あしかがフラワーパークのイルミネーション

あしかがフラワーパークのイルミネーションに、バスツアーで行ってきました。

私が参加したバスツアーは、栃木県のパワースポットとしても人気の、縁結びのご利益があると言われている「織姫神社」などをめぐるツアー。

このページでは、バスツアーに参加した感想と、あしかがフラワーパークのイルミネーションを見た感想を紹介します。


フラワーパーク周辺道路は大渋滞

足利フラワーパークの周辺道路は大渋滞

あしかがフラワーパークのイルミネーションは「第二回イルミネーション全国アワード・2014年イルミネーション部門」で全国1位を獲得。

その後も、連続で全国1位を獲得している、人気のイルミネーションスポットです。

私が日帰りバスツアーに参加した日は「なばなの里と あしかがフラワーパーク全国1位はどっち?」というテレビ番組が放送された翌日。

しかも、土曜日という条件も重なり大混雑するのが当たり前の日でした。

フラワーパークの周辺道路は大渋滞でバスはなかなか進まず、当たり前ですが、フラワーパークの園内も大混雑。

また、バスツアーは参加者の時間厳守が大前提ですが、ちょっとした問題が起きることもあります。

バスツアーで途中で立ち寄った、佐野プレミアムアウトレットの集合時間に、ツアー参加者の2人が帰ってこないというアクシデントもあり、イルミネーションの鑑賞時間が予定より30分も短くなるという悲しい結果になりました。

バスツアーを選んだ理由

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

あしかがフラワーパークは最寄り駅がJR両毛線の富田駅。

富田駅からは徒歩13分の場所になります。

東武伊勢崎線 足利市駅からは、無料のシャトルバスが土日祝にかぎり運行されています。

ところが、大渋滞で遅れたり、バスが満員になると乗れない場合も。

東京の実家から、あしかがフラワーパークまで電車を使うルートを調べたら、3回も乗り換えがあり、片道約130分もかかります。

初めて行くので、遠い距離を電車で移動するのは面倒くさい。

こんな理由から、楽して安い価格で行けるバスツアーにしようと決めたのでした。

※2018年4月に新駅の「あしかがフラワーパーク駅」が開業し、フラワーパークの西口ゲートの前に改札口ができました。現在はアクセスが格段に良くなっています。


あしかがフラワーパークイルミネーションのバスツアー

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

あしかがフラワーパークイルミネーションのバスツアーは、いろいろな旅行会社が催行しています。

バスツアーの中でも、クラブツーリズムは参加者の年齢層が高めで、出発地とコースが豊富なのでオススメ。

私が参加したのは、縁結びのご利益で有名な織姫神社の参拝と、佐野アウトレットで買物もできる盛り沢山の内容に魅力を感じ、ツアーに参加することにしました。

バスツアーのコース内容

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

 

 

ツアーの内容
  • 佐野アウトレット(約120分)
  • いちごの里(イタリアン食べ放題の昼食 約60分)
  • 足利織姫神社(縁結びの神社を自由散策 約40分)
  • 道の駅どまんなかたぬま(買物 約40分)
  • あしかがフラワーパーク(イルミネーション見学 約90分)

予定では、あしかがフラワーパークイルミネーションを90分見れるはずが、佐野プレミアムアウトレットパークで20分くらい集合時間に遅れた人がいたのと、大渋滞にハマったことから60分弱になりました。

すごく残念です。

あしかがフラワーパーク イルミネーションの見どころ

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

あしかがフラワーパークといえば大藤が有名ですが、イルミネーションでも、光の大藤を見ることができます。

【あしかがフラワーパーク イルミネーションの動画】

LED電球の光量を調節することで、大藤の花が蕾が開いて満開となり落ちていく様子を表現。

本物の藤の花はとても美しいですが、光の大藤も本物に負けず劣らず、幻想的な美しさを醸し出しています。

ブルー、レッド、グリーン、ピンク等の鮮やかなカラーの光のピラミッド。

光のピラミッドは、池に設置されているので、水面にもイルミネーションの光が映り込みます。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

池の上には遊歩道があり、幻想的なピラミッドの間を歩きながら、水面に映る光を色々な角度から見ることができますよ。

角度によって、見えるピラミッドの数や色合いが変わるため、ずっと見ていても飽きないスポットです。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

白鳥の湖は、水面に浮かんだり羽ばたいている白鳥、透明なケースに入った季節の花、後ろに見える紫の大藤が美しいスポットです。

ケースに入っている花は12月はポインセチアで、1月は牡丹(ボタン)とに。

花の種類が月によって変化するため、何回もイルミネーションを見に来る方も多いとか。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

「奇跡の地球」は、地球に住む動物たちがデザインされた、子供にも人気のスポットです。

音楽に合わせて点灯するイルミネーションは、手前にある池に鏡面効果で映り込んで美しさも倍増。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、地形と池の鏡面効果を活かしてデザインされているので、撮影スポットがあちこちに点在しています。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

黄花藤のトンネルは、初夏に咲く黄花藤をイメージしたイルミネーション。

藤の花が無数に垂れ下がる藤のトンネルを、イルミネーションで見事に再現しています。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

2015年に新たに加わった「光りのバラ園~ハピネスガーデン~」。

本物のバラ園の中に、色とりどりの光のバラが咲き乱れています。

 あしかがフラワーパークのイルミネーション

流れる音楽に合わせてバラの色が変わり、訪れた時には本物のバラも一緒に咲いていて両方のバラを楽しむ事ができました。

まとめ:イルミネーションが一番混雑する時期はいつ?

見どころがいっぱいの足利フラワーパークイルミネーション。

特に、クリスマス前後の土日祝日が混雑のピークとなっています。

土日祝日は混みますが、12月よりも1月の方が比較的空いているとのこと。

ですが、冒頭でも書いたように、最寄りの佐野I.C.からフラワーパークまでは、抜け道がほとんどないため週末の周辺道路は大渋滞します。

週末に行こうと思う方は、電車や渋滞中に運転しなくて良いバスツアーをオススメします。

あしかがフラワーパークのイルミネーションに立ち寄るツアーを探す方法は、クラブツーリズムの検索窓に「あしかがフラワーパーク」と入力して検索すると該当ツアーが出てきます。

>>≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムのあしかがフラワーパークツアーはこちらで検索

なお、2018年4月には、新駅の「あしかがフラワーパーク駅」が目の前に開業しました。

電車でのアクセスがとても便利になり、東京からのアクセスが良くなっています。

週末の混雑はすごいですが、毎年スケールアップしている、あしかがフラワーパークのイルミネーション。

イルミネーション好きなら、必ず鑑賞したいスポットです。

※このページの情報は投稿時のものになります。最新のイルミネーション情報は公式サイトなどをご覧ください。