浅草神社の限定御朱印の転売画像
【メルカリで転売されている御朱印】

浅草神社が三社祭期間中の限定御朱印の頒布を見送ることを発表し波紋を呼んでいます。

浅草神社では、令和元年の限定御朱印頒布の際に、マナー違反(暴言や暴力に近い行為)があったことやフリマでの転売について触れ、三社祭での頒布を見送ることをFacebookで告知しました。

このページでは、御朱印ブームによる転売やマナー違反、御朱印の意味について考えたいと思います。


御朱印コレクターのとんでもない勘違い

平成・令和特別御朱印は、2019年4月27日から5月6日にかけて頒布限定で頒布されました。

日本初の10連休となるゴールデンウィーク中ということもあり、連日多くの人が押し寄せ、連日早い段階で限定御朱印の頒布が終了。

限定御朱印をいただけなかった人が多く発生する事態に。

そこで、御朱印に対応している神社職員や巫女さんに対し、暴言や暴力に近い行為が見受けられたとのこと。

  • 暴言・恫喝また暴力に近い行為
  • 1人の職員を取り囲んで罵声を浴びせる
  • 神社職員が説明をしている最中に大声を出して遮る
  • 遠方より来たことを理由に特殊な対応を求める
  • 整理券をひったくるように受け取る
  • 神社をサービス業だと思い込んで、受付時間の変更を提案する
  • 「こっちは客だぞ」という発言
    ※客だと思っている方は二度と来社されないでくださいとコメントされています。
  • 神社が税金で維持管理されているという勘違い
  • 全ての参拝者に合わせた対応や改善を現場やSNSなどで神社に要求
  • その時その時の対応を批判する

このような行為を何人もの方が行っていたそうです。

読んでいるだけで胸が痛くなり、神社職員や巫女さんが受けた苦痛を考えるだけで悲しい気持ちになりました。

そもそも、神社は神様に参拝するための聖域であり、神社職員や巫女さんは神様に仕えるのが仕事で、参拝者に御朱印やお守りを売るサービス業ではありません。

また、神社はご祈祷の玉串料や崇敬者の寄付、参拝者の賽銭、お守りや御朱印の初穂料などで維持されています。

どういった理屈で「神社は税金で維持管理している」ことになるのか不思議に思うと同時に、神社が税金で維持管理していると信じ込んでいる人がいることに、ものすごく驚きました。

なお、上記のようなマナー違反が多くなれば、今後は御朱印の頒布そのものを中止する神社が増えてもおかしくないでしょう。

残念なことですが、過熱しすぎた御朱印ブームによって対応しきれなくなり、御朱印の配布を中止した神社もあるのも事実です。

メルカリでは限定御朱印を約9000円で転売

浅草神社の限定御朱印のメルカリ転売画像

浅草神社の限定御朱印頒布見送りを知り、メルカリやヤフオクなどをざっとチェックすると、さまざまな限定御朱印が転売されていました。

この記事を書く少し前に、メルカリで「浅草神社 御朱印」で検索したら、すべての御朱印が販売済み。

中には、8,999円で転売された平成・令和限定の御朱印や、御朱印と引き換えることができる無料でいただける参拝証明証(御朱印代は別途かかります)は、すべて4,000円前後で販売されています。

メルカリを見ていると、出品者と購入者の双方にモラルがなく、悲しくなる気持ちよりも怒りを強く覚えます。

また、転売する方も購入する方も双方の神経をってしまいました。

浅草神社の限定御朱印のメルカリ転売画像
【ヤフオクで転売されている御朱印】

私がヤフオクを検索した時点では、浅草神社の御朱印は出品されていませんでしたが、神社の御朱印はいくつも出品されている状態です。

御朱印とは、神社やお寺に参拝した証として(神仏とご縁を結んだ証として)いただくもの。

ところが、純粋な気持ちで御朱印をいただいている人もいれば、最初から転売目的でお金儲けのために並んでいる人もいるのが現実です。

御朱印を受け付ける方は「この人は転売目的だ」と感じることもあるかもしれませんが、それでも書かなければならないこともあるでしょう。

私は初めての神社は、最低でも御祭神などを調べてから参拝するようにしています。

きちんと手水をとって、御本殿や摂社・末社にお参りをして、そのあとに御朱印をいただいています。

それでも神社の方から「お参りはしましたか?」と聞かれることがあるので、参拝もせずに御朱印を集めているコレクターが多いのか想像に難くありません。

浅草神社のFacebookにはいろいろなコメントがつけられ「限定御朱印を配布する神社にも問題がある」「書き置きをなくせば転売もなくなる」という意見も見受けられました。

