あしかがフラワーパーク藤の現在の開花状況

あしかがフラワーパークの大藤が、最高の見ごろとなりました。

割引料金で入れる夜間の前売りチケットを買って、2018年4月21日(土)にライトアップされた藤の花を観賞。

ゴールデンウィーク前でも、めちゃくちゃ混んでいたので、1日間を空けて4月23日(月)に昼間の藤を見てきました。

このページでは、4月23日に撮影をした画像を使いながら、現在の開花状況と今後の見頃の予想を紹介します。

>>足利フラワーパーク割引券つき|ホテル高雄に無料朝食付きプランで宿泊した感想

>>あしかがフラワーパーク駅が開業!運転本数が少ないため時刻表は要チェック

なお、ライトアップされた藤の花や、あしかがフラワーパーク前にできたJR両毛線の新駅、割引チケットがもらえるホテルの宿泊記は、以前の投稿で紹介しています。

[スポンサーリンク]

現在の藤の開花状況と見ごろの花

足利フラワーパークの大藤が満開になりました

4月21日(土)のライトアップを見に行ったのに続いて、4月23日(月)の昼間に、あしかがフラワーパークに行きました。

大藤の開花状況

見ごろを迎えたあしかがフラワーパークの藤の花

天然記念物に指定されている大藤は、8分咲きで葉がまったく目立たず美しい状態。

2日前の4月21日(土)の夜に見たときよりも、花房が長く成長して開花している花が多くなっていました。

21日・22日と夏日が続いたため、急速に開花が進んだようです。

足利フラワーパークの藤の花の現在の開花状況は?

大藤の前には祠が祀られていて、まさに御神木。

祠と藤の木に手を合わせている方を何人も見かけました。

足利フラワーパークの藤はGWでも咲いている?

上の画像は、左右に植えられた大藤の枝が交差して、藤の花のアーチのようになっています。

あしかがフラワーパークの中でも、藤の花の美しさを存分に楽しめる一番の人気スポットです。

5月2日現在の大藤の開花状況は、花は残っているものの、枯れた花が多くなり緑の葉が目立ち、見ごろが終わりました

まだ大藤の花は咲いていますが、気温が高い日が続くと急速に開花が進んで見頃が過ぎてしまうため、できるだけ早く見に行くことをオススメします。

ブドウみたいな八重黒龍藤の開花状況

あしかがフラワーパークの八重咲き藤はブドウみたいに見えます

上の画像は、珍しい八重咲きの黒龍藤。

黒龍藤の花房は短いですが、大きな八重咲きの花が咲いて、どっしりとした存在感があります。

あしかがフラワーパークの現在の藤の状態は?

4月23日はちょうど満開で、最高に美しい花を楽しむことができました。

八重黒龍藤は花の色がとても濃いため、ライトアップされる夜よりも昼のほうが色の美しさが際立つ気がします。

足利フラワーパークの満開の藤を見れるのはいつからいつまで?

4月23日の段階で、咲き終わった花が地面に少し落ちている状態。

5月2日現在の八重黒龍藤の開花状況は、花が若干残っているものの、枯れた花が多く見ごろは終わりました。

この後は、花がどんどん減って葉が多くなります。

足利フラワーパークの八重咲き藤と白藤が現在は満開です

上の画像は、庭木仕立ての白藤・ツツジ・八重黒龍藤のコラボ。

こうやって見ると、本当にブドウみたいです。

白藤のトンネルの開花状況

白藤のトンネルの現在の開花状況は?

4月23日の段階で、5~6分咲きでした。

あしかがフラワーパークのしろフジトンネルの外側

白藤のトンネルの外側の花房は、太陽の光がよく当たるため、4月29日ごろが満開のピークでした。

5月2日現在の白藤のトンネルは、葉が目立ちはじめ見ごろの後半となっています。

満開の白藤とミツバチの画像

甘い香りが漂う白藤をよく見ると、沢山のミツバチがせわしなく動き回って、花の蜜を集めていました。

白藤のスクリーンは、4月23日には見頃の始め、4月25日には見頃となっています。

ピンク藤(淡紅藤)の開花状況

足利フラワーパークに藤を見に行った人の口コミ

4月21日には、枯れた花が少ししかなかった薄紅藤。

4月23日に行ったときは、葉の緑色と枯れて茶色っぽくなった花が、だいぶ目立ってきました。

足利フラワーパークに藤を見に行った人のブログ

5月2日のピンク藤の開花状況は、枯れて退色した花と葉だけになり、見頃は終わっています。

むらさき藤の棚・見返り美人

むらさき藤の見返り美人はインスタ映えする撮影スポットとして大人気

木の幹や枝ぶりが情緒溢れる、むらさき藤の「見返り美人」。

4月23日の開花状況は満開でした。

4月25日も満開の状態が続いていますが、これから先は葉の緑と枯れた花が増えていきます。

足利フラワーパークの藤の見頃はいつからいつまで?

