に入ったので、部屋のお風呂が狭くても気になりませんでした。

バスルームのアメニティ

カンデオホテルズ神戸トアロードのバスルーム

洗面台の上にある棚には、コップ・歯ブラシセット・フォームソープのみが置いてあります。

その他のアメニティグッズは、客室には置いてありません。

カンデオホテルズ神戸トアロードのシャンプーのブランドは何?

バスタブの上には、シャンプー・コンディショナー・ボディソープの3点セットが置いてあります。

シャンプー類のブランドは、ポーラのエステロワイエシリーズ。

カンデオホテルズ神戸トアロードのアメニティバイキング

なお、フロントの前にアメニティバイキングコーナーがあります。

必要なアメニティグッズだけを持って行けば良いので、無駄がなくていいなと思いました。

カンデオホテルズ神戸三ノ宮のアメニティバイキング

アメニティバイキングには、ヘアーバンド・シャワーキャップ・ヘアゴム・コットン・カミソリ・シェービングクリーム・ブラシ・クシ・綿棒・粉末コーヒーセットなどが置いてありました。

最上階にある大浴場

カンデオホテルズ神戸トアロードの大浴場(スカイスパ)は夜中も入浴可能
【客室階の廊下】

最上階にある大浴場(スカイスパ)は、15時から翌日の11時まで夜通し入浴することができます。

サウナにも入れて、たくさん汗をかいてサッパリとしました。

なお、大浴場にはポーラのエステロワイエのシャンプー類のほかに、基礎化粧品も置いてあります。

クレンジング・乳液・化粧水・乳液がそろっているので、急なお泊りで化粧品類を持っていなくても困ることはありません。

部屋から神戸の夜景は楽しめる?

カンデオホテルズ神戸トアロードの眺望は神戸の夜景が見える?

今回アサインされた8階の客室からの眺望は、上の画像のような感じでした。

海側を向いたお部屋でしたが、周辺にはビルが建ち並んでいるため、8階だとそれほど眺めが良くないです。

なお、山側は近くに高いビルが建っていないため、海側よりも眺望は良さそう。

高層階の客室なら、海側でもそれなりに夜景を楽しめると思いました。

朝食ビュッフェのメニュー

カンデオホテルズ神戸トアロードのロビー
【シックな印象のロビー】

朝食ビュッフェは、13階(ロビー階)にあるレストランで食べることができます。

カンデオホテルズ神戸トアロードの朝食ビュッフェの口コミ

山側に向いた大きな窓があるレストランは、とても明るくて開放感たっぷり。

神戸の街並みと六甲の山々がおりなす風景を眺めながら、朝食を食べることができます。

カンデオホテルズ神戸トアロードの朝食バイキングを食べてみた

朝食ビュッフェのメニューは、野菜をたっぷりと使った料理が多く、洋食と和食もそろっています。

カンデオホテルズ神戸トアロードの朝食ビュッフェのメニュー

パン・野菜の煮込み料理・サラダ・ミネストローネ・パンプディングなどを取り分けました。

お料理の種類はそれほど多くありませんが、パンもお惣菜もスープも美味しくて大満足。

とくに、ミネストローネとパンプディングが美味しくて、おかわりして食べちゃいました。

まとめ:出張で利用するには注意が必要

カンデオホテルズ神戸トアロードのブログ
【カンデオホテルズ神戸トアロードの入口】

カンデオホテルズ神戸トアロードの最寄駅は元町駅になりますが、三ノ宮駅からの歩いて行ける距離にあり、観光にも出張にも便利な立地です。

大浴場もあるので、出張で疲れたときにお風呂で疲れを取ることができて最高。

だと思って予約をしましたが、ダブルルームには仕事をしやすいデスクがありませんでした。

ミニデスクの上にノートパソコンを広げたところ、マウスを使えるスペースがほとんどなく、作業効率が悪くて途中でパソコン仕事を断念。

出張で泊まって部屋で仕事をしたいときにはオススメできませんが、デスクがなくても良いときには出張にもオススメのホテルです。

カンデオホテルズ神戸トアロードの詳細

>>カンデオホテルズ神戸トアロードの宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-8-8

電話番号:078-958-6755

最寄駅:
JR三ノ宮駅 徒歩約6分
JR元町駅 徒歩約3分

駐車場:なし(提携駐車場の案内あり)

チェックイン: 15:00-29:00
チェックアウト: 11:00

朝食の時間:07:00-10:00(最終受付09:30))

大浴場:あり(天然温泉ではない)

自動販売機:あり

コインランドリー:あり(有料)