ですが、今回は滅多にない「改元」ということで浅草神社でも特別御朱印を配布したのでしょうし、「書き置き」をなくしたところで、御朱印帳すべてに御朱印を集めて転売するツワモノもいます。

「参拝した証」としての本来の意味からすれば、御朱印は転売するものではないので、フリマやオークションの運営会社が御朱印の転売を禁止してくれればいいのにと思いました。


御朱印とは

龍田大社の限定御朱印帳
【龍田大社の限定御朱印帳】

御朱印とは写経をしたお経をお寺に奉納した証明書でした。

もともとは証明書として発行されていた御朱印ですが、現代では参拝した証として頒布されるものに変化し、神仏とご縁を結んだ証とも言われています。

ところが、本来なら参拝してから御朱印をいただくものが、ここ数年の御朱印ブームにより参拝もせずにスタンプラリーのようにコレクションする人も増加。

参拝もせずにお喋りしながら御朱印の列に並ぶ人を見ていると、御朱印の意味が失われつつあるように感じます。

浅草神社の限定御朱印配布見送りの投稿を読んだとき、龍田大社の御神縁祈願祭に参列し非売品の御朱印帳をいただいたとき、宮司さんが仰っていた御朱印ブームについてのお言葉が脳裏をよぎりました。

「御朱印ブームで参拝者が増えるのは良いことではあるが、スタンプラリーのように考えている人が多いのも事実。神様とご縁を結ぶことの意味を知ってほしい」と仰っていた宮司さんや浅草神社の職員の方々の残念な気持ちが、正しい御朱印の意味とともに広がることを願います。

>>龍田大社で龍神の御朱印帳と御朱印をいただきました|アクセス・ご利益と宮司さんのお言葉

浅草神社の投稿(全文)

【三社祭期間中の御朱印対応について】

日頃は浅草神社へ敬神の念篤く多くの方にご参拝頂き、心から感謝申し上げます。

平成31年4月27日(土)から令和元年5月6日(月)にかけて、当社では「平成」「令和」の特別御朱印を、当初は全ての方にお頒かちできると用意したものの状況を判断し、事前に告知の通り日毎の頒布数量を制限しながらお頒かちさせて頂きました。

予想を大幅に上回る皆様にお求め頂き、連日早い段階で限定数に達してしまい、また整理券の配布も当社がその日に対応できる数しか配布できず、多くの方が御朱印をお受けになれない事態となりました。
また、御朱印の授与迄には長時間お並び頂き、お待たせする結果となり、大変なご負担とご不便をお掛け致しました事をお詫び申し上げます。

当社と致しましても、お参りくださった全ての方に御朱印をお頒かちできるよう、整理券の配布や参拝証明書の発行等の対策を行い、その時にできる全力を尽くして参りました。
然し乍ら、多くの方がお越しになれば、如何様に対応しようとも相応の時間が掛かります。

8時間並ばれてたった1枚の通常御朱印を有り難くお受けくださる方もいれば、6時間・1時間掛かったり10分でも待たされれば文句を言葉にされる方もいらっしゃいます。
当方もその日に何人の方が見えられるか、それが想定以上なのか否か、当日になってみないと分かりません。
当日配置している職員の数にも限りがあります。
それぞれの”長時間”を要する事はご理解頂き、各々の判断で並んで頂くしかありません。

対応について説明を求められ当方も懇々と説明をさせて頂き、事情をご賢察頂きご納得くださる方も多くいらっしゃいました。

ただ、残念ながら中には、対応に当たっている神社職員や巫女に対し、
暴言・恫喝また暴力に近い行為に及ばれる方、
1人の職員を取り囲み罵声を浴びせられる方々、
説明をしている最中に大声を出し遮られる方、
遠方よりお越し頂いている事を理由に特殊な対応を求められる方、
整理券をひったくるように受け取られる方、
神社をサービス業と捉えられ、受付時間の変更を提案される方、
「こっちはお客さんだぞ」と仰る方、、、(こちらは二度と来社されないでください)
ましてや、神社が税金で維持管理されていると思っている方、
そして、神社に対し、全ての方に合わせた対応・改善を現場やSNS等で求められる方、
含め、その時その時の対応を批判される方々が何人もいらっしゃいました。
祈りと感謝を捧げる信仰の場である神社に対し、個人の価値観による利便性を求められる風潮となり、大変残念に思います。

