足利フラワーパークに藤の花を見に行きました

あしかがフラワーパークの大藤が満開になりました。

藤の花は色によって開花時期がちがい、桜のような淡いピンクが可愛らしい薄紅藤の開花から始まり、紫・白・黄という順番で開花していきます。

あしかがフラワーパークの藤の花を見に行った感想

あしかがフラワーパークの開花情報をチェックしていたら、薄紅藤が満開で記念物にも指定されている大藤が満開に!

ゴールデンウイーク後半に名古屋で仕事があるため、「ついで」という理由を無理やりつけて、あしかがフラワーパークに行くことにしました。

名古屋から4時間ちょっとで足利に

足利フラワーパークにはピンク色の薄紅藤も咲いています

名古屋から東京までは2時間弱。

さらに、東京からあしかがフラワーパークまでは約2時間かかり、合計で4時間ちょっとの移動となります。

日本海側のド田舎に移住してからは、大阪・名古屋・東京などの大都市で仕事があるときは必ず前泊が必要に。

ド田舎の移住生活も6年目に突入し、自宅から名古屋まで約8時間かかるので、さらに4時間かかって足利まで行っても気にならなくなっている自分が怖いかも。笑

あしかがフラワーパークの藤の花のライトアップを見に行った感想

ホテルは、東横インの中ではあしかがフラワーパークに一番近い「東横INN足利駅前」にキャンセルが出て部屋を取れて超ラッキー。

足利駅や佐野駅のビジネスホテルは、普段は4000円くらいで泊まれるのに、ゴールデンウイーク中は1万以上というハイシーズン価格になっていました。

ホテル代がすごく高いのに、どこも満室、

ぼったくりの料金設定だよなーと思いつつ、東横インのサイトを見たら、足利駅北口の東横インに空室を発見♪

JR足利駅から見た東横イン
【JR足利駅から見た東横イン】

5月2日から5月3日までの2泊の宿泊料金は8,205円。

ハイシーズンで他のホテルが高い時に利用すると、あらためて「東横インは神!」だと思いました。

足利フラワーパークの藤の花を見に行った人のブログ

ゴールデンウイーク中の混雑状況や、佐野プレミアムアウトレットからの臨時バス、JRの臨時電車など、東京・上野からのアクセスは、後ほど投稿しますね。

※足利フラワーパークの記事を投稿しました。

>>足利フラワーパークの藤の花の見頃はいつ?開花情報・アクセス・割引クーポンを徹底リサーチ

今回の出張と旅行のスケジュール

■5月1日■

自宅を出て特急と新幹線を乗り継いで東京へ。東京の実家に泊まる。

■5月2日■

東京駅発の「佐野新都市バスターミナル行き」の高速バスで、佐野プレミアムアウトレットまで移動。

買い物をしたあとで、バスで佐野駅まで移動して、JRで2駅先の佐野駅へ。

東横インにチェックインをして荷物を置き、JR足利駅から富田駅に移動して、ライトアップされた藤の花を鑑賞。

■5月3日■

あしかがフラワーパークに朝7時過ぎに入園し、比較的空いている園内を10時ころまで散策。

JR富田駅に戻り、隣の佐野駅まで電車で移動。

佐野厄除け大師へ参拝した後は、イオンモールへ行って食事と映画鑑賞。

イオンモールから5分ほど歩いて、佐野プレミアムアウトレットに移動。

16時発のシャトルバスに乗り、再び足利フラワーパークへ。ライトアップされた藤の花を鑑賞。

この日も、東横イン足利駅北口に連泊。

■5月4日■

朝8時すぎに東横インをチェックアウトして、電車とバスを乗り継いで、佐野新都市バスターミナルへ移動。

高速バスで東京駅へ。

東京駅から30分ほどの実家へ行って、久しぶりに姪っ子たちと遊ぶ。

夕方からは仕事仲間と食事会。東京駅での食事会が終わったのが21時で、22時発の夜行バスで大阪へ移動。

JRの夜行バス「プレミアムドリーム号」のプレミアムシートを初めて利用してみたら、2列シートで身体を完全に伸ばして熟睡できて大満足。

運賃は14,500円だけど、この乗り心地なら納得の運賃です。

■5月5日■

朝6時5分ごろに大阪駅に到着。

コインロッカーにスーツケースなどを預け、そのまま住吉大社へ参拝。

会社経営者が多く参拝する「初辰さん(初辰まいり)」の年に1度の大祭で、7時前には住吉大社に到着しご祈祷していただくことができました。

朝10時には高速バスに乗って、自宅から比較的近い日本海側の都市へ向かいましたが、渋滞で予定より遅れて自宅方面へ向かう交通機関の最終便に乗れず。

仕方がないから、キャンセルで空室が出た駅に近い東横インにチェックイン。

■5月6日■

10時に東横インをチェックアウトして、百貨店やイオンでお買い物。

お昼過ぎに自宅に向けて出発して、夕方にようやく自宅に到着。

毎回思うけど、家に戻るための交通機関がすごく少なくて、1日2便しかないため本当に不便です。

今回は高速バスでの移動が多く、いつもより疲れたかも。

あしかがフラワーパークの大藤の画像

あまりにも藤が美しかったので、取り急ぎ写真を紹介します。

足利フラワーパーク大藤の見頃はいつ?

園内は、藤のほかにツツジやシャクナゲ・ネモフィラ・ペチュニアなど、さまざまな花が咲き乱れ、まさに百花繚乱。

ライトアップが始まる17時30分以降は、昼間よりも幻想的な美しさを楽しめます。

あしかがフラワーパークのゴールデンウイーク中の混雑状況

栃木県の天然記念物にもなっている大藤の見頃は約1週間。

最高に美しい花を楽しめるのは今だけなので、気になる方はゴールデンウィーク中に行くと満開の大藤を見ることができますよ☆

あしかがフラワーパークの割引クーポンはどこでもらえるの?

それにしても、写真がヘタすぎです。涙

荷物が重くならないようにしたいのが一番の理由ですが、本音は一眼レフを使いこなせる自信がないため、雅美はいつもコンデジで撮影しています。

今使っているコンデジは、ソニーのRX100III。

お値段は最新型よりも1つ前のSONY-RX100IIIを選んだため、約10万円と値引きされていましたが、それなりのお値段です。

一眼レフより簡単なはずなのに、それでも機能を使いこなせていません。

コンデジの機能すら使いこなせていない状態でも、一眼レフを買ったら、もう少しキレイな写真を撮れるのかなー。

なんとなく一眼レフが欲しくなった夜でした。