大藤に比べると、見返り美人の藤棚は小さいですが、美しい幹の形と花の色で人々を魅了。

多くの人が足を止めて、見返り美人の藤棚を鑑賞していました。

足利フラワーパークの藤を電車で見に行った感想

むらさき藤 見返り美人の下には、無料で撮影してくれるスポットがあり、見頃の週末には長い行列ができます。

5月2日のむらさき藤 見返り美人の開花状況は、花が少し残っている程度で見ごろは終わっています

池周辺の藤とツツジ

あしかがフラワーパークはツツジの谷があり藤と同時に満開になります

池の周辺を囲むように植えられた、むらさき藤・白藤・ツツジ。

あしかがフラワーパークの池周辺のツツジと藤

池の中のピラミッド型の棚には、ペチュニアが植えられ、何種類もの花が咲きそろう夢のような光景に。

あしかがフラワーパークの藤と花壇の写真

庭木仕立ての藤の根本には、色とりどりの美しい花が植えられています。

足利フラワーパークには藤の他にもタイツリソウやいろいろな花が咲いています

園内の庭木仕立ての藤の根本には、ハート型の花が咲く「鯛釣草(タイツリソウ)」が沢山咲いています。

ピンクの花の他に、白花をつける鯛釣草もあるので、藤の根本も探してみてくださいね。

クルメツツジの開花状況

足利フラワーパークの藤を見に行ったらクルメツツジが満開でした

4月21日は満開で、枯れて退色した花がほとんどない最高の状態でした。

上の画像は4月23日に撮影してもので、美しい状態が続いています。

4月21日に見たときよりも23日のほうが、枯れて退色した花が目立ち始め、25日には見頃の終わりに入りました。

この後は、花が少なくなり緑が増えてくるため、早めに見に行くことをオススメします。

黄花藤の開花状況

あしかがフラワーパークの黄花藤の開花状況は?

ピンク・むらさき・白・黄色と、順番に咲き進む藤の花。

藤の中でも一番最後に開花する黄花藤は、4月23日にツボミから1分咲きの状態。

5月2日現在の黄花藤の開花状況は、満開となっています。

あしかがフラワーパーク限定のグルメ

足利フラワーパーク限定のスイーツの中でも藤の花ソフトが一番人気

あしかがフラワーパークの中でも、長い行列ができる限定スイーツが、藤の花ソフトクリーム。

パッ見ただけでは、ブドウなのかブルーベリーなのか分かりませんが、食べてみると花の甘い香りが口の中に広がります。

北海道富良野のファーム富田のラベンダーソフトクリームのほうが美味しいと思う。と昨年も書きましたが、今年もやっぱり藤の花ソフトクリームを買って食べちゃいました。

足利フラワーパークのお土産としても人気の藤サイダーとご当地グルメのレモン牛乳

あしかがフラワーパークオリジナルの藤サイダーや、栃木県民に愛されるレモン牛乳も人気です。

ご当地グルメのレモン牛乳はグッズも販売されるほどの人気

レモン牛乳はご当地のお土産として、さまざまなグッズが売られているほどの人気ぶり。

栃木県ご当地グルメのレモン牛乳

フラワーパークの売店では120円ですが、コンビニだと90円で買えるので、ホテルの近くのコンビニで買って飲みました。

地元のスーパーだともっと安いのですが、近くにスーパーがないから今回はコンビニで購入。

実は、レモン牛乳って名前がついていても、レモン果汁が全く入っていないし、牛乳の味がするわけではありません。

パッケージにも「無果汁」の表記があります。

すごく美味しいわけでもないのに、栃木県に来ると何となく買って飲んでしまいます。

銀だことコールドストーンが登場

足利フラワーパークに銀だこができました

佐野ラーメンやイモフライなどのご当地グルメを販売するお店で、銀だこの販売も始まりました。

銀だこと足利フラワーパークがコラボした、限定たこ焼き「デミトマト」も販売。

海外からの観光客に、銀だこは人気みたいで、食べている人をたくさん見ました。

雅美も銀だこは大好きですが、ここで食べなくてもいいやと思い、大好物のイモフライを注文。

よく考えたら、昨年もイモフライと佐野ラーメンを食べていました。代わり映えしないなー。

あしかがフラワーパークとコールドストーンがコラボして限定アイスクリーム

上の画像は、インスタ映えしそうな、コールドストーンアイスクリームの限定商品。

あしかがフラワーパークの藤とバラをイメージしたアイスクリームで、美しいエディブルフラワーがアイスに乗っています。

インスタ映えはしそうだけど、値段を見て「うーん高い」と思ってしまい、結局は藤の花ソフトを食べることに。

ラーメン・イモフライ・藤の花ソフトという組み合わせに、後になって全く同じものを昨年も食べていたことを思い出しました。

若い子みたいに、センスが良いインスタ映えする画像を撮りたい気持ちも少しはありますが、食べたいものを食べて修正なしで花の画像を掲載するのが、私には合っているみたいです。

まとめ:現在満開の藤はGWには見頃の終わりに

足利フラワーパークの藤は今咲いている?

4月23日に満開の少し前だった大藤と、見頃に入ったばかりだった白藤のトンネル。

気温が上がらない日が続けば、ゴールデンウィーク前半まで見頃が楽しめるかもと思っていました。

ところが、4月26日には再び気温が高くなるため、ゴールデンウィークには、大藤は見頃の終わりとなっていそうです。

雅美は、例年通りの開花を見込んで、4月30日から5月2日まで足利駅のホテルを3連泊で予約してありました。

ところが、予想以上に開花が早まってしまったため、急遽予定を変えて4月21日から23日まで2泊3日で滞在。

22日は、館林の東武トレジャーガーデンと秩父の羊山公園に行き、館林のまさかの32度超えで軽い熱中症に。

21日には雨の予想だった23日が、前日の予想では薄曇りになったため、23日の昼に藤の花を見に行きました。

1日間をあけてだけで、藤の開花があっという間に進んでビックリ。

大藤やピンク藤は見ごろのピークを過ぎましたが、GW前半の白藤と黄花藤は見ごろの状態を楽しめます。できるだけ早く藤を見に行ってくださいね。