更には、受けられた特別御朱印や参拝証明書はネットオークションやフリマアプリにて転売すらされています。
このような行為は、当社と致しましても断じて看過することはできません。
この行為により、当日御朱印を受けられなかった方がいると思うと悲しくて仕方ありません。
御朱印を受けられる方の中でごく一部の方と思いますが、御朱印の本来の意義を今一度ご理解頂きたく存じます。

御朱印とは、元々お寺においてお経を収められた方に渡された証明書であり、現代の神社ではそれが参拝の証に代えられているものです。
また、全ての神社の社務は御朱印奉仕だけを行っている訳ではありません。
その日その日に様々な例年の祭事や御祈祷、また催し事もございますし、その時々に休息も必要です。

勿論、殆どの方がその時の状況に合わせご理解頂き、時には暖かい励ましのお言葉を我々職員に掛けてくださる方もいらっしゃいました。
その有り難いお心持ちに心から感謝するばかりです。

間も無く、当社の祭礼である「三社祭」を迎えます。
毎年この祭礼期間には、三社祭特別御朱印を頒布しており、既に多くの方にお問い合わせや特別御朱印頒布のご要望を頂いております。
当社と致しましても、令和元年の記念すべき祭礼に合わせて多くの方に特別御朱印をお受け頂きたいところですが、
先に記した今回のような事態を鑑みて、また祭礼期間中の混乱を避ける為にも、今年の三社祭特別御朱印の頒布は残念ながら見送らせて頂きます。

通常御朱印としての頒布とさせて頂きますと共に、当然ながら浄書・押印内容の若干の変更はあるかも知れませんが、その告知自体も今回は行わない事を予め申し添えておきます。
当日、三社祭として神社にご参拝になり、もし通常御朱印として希望されるようであれば、その場で朱印所にお申し出ください。

尚、祭礼期間中に先に記した同様の事態が発生した際は、通常御朱印の頒布も直ちに取りやめさせて頂く場合もある事をご承知おきください

皆様方には、当社の御朱印に対する考えを含め、諸事ご賢察頂き、ご理解ご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。
当社と致しましても、御朱印の本来の意義や神社の正しい在り方について今後一層ご理解が深まりますよう、また、参拝者全ての方が心静かにご参拝ができる心の拠り所となるよう、神職・職員一同、神明奉仕に努めて参ります。

別件となりますが、
平成31年3月31日(日)正午から午後1時頃に当社で御朱印帳と共に御朱印を受けられ、別の方の御朱印帳を持ち帰られた方を探しています。
黒色で桜の花びらがデザインされた御朱印帳となります。
御朱印は千葉県の某神社から始まり、広島県・京都府・奈良県・和歌山県等の各神社多伎に亘っております。
本投稿を見られお気付きになりましたら、お手数をお掛けしますが浅草神社までご連絡願います。

本投稿が多くの方の目に止まるものと思い、ご案内とさせて頂きます。
ご了承ください。

通常の御朱印頒布は継続

浅草神社では、今のところ通常の御朱印の頒布は続けてくださるとのこと。

今のところと書いたのは、今後も転売やマナー違反、勘違い御朱印コレクターが増えれば、通常の御朱印の頒布も中止されるかもと思ったからです。

これほど大変な状況でも、「御朱印の本来の意義や神社の正しい在り方について今後一層ご理解が深まりますよう、また、参拝者全ての方が心静かにご参拝ができる心の拠り所となるよう、神職・職員一同、神明奉仕に努めて参ります」と結んでいる浅草神社の皆様には感謝の気持ちしかありません。

有名な神社では御朱印をいただくために長い列ができ、まるで商売のように御朱印を書いている神社があるのも事実です。

一方で、心をこめて御朱印を書いてくださる神社もたくさんあります。

また、少子化で氏子や参拝者がヘリ資金難で存続が難しい地方などの小さな神社にとっては、御朱印やパワースポットブームによって参拝者が増え、御朱印やお守りの初穂料は神社を存続するための資金にもなっているという現実もあるとか。

私はマナー違反をしないよう気をつけて参拝しているつもりですが、知らず知らずのうちにマナー違反をしていたり、御朱印コレクターのように見える行動をしているかもしれないと思い、改めて御朱印をいただく事について考えさせられたニュースでした。