北海道の青い池に行った人のブログ

北海道美瑛の青い池は、アップル社がMacのOS X Mountain Lionの15種類の壁紙のうちの1枚に採用したり、テレビで紹介されるなど、クチコミで人気が広がったフォトスポットです。

先日、一度は見に行きたいと思っていた「青い池」に行ってきました。

このページでは、青い池を見て驚いたことや、アクセスや見学可能時間などをご紹介します。

[スポンサーリンク]

青い池の美しい色の秘密

MACの壁紙に使われた青い池はどこにある?

青い池が美しいブルーに見える秘密は、周辺の湧水に含まれている、水酸化アルミニウムなどの白色系の粒子にあります。

水酸化アルミニウムを含んだ湧水が、美瑛川本流の水と混ざると粒子が分散されて、青い色に見える一種のコロイドを生成。

青い池が幻想的なブルーに見えるのは、自然によって生成されたコロイドが含まれているからなのです。

下の画像は、青い池の近くから見た美瑛川ですが、川の水も美しいブルーに見えますよね♪

北海道にある青い池の口コミ

水中に太陽の光が差し込むと、光がコロイドの粒子と衝突。

水の中の青色の透過光と、コロイドの粒子と衝突して散乱した光によって、水が美しいブルーに見えるのです。

写真とイメージが違う?期待しすぎには要注意

青い池の画像がナショナルジオグラフィックに掲載されたり、アップルの壁紙にも使用されて以来、青い池には、国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。

写真を見ると、幽玄な雰囲気でブルーがとてもキレイ。

実際に青い池を見るまでは、上高地の大正池のようなイメージを想像していました。

ところが、青い池に昼間や曇天の日に行くと、池の水はグリーンっぽい青で、美しいブルーになりません。

太陽が出ている早朝に行くと、太陽光が逆行気味に差し込むため、美しい写真で見るような、神秘的なブルーに見える確率が高いです。

大ショック!地図上は水たまりだった!

美瑛の青い池は、水たまりとして見なされているため、地図上では池と表記されていません。

十勝岳の噴火によって降り注いだ堆積物の火山泥流災害を防止するために、美瑛川にいくつか作られた堰堤があり、そのうちの1つに水が溜まったものが青い池と呼ばれるようになりました。

グーグルアースで見た北海道白金美瑛の青い池

なお、地図上は水たまりですが、上の画像のようにグーグルアースでも、青い水面を見ることができます(下のグーグルマップリンクからもご覧いただけます。)。

1997年に最初に青い池を発見したのは、上富良野在住のプロカメラマン高橋真澄氏とされています。

その後は、プロカメラマンを中心に青い池がクチコミで広がり、現在は観光名所になりました。

冬季は閉鎖されますが、美瑛町の予算で冬季にライトアップされる期間は見学可能。

ライトアップ期間中は、幻想的な風景を見ようと多くの観光客が訪れます。

実際に青い池を見た感想

北海道美瑛の青い池に行った人のブログ

雅美は、ラベンダー畑と青い池をめぐる、クラブツーリズムの日帰りバスツアー(札幌発着)に申し込んで、青い池に行きました。

2013年7月18日午後2時頃に見学した時は、観光バスが8台と乗用車用の駐車場は空きが殆どない混雑ぶり。

バス専用駐車場から乗用車用駐車場へ向かうと、青い池に続く遊歩道の入口があります。

遊歩道入口から5分ほど歩くと、青い池が見えてきました。

想像していたよりも狭い青い池の周辺は、国内外の観光客で大混雑。

季節や天気によって色が変化する青い池は、訪れるたびに違う表情を見せてくれるとか。

でも・・・池の水は、ブルーというよりグリーンじゃん。嘘つき。って思いました。

MACの壁紙やテレビで紹介されている写真は、立ち枯れた白樺の白い幹が幻想的。

ところが、立ち枯れた白樺の腐敗が進んでしまったようで、殆どの幹が黒っぽくなっていました。

それでも、青っぽく見える水と立ち枯れた白樺が織りなす風景は幻想的なので、一度くらいは見ておいても良いスポットと言えます。

観光する際の注意点

地図上は水たまりというだけあって、青い池は広くありません

多分、多くの方が想像する以上に狭いです。

ガイドブックには美しい写真が掲載されていますが、期待しすぎると100%ガッカリするので、期待しないで行くことをオススメします。

こんな場所もあるんだな。という程度の気持ちで、富良野や美瑛を観光するついでに、青い池にも立ち寄ってはいかがでしょうか?

また、青い池はとても不便な場所にあります。

レンタカーなら簡単にアクセスできますが【旭川-白金温泉】の路線バスを利用すると1日5便しかありません。

観光に要する時間は10分位で充分な場所なので、路線バスでの観光を考えているなら、行かない事を強くお勧めします。

周辺には飲食店も民家もない場所となってい、て何時間も時間を潰すのはすごく大変な場所です。

路線バスで青い池に行くのなら、観光名所を循環する路線バスで美瑛や富良野をまわった方が、有意義に過ごせると思いました。

[スポンサーリンク]

青い池は台風の被害で閉鎖中→9月14日に立ち入り制限が解除

美瑛白金の青い池の口コミ

2016年8月23日の台風9号の大雨の影響で、青い池の一部が崩落しました。

台風の後は見学路が閉鎖されていていましたが、9月14日午前10時10分に立ち入り制限が解除されました。

一時は池の水が濁っていましたが、現在は従来の青い水の色を楽しむことができます。

立ち入り制限が解除されると、すぐに観光客で賑わい、青い池の人気は健在だとか。

白金青い池のアクセス情報

住所:北海道上川郡美瑛町白金

アクセス:JR美瑛駅から約17km・白金温泉から約2.5km

路線バスでのアクセス:旭川駅-白金青い池入口

駐車場:乗用車100台・バス10台

電話:0166-92-4321(美瑛町経済文化振興課)

土日祝日は混みあうため注意が必要。

午前10時頃までに行くとスムーズに観光できます。

また、積雪期間は閉鎖されるためライトアップ期間以外は見学不可。

毎年4月中旬頃から見学可能になります。